私のブログ記事を盗作した「ポート株式会社」はすぐに該当記事を削除しなさい




またブログ記事を盗作されました。

最近バイラル・キュレーションメディアの勝手な無断転載が問題になっています。

私のブログも時折無断転載(あるいは一部を改変した盗作)の被害を過去何度か受けています。
面倒ですが企業系サイトが犯人の場合はちゃんと抗議するようにしています。
↓過去の盗作被害の一部です。

人の物を盗む遺品整理屋 株式会社ユニコムについて
「小さなお葬式」に対する疑惑
株式会社福祉葬祭 代表取締役社長 武笠文吉氏の盗作疑惑について
家族葬専門葬儀社あおい葬祭 深谷憲弘のブログ

今回私の記事が盗作されたのは
ポート株式会社というところが運営しているキャリアパークというサイト内の
「ご愁傷様」という言葉の意味と正しい使い方
というタイトルの記事においてです。

私の

ご愁傷様の意味と正しい使い方

という記事から盗作が行われています。

比較したのがこの表です。
(↓クリックで拡大)

ブログ比較

たまたま偶然に・・・なんて言い訳は認めません。
文中で述べている、対象が自分と他者の場合の意味の変化や
二重の尊称によって意味が転じることをご愁傷様に適用したのは
私の考察によるものです。 
別のこの記事の文中でも
私のブログを無断引用しリンクを貼っているので
ライターが意図的に盗作したのは明白でしょう。

ポート株式会社へ
ライターに確認すれば裏が取れるはず、
該当記事を即刻削除してください。

確信犯ですね。)











12 件のコメント

  • これはどう見ても「盗作」。
    因みに、私の書籍や資料の場合は「盗用」。

    物理教師さんは「物書きを業としていない」ために、軽く見られているのでしょう。
    また、葬式系HPやネット・ライターの多くは「著作権や知的財産」の意識が皆無で、
    文責者すら明記していない場合がほとんどです。
    物理教師さんも本を書き(共著者でよいので)印税を得る立場になれば、
    「業としての物書き」となるので、盗作は難しくなります。
    この場合は、雑誌等の記事やスポット的な書き物は対象外です。

  • prof様
    >雑誌等の記事やスポット的な書き物は対象外です。
    ですよねー。原稿料はもらったことはあるんですが。

  • 物理教師様はじめまして。

    他社HPをサーフィンしていたら行きつきました。
    同業者のkeiです。

    過去記事なども遡りとてもおもしろく拝見させていただきました。

    特に互助会上層部への憤りやイオンのお葬式に対する思いは同感です。

    私の地域では互助会が強く、それの対抗で日々苦戦していますが、物理学者様の地域ではどうですか?

  • kei 様
    今後ともよろしくお願いします。
    私の周りの互助会さんは
    現場の人はがんばっているのですがコストカットが原因で
    かなり疲労困憊しているみたいです。

  • 原稿料ではなく「印税」が基本です。
    原稿料は「一発」ですが、印税は「持続」ですので権利が強くなります。
    「雑誌に書いた」は著作にはなりません。(専門性が高い、長い連載は別)

    紙媒体が売れない時代ですが、「印刷物が最高位」であることは不変です。

  • prof様
    >印税は「持続」ですので権利が強くなります。
    あー、なるほど。
    >「印刷物が最高位」であることは不変です。
    高齢者相手の商売だと一番の名刺代わりですもんね。

  • かかし様
    マルパクならまだいいんですよ。
    Googleがパクリだと認定しますので。
    微妙に変えるのが面倒。
    もちろんそれを見つけるソフトもあるのですが。

  • 私もポート株式会社は全く信用のできない会社だと思いました。いきなりサイトを売ってくださいと連絡が来たのですぐに電話で話しをしたのですが、その後数週間も放置され。2回のメールにも返事がなかったので少し強い口調でクレームを入れたら、非常識な条件のオファーを出してきました。取引する気がないのがバレバレ。最低ですね、ここの会社。今後コンテンツを知らない間にパクられたら嫌だなと警戒しています。

  • パンチ 様
    私やパンチ様のように不愉快な思いをしている人がたくさんいるんでしょうね。
    こんな会社長続きしないと思っています。

  • これは気分が悪いですね。

    ここまで盗用だらけだと、ここの会社の記事は実はすべて少々表現を変えた程度の盗用の集合なのではないかと思えてきます。仮にも会社として運営していながら、恥ずべき話ですね。

    私も趣味としてのレベルでいろいろと書いていますが、何度か「○○のページの~の部分について、私のブログに一部転載させてもらえないか」という依頼を受けたことがあります。別に収入を得ているわけではないので、こういう風にちゃんと断りを入れてもらえれば了承するのに。

    あ、ただし、了承といってもページ丸ごとコピペして自分の記事にするとかは論外ですよ。このページのここからここまでを使いたい、とかならということです。
    なんだか最近の自称ライターさんは、リンクさえ入れておけば、勝手に丸パクリしても問題ないと思っていらっしゃるようで。

  • 一介のブロガー 様
    そうなんですよー。
    Googleも新しいアルゴリズムを発動したみたいなので
    早く正直者が馬鹿を見ないようにして欲しいです。

  • コメントを残す

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.