国民生活センター(消費生活センター)発 葬儀トラブルのプレスリリースは情報操作の疑い有り 2/2




まず今回の国民生活センターの報道発表資料に掲載されているグラフを見てください。
 国民生活センター

                        <http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20151217_1.pdf より>
NHKは
葬儀の料金などを巡るトラブルは724件にのぼり、5年前よりおよそ180件増えています。
報道しているけど計算間違えていますよね。
2010年は629件で2014年は724件だから、増加数は180件ではなく95件だよね。
これは悪意のない単純ミスだと思いたい。
さてマスコミの論調はこのNHKを含め葬儀トラブル増加!という論調でしたが
このグラフを何の先入観も無く見たら、「横ばいから減少傾向」ですよね。
2015年データは期中になっているけど
この資料から分かるとおり前年割れになる可能性が高い。

そうは言っても高止まりと言われるかもしれません。
126万件のうち700件が多いのか少ないのかは分かりませんが (1,800件に1件の割合)
年々葬儀件数は増えているし、消費者の見方も厳しくなって、モンスターカスタマーも増えている状況で
トラブル件数は「横ばいから減少傾向」である・・・ということは
葬儀社の顧客に対する姿勢は改善されつつある
ということなのではないでしょうか。
素直に読み取れば。

問題なのはこの資料のトラブルの対象は上の図にも記載されているように 
「葬儀サービスとは、葬儀社が行う葬式のほか、火葬場、斎場、僧侶の依頼等葬式に関連する相談も含まれるが、冠婚葬祭互助会の互助会契約及びその施行は含まない。」
ってこと。(このブログのコメント欄で教えて頂きました)
全国の葬儀会社でつくる全日本葬祭業協同組合連合会は「トラブルを未然に防げるよう、より分かりやすい説明に努めるとともに、見積書も提示するよう、改めて各社に周知徹底していきたい」としています。
↑最後で全葬蓮(葬儀屋さんの組合)が頭下げている状態で終わっているので
ここでも葬儀屋さんが悪いって印象を与えてしまっていますが。

火葬場や僧侶のトラブルですらあたかも葬儀社の仕業としてカウントする一方で
なんで互助会のトラブルのカウント自体が行われないのか

どう考えても不自然ですよね。

消費者から苦情の電話が消費生活センターに入ったら
当然企業名のヒヤリングをやっているわけで、
互助会発のトラブル数を正確に把握しているはず。
その数字はどこに行ったんでしょうか?

互助会のトラブルの時は消費生活センター ではなく経産省に連絡しなきゃ
って消費者が思っているなら話は別ですが、そんな人はいないでしょう。
 
では互助会のクレーム数を公表しない情報操作がなぜ行われているかというと

上記資料の4ページ目
5.情報提供先
・消費者庁消費者政策課
・消費者庁取引対策課
・内閣府消費者委員会事務局
経済産業省商務情報政策局サービス政策課

 
この資料のメンバーに互助会監督官庁(互助会内に天下りポスト有り)の経産省が入っているからではないか、
と私は疑っています。
監督責任を問われるような都合の悪い数字は外に出したくないと・・・ 

この件を問いただそうと思って
先ほど国民生活センターの窓口(03-3446-1623)に電話したら時間外って言われました。
日を改めてTELする予定です。

それにしても
互助会の狡猾さと全葬蓮のデクノボウっぷりがまたもやここでも明らかに・・・




18 件のコメント

  • 最初の情報は、11月20日付けの読売新聞。
    既にリンク切れなので、2chに残っていた記事(コピベ)が下記です。
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1448103743/&tid=1354847483
    これで、今回の国民生活センターへの経緯が解ります。

    担当は、愛知県庁県民生活部県民生活課で、先月末には担当者と話をして
    「叱責」をしておきました。
    叱責の理由は、相談を受けたが「葬儀社なのか互助会なのか、JAなのかNPO
    なのか、斡旋業者経由なのか把握していない」(聞いていない)との由。
    また、「抗菌処置や花飾り」に高額な料金を払ったが、「内容は不明で誰(どの業者)
    に支払ったかも不明」とのありさまであり、データとしては「全く信憑性がない」との
    分類となる杜撰な情報でした。

    確かに、どこかの業者に対して「予想外の支払い」をしたのでしょうが、その委細
    情報を収集していません。
    「今後は注意をして、細かく聞きます」と言っていましたが、期待は出来ません。
    一般的には、「葬儀のトラブルは、葬儀屋のトラブル」と考えるのでしょうが。

    2015年から国民生活センターは、「都道府県の消費生活センター経由の相談を
    カウントしない」となりましたが、もしかして「2014年までは、ダブル・カウント
    だった可能性」があります。(これが180と95のカラクリ)

