小さなお葬式の釣り記事にあえてツッこんでみる




きっとこれ
ツッこまれるのをまっているんだと思ったので
わざわざ釣られてみました。

今日ヒマだったんで(^^;)

流通ジャーナリスト 金子哲雄氏の葬儀費用とは・・・ プロに聞く!有名人の葬儀費用予測

おそらくサーっと読んでしまうと、何をいってんのかさっぱり分からないと思います。

つまり金子哲雄氏、桑名正博氏、藤本義一氏の葬儀って、いくらかかったか
葬儀屋に予想させてみた
ってことらしいです。

提供資料は、「祭壇の写った画像」、のみ(-_-)
予想した葬儀社は「10社」、のみ(おそらく葬儀の紹介先でしょう)
試算に関する検討方法(インターネット検索、関係業者への聞き取りなど)は自由、って
こんな事言ったら
葬儀屋バカだから、ホントに直接施行葬儀社に聞いちゃうぞ、んで、聞かれた方も答えちゃうぞ(^^;)

結果は

金子哲雄氏(流通ジャーナリスト)葬儀費用の総額予測:175万円~ 900万円
桑名正博氏(ミュージシャン)葬儀費用の総額予測  :250万円~1,700万円
藤本義一氏(作家)葬儀費用の総額予測       :500万円~1,200万円

っておまえら(葬儀屋)絶対、ふざけて答えてんだろ!
なに、このアバウト感(^^;)

根拠も
金子さんは値切りのプロだったから、「お得」な葬儀だったはず、
って素人か!

そもそも金額の多寡と「お得」かっていうのは、必ずしも一致しないだろ。
(300万のカローラより、400万のポルシェの方が得な場合もある)

でこの後葬儀費用はあやふやで不透明っていう、いつもの話が続きます。

ってここまで読むと、この会社バカなのかって思うかもしれませんが
むしろ逆。

投資家からお金引っぱってきて商売軌道にのせてるんだから、頭が良くて優秀。
(もちろん薄利多売の焼き畑農業的手法は認めないが、
それを防げないこっち(葬儀業界)にも何割か責任があるわけだし)

じゃ、なんでこんなバカなことやっているかというと、

葬儀業界は、バカ統計でも通用する、って知っているから。
もっとも権威ある日本消費者協会ですらこのレベル

おそらく前回のここの統計データがネットで拡散したことを受けて
精度よりニュース性が大事だと気づいたんだと思います。

さて、今回のレベルでもやはり拡散するののでしょうか?











4 件のコメント

  • 葬儀代よりお布施料や香典の方が興味ありますね(笑)
    予想させるならそちらの方が世間の興味を引くと思いますけどね。

    さて雪国住みの私ですが、この時期はお悔やみの欄が一番人数多いです。
    載せない家も含めたら相当数になるでしょう。
    田舎だから葬儀社も限られており、特定業者に集中しがちです。

  • 猫丸様、
    > 田舎だから葬儀社も限られており、特定業者に集中しがちです。
    これ競争原理が働くと良いですね。

  • 祭壇の画像のみで判るんですかね?
    ありえませんけど(>_<) うちの会社のチラシに使われてる祭壇だといくらなのかちょっと知りたい♪ しかし1700万もかかる葬儀って(-"-;)想像がつきません。 中村勘三郎さんの密葬に500人て(^_^;) それはもはや密葬ではないのでは?

  • locomaco様
    > 祭壇の画像のみで判るんですかね?
    結局人件費を含んでますからね。
    無理でしょうね。
    棺の売値設定でその葬儀屋さんが割安か割高か見分けることは出来るんですが。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください