不思議な弔電サービス




不思議な弔電サービスを見つけました。

NTT電報代行申込みについて

自社の弔電ではお葬式の開式時間に間に合わないという場合、NTTの弔電の申し込みを代行しますというサービスなのです。
この企業にとっては一体何の得があるんでしょうか。
もしかするとNTTから若干の紹介手数料が払われるかもしれませんが、
勧めている弔電も一番安い台紙のものですし、取次の手間を考えるとそれほど利益にならないでしょう。

そもそも結局NTTが届けてくれるなら申込者はNTTのサイトから直接申し込むはずです。
申し込める弔電のバリエーションも三つと少ないです。
料金もNTTと同じようですし。

電報

自社の弔電とNTTの弔電を両方同時に注文できるというのが唯一のメリットのようですが、基本的に弔電を送るのはひとつの喪家に自分の弔電一通でしょう 。
そして一番分からないのがコレ。
FAQ|電報なら e-denpo
申込みからお届け完了までどれぐらい要しますか?

A
お届け先地域により異なりますが、目安としては下記の通りです。
・8時までの受付け完了で、最短で当日11時にお届け可能
・14時までの受付け完了で、最短で当日18時にお届け可能
・24時までの受付け完了で、最短で翌日11時にお届け可能
すごく早い・・・
これNTTよりも早く届けられるんじゃないかと思うんですが・・・

不思議です。