  • 暗いニュースばかりだと気が滅入るので、明るいニュースを。
    国民の99.999%は知りませんが、首相官邸内閣府には「成田市分会」があります。
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/naritashi.html
    先月、ある決定がなされて一部が報道された関係から「匿秘」する必要性も
    無くなりましたので公表します。
    千葉県成田市に、平成29年4月に「新規医学部が創設」されます。
    平成32年には、附属病院(600床)を開院します。
    http://www.iuhw.ac.jp/about/medicine/
    これは、政府の特区計画に基づく「医療研究学園都市構想」に沿った方向です。

    医学部や医科大学は、都内には10校以上、神奈川は3校、埼玉が2校、千葉が
    1校であり、栃木が2校、敵視している埼玉県に敗けて栃木より下でした。
    しかし、成田市が80億円の援助をすることで誘致に成功して、認可が降りました。
    成田市も医療特区を目指し、海外からの検診にゃ治療を呼び込む予定です。
    そのために、今後は「成田市内での外国人死亡者数が増加します」。
    また、附属病院に加えて系列病院等を考慮すると、「総死亡者数も増加」します。

    今回は1学年140名ですので、「4名に1遺体」とすると35体、「6名に1遺体」とすると
    24体、加えて+10体とすると最大で約50体が必要となります。
    これに加えて、〇〇標本が50~100体が必要です。(こちらの入手が困難)
    T大学医学部新設時には、S社のT社長が「遺体集めに奔走」しました。
    私立ですので寄付金も効果的ですが、「遺体確保」も幹事葬儀社選定には
    効果を発揮します。

  • サービスで、「更に景気の良い話し」を。

    現在、中国の火葬場で従業員15名を募集しています。
    募集条件は18~35歳、男女不問、火葬業務で、1日8時間以内勤務。
    給与は月額で、35,000 ~ 45,000人民元。
    年額では、420,000 ~ 540,000人民元。

    本日の日本円/人民元レートは 18.67ですので、年額 784万 ~ 1,008万円。
    当然ながらこれは「寸志抜き」ですので、950万 ~ 1,200万円程度が年収です。
    物価は日本の半分以下で、高級外車や高級マンション等以外は4分の1程度。
    そのために、給与は日本の2~3倍と考えられ、年収 1,900万 ~ 2,400万円位?

    ここまで、給与水準を上げて、社会的評価を得るまでに10年を要しました。
    おかげで、北京大学卒や清華大学卒(日本の東京大学卒に相当)の応募が増えて、
    業界のレベルアップに加えて、「社会的評価」が急激に上昇しました。
    物理教師さんクラスであれば、3,000 ~ 4,000万円は貰えるレベルです。

  • prof様
    >物理教師さんクラスであれば、3,000 ~ 4,000万円は貰えるレベルです。
    北京語は苦手なんですよね(^^;)
    学生時代、清華大卒の留学生に何度も私の北京語を聞き返された思い出がよみがえります。

  • 中国の求人はコピペが危険ですので、グーグルで「成都 火葬場」で検索をすると、
    人民網のネット記事(12月4日分)が出ると思います。
    実は急遽、呼び出しが掛かり26日の便で行ってきます。
    28、29日は国内便で4時間の場所、30、31日は更に2時間奥で会議です。
    1月1日にはベースに戻れますが、「大きな変化(改革)」が起こります。
    春節(2月8日)を控えて、「指定」を入れる予定です。(民政及び検疫)

    国内でも。「文科の求人」が1件あります。
    待遇は、国立大学法人職員(文科省)、官舎、保育所完備、着任は4月1日付け。
    業務は大学車両で「遺体の搬送(迎え)」、医学用エンバーミング(年間40体位)。
    研究及び学生実習の補助業務、研究を志せば医学修士や医学博士収得も可能。
    大学を出て国家資格(臨床検査技師等)が望ましいのですが、理系であれば
    問題ななく、本人の意欲次第では文系でも大丈夫です。(締め切りは1月8日)
    葬儀や遺体実務があれば「高卒でも可能と思われます」。(葬儀系はOK)
    国立なので、「欠員が出れば、出身地の国立大学への転勤は可能」です。
    ただし、給与は「中国の3分の1位」なので、20歳代にお奨め。
    勤務地は、浜松医大です。

  • 医学部及び歯学部では解剖実習(系統解剖)を行います。
    俗に言う、「解剖実習」です。
    解剖実習は数か月間を掛けて行い、医学生(歯学生)4~6名に対して1遺体を
    担当して行います。(中国では卒業までに1学生4遺体教育で日本の数倍以上)
    そのために解剖実習用の遺体(献体)を防腐処置を行います。
    解剖実習は1年に1度(数か月を要するが)のために、「1年以上を常温下で保存
    出来る遺体」を各大学で作成しています。

    各大学(医学部や歯学部)にはこれらの技術員が2~3名程が勤務しており、
    経血管防腐では1遺体に3日程度、経血管防腐+迅速固定装置では14日程度を
    掛けて「遺体防腐」を行い、1年以上の保存遺体を作成します。
    概ね、国内には医学用エンバーミングに従事する技官が300人程度がおり、
    実は40年以上前から存在しており、定年退職時は叙勲対象となっています。
    資格は医学系国家資格、解剖学会認定の「解剖技士1級もしくは2級」となります。

