AmazingLife篠原豊氏の記事について反論する




先日
イケダハヤト氏の葬儀業界に対する誤った認識を正す
という記事を書きました。

その際俎上に挙げたイケダハヤト氏の記事の中で

イケダ氏が篠原豊氏のブログ記事を絶賛していました。
その篠原豊氏のブログ記事を
今回は取り上げます。
                           

火葬式や葬式は未だにオンラインで見積もりすら確定させる事ができない。

そもそもこの前提が嘘です。
 
オンラインで見積もりできるシステムを用意している葬儀社はいくらでもあります。
http://www.hibiya-lsp.com/estimate/
http://www.heiseisya.jp/auto/
http://www.sakaide-sougi.co.jp/auto_estimation
http://www.006594.com/estimate/ 
etc・・・・

以上、終了~。

なのですが、それではここで記事が終わってしまうので

「結構な数の葬儀屋は
未だにオンラインの見積もりシステムすら用意していない」
というふうに読み替えて進めることにします。
1. そもそもお見せできる価格じゃございません。
そもそも葬儀屋の見積もりなんて、
ほとんどの場合は後から理由を無理矢理くっつけたような見積だから、
時間をかけてじっくり見て検討されたくないわけだ。
よ~く見たらいろんな疑問や矛盾が出てきちゃうから…
相変わらず、自分を良く見せるための
既存の葬儀屋叩きは健在ですね。

オンラインでなければ、「時間をかけてじっくり見て検討され」ないとでも言うのでしょうか?
消費者ってそんなにバカなのかな? 

むしろ対話型の方がいろいろ細部をリアルタイムで突っ込まれる分、
矛盾を露呈しやすいと考えることもできませんか?
 
2. 対面営業に持ち込めば決められるという考え
これは葬儀屋に限ったことじゃなく、
未だに様々な営業さんがコチラがメールでお願いしても
「なんとか会わせてください」とやってくる。
甚だ迷惑な話だし、僕なんかあまのじゃくな性格だからそう来られたら二度と買わない。
こういう暴露はフェアじゃないかもしれませんが
ここまでおっしゃっているなら、申し上げます。
篠原さん、あなた相談したいことがあるから会ってくれ
と私に対してメール送ってきましたよね。
もちろん私には会う理由がないのでスルーさせていただきましたけど
自分のことは棚にあげて随分な言いぐさですよね。
自分はいいけど他人がやるのは「甚だ迷惑」
そういう人なんですか?

3. 高いオプション売りたいから

もちろん、必要でもないものを嘘をついて売るのは論外です。
でも商品の必要性や良さをアピールして追加品を売るのは
営業努力でしょう。
自動車ディーラーだってやってますよね。

それにオンライン見積もりをやらなければ、
高いオプションが売れるという単純なものではないと思うのですが。
逆に私は
エプソンのサイトでPCを買った時って、
結構高いオプション買っちゃいましたけどね。 
4. 火葬場の空き状況と車の走行距離
全然確定料金にする方が、
お客様にも我々事業者側にとっても効率的なはずだ、
というのが当社の考えなのです。
これは御社のビジネスモデルに関わる方針だから尊重します。
但しこれが可能なのは火葬のみという商品を提供しているから。
通常のお葬式にそれを求めるとパラメーターが増えすぎる。
その結果正確性に責任を持つということを優先するなら
オンラインは難しくなります。
パターンオーダーではなくビスポークのスーツのオーダーが
ネット上では難しいのと同じです。

5. 領収書を発行したくない(できない)請求があるから

かなり少なくなってきたとはいえ、
未だに「手付け」とか訳分かんないチップを図々しくも面と向かって要求する
葬儀社やスタッフが圧倒的に多い。
文頭と文末が一貫してませんよ。
チップを要求する葬儀屋は、かなり少ないの?圧倒的に多いの?
現場に出ず、聞きかじりで書くからこういうことになるのでは? 

さて以上のことから
篠原氏によると
オンラインシステムが無いのは葬儀屋が悪い奴だから
と言うことになるのですが
(彼の言い分は常にこのロジックで貫かれている)
原因はそういうことではありません。

サイト上にオンラインのシステムを葬儀屋が作らないのは
(そもそも見積もり自体を全く作らないどうしようもない絶滅種の葬儀屋は除いて)
ITの重要性を分っていないから、
が正解なのです。

7,8年前なんてサイトを持っていない葬儀屋の方が多かったのです。
そんな遅れた業界なのでオンラインのシステムの重要性たって
なんのことか分らないんですよ。

なので

まあどれもお客様にとっては関係のない、売り手側の理由以上でも以下でもないわけです。

と言うところは確かに正しい。

でも
こういう悪しき風習はすぐにぶちこわしましょうだの完全否定だの
と息巻くのは的外れだと思います。
(私は単なるポーズだと思っていますけど。)

消費者がオンライン見積もりを欲しているのなら
オンライン見積もりを用意しない葬儀社は集客できず潰れる。
それだけのこと。
悪意があるかどうかの議論はあまり意味がないです。 
(そんな悪意にだまされるくらい消費者はバカだと思っていない限りはね) 
 
