亡くなった後、銀行口座から葬儀代が引き出せない時代が来るかも




過去何度か
・亡くなったら自動的に故人の銀行口座が凍結されるというのはウソである
・凍結中も葬儀代なら引き出させてもらえる
ということを述べてきました。
(参考記事:プレジデント「介護・葬式・墓 賢い選択50」の問題記事
ただし今後、もしかすると後者の「葬儀代なら引き出せる」ことができなくなるかもしれません。
12月20日の日経新聞から

1面と社会面の両方に記事が載っていました。
お金

どういうことかというと、
これまでは遺産のうち預貯金だけは法定相続分に基づいて分割しなければいけなかった
わけですね。
<例>
法定相続人が兄と弟のみとします。
遺産は4,000万円の土地と4,000万円の預貯金のみ。
これまでは兄は土地だけ、弟は預貯金だけというような相続をするということができず
預貯金に関しては法定相続分にもとづいて2,000万円ずつ分けなければいけなかったのです。
それがこれからは「兄は4,000万円の土地だけ、弟は4,000万円の預貯金だけ」というパターンも有り
にするということらしいのです。

でこれがなんで凍結中に葬儀費用が引き出せないことにつながるかというと・・・
仮に兄が凍結中の口座から葬儀費用をおろしに来た場合、
葬儀費用を渡す銀行のロジックとしては
預貯金の法定相続分(少なくとも遺留分)はこの兄にも絶対分配されるわけだから
後々相続で揉めるとしても、自分の取り分を先に受取りに来たと解釈して、兄に葬儀費用分くらいならお金渡しても大丈夫
というものだったらしいんです。

でも預貯金が遺産分割対象になると
あとで弟から「俺が預貯金全額もらうことになったのに、事前に一部を兄に渡しやがって」
と抗議を受ける可能性が出てきたと。
だから凍結中の口座から葬儀費用が引き出せなくなるかもしれないのです。

今後具体的にどうなるか不明ですが
まずはお知らせです。