日経新聞の記事がポジショントークな件




先日(2014年2月21日)の日経新聞デジタル版の葬儀に関する記事が
かなり業界寄りのポジショントークだったという話です。

葬儀、簡素化でも重い負担 保険や信託で備え その1

相変わらず日本消費者協会の間違った「葬儀費用の平均値」を取り上げてますね。
しかし
そのため、個々の金額のばらつきが大きく、
関係者の間では平均額は「やや高い」との見方がある。
 という記載があるのは、ほんの少しだけ、日頃私が指摘している内容が
世間にも認識されてきたのかな、という気がします。
ただ「個々の金額のばらつきが大きく」と書いてますけど、
別に給与の中央値に関する話のレベルではなく、
日本消費者協会の調査が単に統計の体をなしていない、
っていうそれだけの話なんですが・・・

新聞

今回の記事で一番ひどいのはここ。

葬儀費用の原資としては、預貯金を想定する人が多いようだ。
だが、銀行口座は名義人が死亡すると
一時的に凍結されて現金が引き出せなくなる。
そこで最近注目を集めているのは、万が一の時に迅速に資金を確保できる保険商品だ。
でここから保険商品の紹介が続きます。

この記述は間違っています。
基本的に葬儀費用に限り故人の口座から引き出せるケースが多いのです。

そのあと勧めている少額短期保険は、
「ちゃんとした」ファイナンシャルプランナーなら勧めないたぐいの商品です。

ちょっと今回の記事は業界べったりの内容だと思います。




8 件のコメント

  • いつも楽しく拝見しております。

    この件に始まったことではないですが
    日本経済新聞はめちゃくちゃです。

    インサイダー、飛ばしスレスレですね。

    スレスレ越えて過去にインサイダーで何人か捕まってるはずです。

    何らかの力が働いてると思うのが自然です。

  • 通りすがりの者様、
    以前ラジオで
    日経新聞の記者が普通に株の取引をしてた
    と青山繁晴が言ってましたね。

  • prof様
    >http://db.jil.go.jp/db/seika/zenbun/E2000014048_ZEN.htm
    このレイアウト処理、読んでもらう気ゼロですね(^^;)

  • 2月24日に出された、内閣府の「選択する未来」委員会の会議配布資料の方が面白いかもしれません。
    http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/0224/shiryou_01.pdf

    日本の選択肢は2通り。
    このままの大勢で、100年後には人口が半分以下になるか、毎年20万人以上の移民を受け入れ、移民大国となり国民の半分以上を「帰化日本人」にするか。
    この場合は、日本国民の60%以上が移民もしくは移民との混血であり、日本の全てのシステム変更は避けられません。

    華人や朝鮮半島からの移民が考慮されますが、最有力のインドからの移民であっても、仏教界は壊滅的打撃であり、葬儀業界も180度の路線変更を余儀なくされます。(どちらの選択でも)
    こんな事態ないと思いますが。
    http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-233.html

  • prof様
    >http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/0224/shiryou_01.pdf
    ↑対策考えてからアップしてくれ、と(^^;)

  • 100年先まで生きている可能性はなく、死んだあとの事まで考えられませんが冠婚葬祭業はGDP、特にPCGDPに影響を受ける部分が多く見られ(中国ではGDP上昇に伴う葬儀の贅沢化を禁止した)、無視するわけにはいかないデータです。
    2100年の世界と日本のGDP予測では、以下の分析が参考になります。
    http://www.apir.or.jp/ja/statistics/gdp/

    2100年まで生きている自信のない人でも、2030~2050年位までは生きているのかも知れませんので、それらの人達には以下のページが参考になるでしょう。
    http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-164.html
    2035年まで死亡者数増加が続き、「葬儀業界は右肩上がりの有望産業」などと言っている人達は、死亡者数だけを見て経済状況や葬儀規模縮小を考えていないのでしょう。

    葬儀業界は最低でも20~30年先のビジョンを考えて事業計画を建てるべきです。(取りあえず2030年問題)
    優秀な人材確保や登用をしなければ、大手と言えどもキビシイ時代が来ます。
    日経も解っているはずですが。

  • prof様、
    >葬儀業界は最低でも20~30年先のビジョンを考えて事業計画を建てるべきです。
    5年先も見えないです(>_<)

  • コメントを残す