    通常は「篤志解剖登録の方が死亡した場合」に、通夜や葬儀が終了して出棺時、
    「火葬場に向かわずに大学に遺体が行く」とのパターンです。
    そのために、遺体を迎えに行く場合もありますが、基本的には「エンバーミングを
    解剖学教室で行う仕事」です。(大学によっては、海外搬送遺体も行っている)
    葬儀用エンバーミングとの違いは「完璧な防腐を行う」ことであり、葬儀用の
    エンバーミングと異なり「防腐液使用料が数倍以上多い」との特徴があります。
    経血管防腐単独では1遺体に「36~48リットル程度」を潅流します。(1日12リットル)

    物理教師さんも「献体遺体」を担当した事があると思いますが、この時の担当です。

  • 一応、科学者求人の情報を貼っておきます。(大学HPでは求人は出ていない)
    https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=2&id=D115120870&ln_jor=0

    [仕事内容(業務内容、担当科目等)]
    1.解剖学教育における献体関連業務
      (献体の引取、および保存管理等)
    2.解剖学教育における教育支援業務
      (各実習の準備や実習補助、標本作製等)
    3.配属講座における研究支援業務
      (各種機器の扱いをはじめとする研究補助等)
    4.大学運営に関する支援業務
      (入試業務や技術部業務の運営等)
    ※ 希望する場合は、当研究室(解剖学講座細胞生物学分野)の指針に沿った研究活動の遂行も可能です。

    [応募方法(書類送付先も含む)]
    ・履歴書(写真を貼付し、自筆、押印してあるもの) 1部
    ・着任後の業務に対する計画・抱負(A4用紙2枚以内で様式は自由) 1部
    ・研究業績リスト(研究活動を希望する場合のみ、様式は自由) 1部

    応募書類提出期限:平成28年1月8日(金)(必着)

    [選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
    書類選考、面接、 健康診断(内定者のみ)

    [連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
    応募書類提出先
     〒431-3192 浜松市東区半田山1-20-1
     浜松医科大学人事課任用係
     TEL:053-435-2117

  • クリスマス・プレゼント

    名古屋大学の求人は「お奨め」です。(前回の鹿児島大学と同等)
    https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D115120920&ln_jor=0

    こちらは、「研究実績を問いません」。
    臨床検査技師等を最優先しますが、下記の条件です。

    解剖学、組織学および遺体防腐処置に関する基礎知識を有する者で、大学・高等専門学校卒業、又はそれと同等以上の学歴を有する者

    恐らく、「葬式エンバーマー」でも大丈夫かと思います。

  • 以前勢いがあった頃に全葬連に入ることを拒否され葬祭ディレクターを受けれなかった経緯を持つ弊社と私としては全葬連に期待することはまったくありませんが(今は取得しました)互助会の腹黒さにビックリしました。そこまで力があるんですネェ・・・。困ったものだ。

  • prof様
    >葬儀用のエンバーミングと異なり「防腐液使用料が数倍以上多い」との特徴があります。
    大変よく分かりました。ありがとうございます。

    大学の求人いいですね。平塚卒業組のキャリアアップにいかが、という感じですね。

  • 10年以上前までは大学エンバーマーは「30%が医学資格所持者、70%は高卒の
    未経験者」でした。
    しかし、国家公務員採用基準の見直しにより「大卒または3年生以上の専門学校を
    卒業して国家資格所持者」へと変換されました。
    その中でも、求人の集まらない鹿児島大学等は「高卒以上で経験不問」等の
    募集を行いました。

    大学エンバーマーは文部技官もしくは文部技術員、公立では医療技術職または
    現業、私学では技術員であり「線引き」があります。
    そのために、平塚新卒で国家資格所有者であっても「遺体実務がない者」は
    採用しません。(むしろ、地方大学は国家資格に拘らないので実務優先)
    個人的には、「国家資格を所持しなくても、遺体防腐に従事経験が5年程度あれば
    地方大学では採用すると思います」。(大学を選べばチャンスはある)

    これは、1990年代後半に「葬儀エンバーミング業界と学会や厚生省を
    巻き込んだトラブル」により生じた問題であり、自らの選んだ路です。
    (J医大での学会による、厚生省に対するエンバーミング禁止要請事案)

    土曜の朝からは「あちら」です。(今回はかなり重要な会議)
    そのために、美味しい「ネタ」は此方に出しておきました。

  • 「悪い奴には、正月を迎えさせない」との習慣があります。
    そのために、正月前には「多量の死刑を実施」します。
    今回の正月は「2月8日」ですので、こちらも準備が必要です。

    今日から2週間で、「何とか」(来日対策も含め)、決めてきます。

  • prof様
    中国の不正のやり方って、たまにちゃんとやった方が楽じゃないの
    と思わせる変な手間のかけ方しますよね。

  • コメントを残す