全葬蓮よ、覚悟はあるのか?




いつの間にか全葬蓮(葬儀屋さんの業界団体)が
宣伝用ショートムービーを作成していました。
 

(2014年10月7日:↑削除されたようなので
こちらからどうぞ)

正直、ダメだと思います。

・演出のテンポ悪いです。3分はいりません。 

・葬儀屋役の演出が気持ち悪い
やさしそうとか知徳がありそうな人物、
の演出を目指したのかも知れませんが
ダウナー系のクスリやっているようにしかみえないんですけど・・・

・娘の亡くなり方が唐突。

あっ、と思わせる演出のつもりなのかもしれませんが、
見ようによっちゃ、「自殺」っぽいですよね。
その前のウエディングドレスのシーンで、
余命幾ばくもないってことを匂わせているのかも知れませんが
それにしては旅行したり、友達とはしゃいだり元気そうだし。
演出側はどういう解釈を望んでいるのでしょう。

実際のエピソードの再現映像ならともかく
創作で、それも葬儀屋が作らせた作品で
ウエディングドレスネタをやるのは
陳腐というか、恥ずかしくないのかと。
 
・YouTubeの全葬蓮アカウント上では
【感動CM】と銘打っています。
私は、葬儀屋が遺族のエピソードに便乗して軽々しく感動なんて言うな!
と考える人間です。
(参考記事:「感動葬儀」はいらない
全葬蓮と制作者はこれを「感動」だと思っているのかな。

あなたたちには
いしかわじゅんの著作から
この言葉を贈りたい。

秘密の本棚―漫画と、漫画の周辺

いしかわ じゅん 小学館クリエイティブ 2009-05
売り上げランキング : 424524

by ヨメレバ

ぼくは、いわゆる反戦漫画とか戦争漫画を、
あまり好きではない。だから、あまり読まない。
それは、その多くが、苦しいと描いてしまうからだ。
痛いと、辛いと、悲しいと描いてしまうからだ。
現実の大きさに甘えて寄りかかり、
表現することから逃げてしまっているものが多いからだ。
大きな事件があって、それを克明に描いていけば
物語の形にはなる。傷を負って痛いと描けば、
痛みはわかる。愛する人を失って悲しいと描けば、
もちろんそれは伝わる。

しかし、それは表現ではない。

常にリアルな死を見てきているはずの
葬儀屋が作らせておきながら
ゴールデンタイムのドラマのレベルで
安っぽく死を描いてはだめでしょう。

 「誰かを死なせる」だけなら、それは最もお手軽な表現です。
だからそれを使うときは、ましてや葬儀屋が使うときは、
よっぽどの覚悟が必要だと思うのです。

全葬蓮にはその覚悟があったのでしょうか? 




5 件のコメント

  • なるほど映画みたいに2回見ないと分からないような
    伏線がはってあるとは(汗)わずか5秒で掴みたいと思うのがCMだと思うのですが…。CMの趣旨目的が見えていなくてマスターベーションになってるあたりさすがとしかいいようがありません。やっすい感動創作が最近多いですが葬儀屋もそうなりましたか(汗)
    3分使って業界のイメージUP作戦?でもこれ心に響くかなぁ?

  • 石川さんの言葉勉強になりました。
    世の中にあふれている無理やり感動させよう運動に腹が立っていたのですが、この言葉が的確でした。
    鉄拳さんのパラパラ紙芝居も許せない口なので(笑)

    いい言葉もらった~♪ここは素晴らしい。

  • 全葬連の役員さんらは未だバブル期の想い出から抜け出せない方々ばかりですので、
    コンサルやIT業者などにいいように言われてお金出して満足しているのだろうと思います。

    そういえば以前ツイッターで取り上げておられました、「みんなのお葬式」。
    「全国1400以上の加盟」ってホントかよという話でしたが、
    どうもこれは全葬連(の役員さん)に協力してもらっているようです。
    当の組合所属葬儀社は「は?なあにそれ?」と思っているかもしれませんが。

  • kai様、
    >「は?なあにそれ?」と思っているかもしれませんが
    確かに私の周りでは聞かないんですよね。

  • コメントを残す