「シンプル火葬」をご依頼いただいたら、
24時間すぐにお客様にご指定いただいた病院へ、
スタッフが搬送車でお迎えにあがります。
スタッフは葬儀社として経験豊富なスタッフばかりですので
安心してお任せいただき、限られた時間はどうぞ故人様とのお別れにお使いください。
 
せっかくなので
最後に篠原氏に質問させてください。
(ツィッターでフォロー頂いてましたよね。
もしくは以前頂いたメールアドレスにお知らせしても良いのですが) 
この表現などから、葬儀業務は全てどこかの葬儀屋に委托している、
というように私は解釈しているのですが
そうなんでしょうか?
もしそうだとしたら品質の向上のためになぜ自分で葬儀屋をやらないのか
教えて頂けませんか?

今後益々のご活躍を
注目させていただきます。 

(追記)
私は篠原氏の商売の邪魔をする気は毛頭ありません。

しかし無理矢理既存の葬儀社を悪者にするマーケティング戦略に対しては

私なりの意見を表明したいと考えています。
この文章は別に篠原氏を困らせることが目的ではありませんので、

要望が有れば希望箇所を削除するのはやぶさかではないことを、
お断りしておきます。 











10 件のコメント

  • 他業界(ネット・ビジネス)からの参入
    近親者の死に際して、悪徳葬儀社に引っ掛った
    業界はブラックで、騙される
    疑義を感じ、奮起して是正にために参入し、開業
    社員全て(ネット情報では5名)が全てIT関連であり、葬儀経験者はなし、現場には出向かない?
    業務はすべて外注で、契約業者に委託?
    その後は、委託業者からの終了報告だけ?

    典型的な第4世代亜型条件をクリアしており、斡旋業分類
    ネット受けとマスコミ受けは良さそうですが、S社と同じパターン?

  • prof様
    普通に商売やる分にはもちろん全然問題ないのですが
    間違った根拠で批判するなら
    言うべきことは言っとかないと、というところです。

  • 価格が廉価だから粗悪、価格が高ければクオリティーが高いとは考えませんが、「客引きに引っ掛かり、安い店で良い思いのない私」としては、総額が気になります。

    東京で22.8万円、福岡で16.8万円は可能でしょうが、この価格で下請け葬儀社は「いくらで受けているのでしょうか」。
    2枚看板を掲げている葬儀社もあり、社員や車を遊ばせるよりは「少ない利益でも受ける」ことはあるでしょう。
    しかし、「シンプル」とは無駄の排除と考えるのが一般的であり、同一内容で東京と福岡との地方価格差が6万円あるのは「火葬料金の差」なのでしょうか?
    福岡市では市民火葬料金が2万円(市民外7万円)であり、東京23区内であれば臨海斎場で2.3万円(組合区以外は7万円)、瑞江は5.46万円、民間は5.9万円。
    臨海での差は3千円であり、その他が3.3~4万円。
    因みに、A社のある武蔵野市の市民葬価格が下記。
    http://www.city.musashino.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/010/555/240401.pdf

    確かに、同じ棺でも東京と大阪では価格差があり、人件費にも差があるのでしょうが、シンプルを追求すれば「地方価格差が小さくなる様な気がします」。
    願わくば、S社の様にマスコミを賑わかせて、「利益確定売りをして、更なる利益が望める業界への転身」は控えて貰えれば。

  • 最近は簡単に事実、妄想、誘導にかぎらず思ったことだけを簡単に発しちゃうことが出来る時代になりました。「少なくなってきたが圧倒的に多い」って

    ここにこの方の思想の全てが詰まっていますネ*

    本当に吐き気がします。

  • 篠原氏はこのビジネスの行きつく先を、今一度見つめ直したほうが良いですね…。過去に同様のパターンで数多くの方が散っていますから、冷静に俯瞰して再考すれば答えは見えるはず。傷が浅いうちに気付けるか?器の大きさが問われます。

  • prof様
    定額制の場合、首都圏の葬儀社に
    民営火葬場ではなく公営火葬場に引っぱろうとするインセンティブが働いて
    遺族の意に反することにならないか、という心配がありますね。

  • かかし様、
    篠原氏のビジネスモデル自体をとやかく言うつもりはないのですが
    消費者のミスリードはイカンよと。
    過去同じ事例を何度も見てきましたので。

  • 業界人様、
    そのうち篠原氏ももっと利益率の良い通常の葬儀も扱いたいと思う時が来ると思いますが
    イケダ氏の援護射撃が逆にその選択肢を断ってしまったかもしれません。

  • 物理教師様の主張に賛同いたします。ただ、どの程度の施行をされているかは判りませんが、実際に下請けをしている葬儀社があるという事実の前では色褪せてしまいます。
    せめて、篠原氏以上の戦略を持って下請けをしていて欲しいと願うのみです。

  • 小泉様
    コメントありがとうございます。
    ネットで集客して、集客の下手な葬儀社に仕事を紹介するという
    篠原氏のビジネス自体は問題ないと思うのです。
    ただあることないことを言うマーケティング戦略が問題だと思っています。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください