大野屋さんのホームページの謎?




もしかすると私はとても恐ろしいことに気づいてしまったのかもしれない・・・

ある日のこと
何気なくある大野屋さんのサイトを見ていたら
このページを発見しました。

www.ohnoya-funeral.com/knowledge/charge.shtml

あれ?なんかおかしい・・・

2010年の日本消費者協会のアンケートデータを引用しているらしいのですが・・・

地の文で葬儀費用の全国平均221万円と書いているが、
全国平均は約200万円なので
明らかに違います。

右側の円グラフの表題には「関東平均」と書いてあるので
おそらくこちらが正しいのでしょう。

それでもおかしい・・・
O屋さんのデータと2010年の日本消費者協会のエリア別平均値データを
並べてみました。
(ヒマだな、私も(^^;))

大野屋表

この記事(マスコミが報道する葬儀費用のウソ(日本消費者協会編)
をお読みいただければお分かりになると思うのですが
日本消費者協会のアンケートはサンプルの取り方が、おバカさんなので
④を構成するはずの①と②と③の各項目を足しても、④の数値にはならない
仕組みなのです。

それを足しているのがまずおかしい。

次に大野屋さんは首都圏中心に活動されているので
関東Bの数値を使っているのかと思いきや
どの数値も合っていない・・・

しばしの間、考え込んでしまいました。

そして・・・

まさか、まさかとは思うのだが
もしかして大野屋さんて
(関東Aの平均値+関東Bの平均値)÷2=関東全体の平均値
になると思っているのではあるまいか。

大野屋2
そう仮定すると①②③の数値の辻褄(つじつま)があってくる・・・
後は何も考えず足してみたらそれらしい総額になった、とか。

中学校の数学の授業で「平均」を学んだ人はお分かりだと思いますが
こんな計算は関東Aと関東Bのサンプル数が全く同じ時しか成立しません。
もちろん実際は関東Bのサンプル数の方が多いです。

正しい解法は、(関東Aの平均値×関東Aのサンプル数+関東Bの平均値×関東Bのサンプル数)÷(関東Aのサンプル数+関東Bのサンプル数)=関東全体の平均値

んー、でもなー
いくらなんでもそんな頭の悪いことをするとは思えないですし・・・

謎です。

謎が解けた方いらっしゃいましたら、
コメントお願いします!











25 件のコメント

  • 物理教師様は本当に葬儀屋さんなのでしょうか?
    同業者や葬儀社関連記事等の批評が多いですね。
    どの業界も同業者の批評はしないものですがね。
    考える葬儀屋さんのブログではなく、葬儀本葬儀社関連批評ブログになってますよ!
    ただの評論家気取りにしか見えません。
    批評するなら寺院の善し悪しの方が的を得ていると思います。
    何故なら葬儀社を利用するのは一期一会、寺院は墓が人質みたいなもんですから、嫌でも長い付き合いになります。

  • 「物理学者さん、今日の記事も、なかなかこだわってるなぁ…」って感じること、ありますね(^-^;
    私も、自分と同業者の仕事ぶり見て、「こうすれば出来るのに、なんでそうしないかな(-_-;)」ってこと、あります。
    実務や内情知ってるならこそ、ってとこと、プロとしてそれでいいのか、ってとこに引っ掛かっちゃうのかな…と自分に置き換えて考えてます。

  • 世の中、間違いだらけ。
    しかし、これが意図的に造られた間違いは是正しなければなりません。
    割れ窓理論でも分かるように、小さな問題でも大きな問題を誘因や許容するために、初期での間違いは問題化や修正は必要であり、これはホフマン・ハインリッヒの法則やカオス理論でも明らかでしょう。

    実は、一昨日朝の便でアムステルダムに1人送りましたが、その晩には某国のICUより連絡が入り当方の内科医(現地の)が駆けつけ担当しました。
    昨日、国内本庁からウイーンと他ルートでサンパウロが来ていますが、現地の公○達は違う考えを持っており「病院のやり手婦長より悪質」な行為を平然と行っており、日本にいるご家族に「○○は(私)は信用出来ないし死体の仕事をした事が無いので、私の知り合いの会社の方が良い」と電話攻勢(国際電話で、当然ながら税金)をして来ます。

    私も「素人」と言われている様です。

  • このブログは、葬儀についての、なるほど…と思うトピックを毎回、的確に示してくれているので、ホント、楽しみにしてます。今回のコメントも、素人には気づかないことで、へぇ~と思いました。

    私にとっては、物理教師さんが葬儀社の方であるかどうかは、どうでもいいかな。

    これまでのように、エビデンスに基づいた、ウィットにとんだコメントを心待ちにしています。ご無理なさらず、でも、ぜひとも続けて下さい!

  • 猫丸様、最近
    おっしゃりたいことが私には十分理解できない、というケースが増えてきました。
    こちらが理解できない状態で返答してもこじらせるだけではないかと判断し、
    今回はスルーさせていただこうと思いました。
    しかし今回Nurcissuss様 prof様 hotokichi様 にコメントをいただき、
    お読みいただいている方にコメントをお任せするのは
    管理者として申し訳ないという気持ちもあり、
    私の能力の範囲でできる限り回答させていただきます。

    > 物理教師様は本当に葬儀屋さんなのでしょうか?
    はい、そうです。

    > 同業者や葬儀社関連記事等の批評が多いですね。
    そうですね「批評」は多いと思います。

    > どの業界も同業者の批評はしないものですがね。
    他業界のことは良く存じ上げませんが、同業の馴れ合いや
    部外者の的外れの批判が行われるくらいなら
    業界の成長のために業界内で批評し合うことは大切だと思います。

    > 考える葬儀屋さんのブログではなく、葬儀本葬儀社関連批評ブログになってますよ!
    葬儀屋さんの書くブログですからそういう側面はあると思います。

    > ただの評論家気取りにしか見えません。
    気分を害されたなら申し訳なく思います。

    > 批評するなら寺院の善し悪しの方が的を得ていると思います。
    > 何故なら葬儀社を利用するのは一期一会、寺院は墓が人質みたいなもんですから、嫌でも長い付き合いになります。
    葬儀屋さんから見た寺院という視点で述べることはできると思いますが
    読者に有益な情報を提供する能力は現在の私にはないです。
    宗教界には私より有能なブロガーがたくさんいらっしゃると思いますので
    敢えて私が能力以上のことを述べることも無いと考えています。

  • このブログを読ませていただくようになってから、私はよく「考える」ようになりました。
    物理学者さんの想い、それに対する読者のみなさんの考えをお聞きして、驚いたり悲しんだり。自分で調べることもあります。
    そして自分はどう思うのか、想いを巡らせます。
    「考える」ということを忘れていた今日この頃、よい刺激を与えていただいてます。
    物理学者さんに「申し訳ない」と思わせてしまって…すみません。
    どうも私の「考え」が足りなかったようです。
    だから、このブログをきっかけに、これからもどんどん「考えて」いこうと思います。
    将来、私も「考える○○のブログ」っていうのを開設してるかもしれませんよ。
    その時、この○○の中には、一体何が入っているのでしょう!?

  • Nurcissuss様,
    > 物理学者さんに「申し訳ない」と思わせてしまって…すみません。
    > どうも私の「考え」が足りなかったようです。
    あ、いえいえ、むしろフォローにお礼を申し上げたいくらいです。
    それから少しでもNurcissuss様のお役に立っているとしたら、
    うれしいです(^_^)

  • 物理教師様
    余計なお世話かもしれませんが、何か勘違いされていませんか?
    正義の味方のつもりでいるのでしょうか…

    > 他業界のことは良く存じ上げませんが、同業の馴れ合いや部外者の的外れの批判が行われるくらいなら業界の成長のために業界内で批評し合うことは大切だと思います。

    業界内の批評とは自身のブログで裏でコソコソと批判する事でしょうか、それともターゲット本人に直接意見しているのでしょうか?
    ただの陰口叩きだとすれば、自身のガス抜きにしか過ぎず、昨今のネット社会において誰が見ているかわからず、思わぬ火種になる事もありますよ。
    営業妨害や誹謗中傷、人権侵害など訴訟が絡むケースもあるので、ほどほどにした方がいいのでは!?
    口は災いの元と言うので危惧してなりません。
    業界内の批評なんてアマチャンだと思いますよ!
    どんな業界も最終的なジャッジをするのは消費者です。
    一番厳しい審査員は消費者なんです。
    部外者の的外れの批評の内容は存じませんが、内輪だけの意見では井の中の蛙になったり風通しの悪い業界になってしまうと思います。
    新製品、新商品共に消費者のクレームから産まれる事もあります。

    それにこのブログが葬儀業界を変える程の影響力あるとは思えないです、いっそ本を出されてみてはいかが、既に出されているのでしょうか。
    良かれと思って正論を述べているつもりなのかもしれませんが、あまり度が過ぎるとどこかのサラ金弁護士上がりの、バカ市長みたく的外れになりますよ!

    長々と的外れな意見になったかもしれませんが、自身の行動に問題が無いか見つめ直した方が良いと思います。
    余計なお世話で申し訳ありません。

  • 私は葬儀屋さんに興味があるのでブログを拝見させてもらっています。

    物理教師さんは 葬儀屋さんにしか判らないことを沢山書かれているし 葬儀屋さんだからこそツッコミも出来る。

    私も同業者の端クレとして 可笑しいと思うことはツッコミます。(私の性格上、上司だろうが後輩だろうが誰だろうが意見してます。)

    葬儀業界を変える程の影響力は無くても 個人レベルの意識は変えられるのでは?
    私は凄く勉強になってます。色々と気付かされることもあります。
    これからも物理教師さんのペースでガンガンやってくれることを期待しています。
     

  • 忙しくて何日間か見ていなければ、色々と。

    私は専門家としても、個人としても「物理教師さんを支持」します。
    その理由は、今の日本において葬儀業及び葬儀業界を的確に分析及び判断できる人はほとんどおらず、その1人が物理教師さんであるからです。
    私は、日本の葬儀業界は間違った道を歩んでいる(全てではないが)と感じる所が多く、是正するためには物理教師さんの様な、的確な判断、迅速な行動が出来る人達が増える事を望んでいます。

    葬儀が社会的評価と、社会的必要性を得るためには「既存思想を破壊」しなければ前には進めず、20年先、50年先を見据えれば、物理教師さんの考えは正しいと考え、支持出来る方向性です。

    猫丸さん
    この物理教師さんのブログは、葬儀業界に残された数少ない良心です。
    自分の考え方と違うから排他するのは、知的行動ではありません。
    物理教師さんを誹謗中傷するのは筋違いです。
    攻撃するなら私に向けなさい。

       中華人民共和国 長沙民政職業技術学院
              葬儀学部教授  伊藤 茂

  • このサイトを見ている葬儀業界諸氏へ

    皆さんは、今の葬儀、今の葬儀業界や葬儀業従事者に対する社会的評価に満足しているのでしょうか?

    物理教師さんの分析や記述は、従来の「見ザル、言わザル、聞かザル」からすれば異色であり過激かもしれませんが、「間違ったことは言っていません」(間違いの場合は訂正している)。
    大事な事は「意見や考えを言うこと」であり、どちらの考えであり沈黙は邪者です。
    沈黙は美徳ではなく、沈黙は賢者ではあるが間違いと私は考えます。

  • 私は新人研修でこのブログを見なさいと言っているほどファンです。
    この業界の良心だと思っています。
    多様性、価値観の違いを受け入れられるかどうかが業界の未来がかかっていると考えています。
    物理教師さま、今後も楽しみにしてます。
    大変勉強させて頂いております。

  • 物理教師さま

    ガンガン行きましょう。
    立ち止まるな、振り向くな(間違いは認め、是正する必要があるが、振り向くヒマもない)です。

    月曜日にNRTにアムステルダムから帰ってきたスタッフ(30目前の女性)が、昨日の昼からバンガロール(インド)へ行っており、月曜の朝にはNRTに帰国しますが、その晩にはNRTからホノルルへ行かせます。(ガンガン働かせています、キャリアとお金、マイレージが得られる、若いうちは経験を積ませる)
    ホノルルから帰国したら、ウイーンへ行かせます。

    昨日午後の封印(税関職員、日本国担当領事、民政局担当者、医師が立会)されたご遺体がNRTに今晩到着し、引き取りと開封、修復を行い、明日の午後の引き渡しに行ってきます。
    来週から2週間は向うですが、帰国後はサンパウロに行く予定です。(年ですので少しだけガンガン)

    これ以外に、中東で交通事故がありましたが、手が回りませんでした。
    狭い日本で小さなパイを取り合うよりも、仕事の依頼が多過ぎて手が回らない方が好ましい形態です。
    ヒトの死は世界共通であり、世界中に存在します。

    私のところでは、汗も涙も出なくなるまで酷使します。

  • どちらの肩を持つ訳でもありませんが・・・^^
    私はリアルを感じさせてくれる猫丸さんのコメントは貴重だと思っています。
    コメントが賑わっている方が、読者にとっては深く考えられますし。
    今回の件で猫丸さんが去っていくのは残念だなー

    尚、匿名のブログ(情報発信)にも拘わらず、
    「業界の良心」などと本心で感じている人がいるのなら、
    それは非常に危険だと思いますよ。
    懐疑的な目線で見て当然です。

  • 確かに現状を変えることが出来ないのに、内にいながら「内の外」を批判批評する方向性は疑問です。

    自社の批判批評があれば、エンドユーザー側にも現実性がある内容になるのかな、とは思います。

    伊藤先生のコメントも同様です。
    物理教師様の記事に対してあまりにも関係のなさすぎるコメントが多すぎませんか。
    それこそ自らのブログでどうぞ。

  • 業者側からすれば賛否両論あるでしょう。
    でもこのブログが、業界変える程の力あるのでしょうか?
    言いたい事があれば筆者本人に直接言えばいい。
    ブログでコソコソ間違い探しは筋違いと感じます。

    もし筆者や同業者に訴えられる事になったらどうなりますか、おそらくブログの内容が問題となり、行き過ぎた行動と裁判所は見なすのではないでしょうか?
    ブログの書き込みも注意しないと裁判ざたになる時代です。

    一会社員に業界変える程の力なんてないでしょう、裁判ざたになれば会社に居られなくなるかもしれません。
    このブログでそこまでリスク背負う必要あるのかな…?
    物理教師様の身を案じています。

    本当に業界変えたいなら会社辞めて、評論家やコンサルタントとして独立すれば良いんですよ。
    会社員では非力なもんで居酒屋談義と変わりませんよ。

    このブログを見ている方々は、物理教師様にそれだけのリスクがある事を理解しなければなりません。

  • prof様、
    今後日本経済が頭打ちになると
    逆に世界に出ていく日本人が多くなると思います。
    この分野も早めに人を育てないといけないようですね。

  • 通りすがり様、コメントありがとうございます。
    当ブログは原則コメント欄はオープンにしてまいりました。
    削除したのはたしか明かな広告系スパムの時だけだったと記憶しています。
    誰にでもひらかれた状態で今後もいくつもりです。

  • エソバソマー様
    コメントありがとうございます。
    私が記載した「的外れな部外者の批判」という表現が誤解を招くかもと思い、補足させていただきます。
    これは「部外者の批判は的が外れている」という意味ではなく、
    事実誤認に基づいた批判や、職業差別感情に基づく発言を指したものです。
    当然のことながら業界外部や、ましてや消費者の方を指して申し上げたものではありません。

    言葉が足りませんでした。
    お詫びして補足させてください。

  • 猫丸様、
    ご指摘ご心配いただきましてありがとうございます。
    今後、より一層の配慮を心がけたいと思います。

  • 謎がとけました!
    Aを4県、Bを3都県の平均だと捉えた時に、
    例えば、①の項目ですと、
    126.7×4=506.8…A
    115.9×3=347.7…B
    506.8+347.7=854.5
    854.5÷7=122.0714285→小数点以下切り下げで122となります。

    このやり方ですと、
    ②48.64285714
    ③51.58571428
    と、全て小数点以下切り下げれば、サイトの数字にピッタリになります。

    が。
    これって、そもそも県ごとの平均を出して、A地区B地区での合算平均値をだしたならあっているでしょうが、
    サンプルをA地区B地区にわけてから平均を出したなら計算手段が間違っているんですよね。

    そもそも算数をやっていれば、平均は騙されていて、
    分布図を表示した方が消費者には伝えやすいのですが、
    分布図を表示すると、高額な人はとことん高額だけど、当たり前に直葬があるよーってのを見せる形にもなるから、葬儀社としては表示しにくいとは思いますが。

  • 探偵T様、
    コメントありがとうございます。
    それから考えて頂いてありがとうございました(^^;)
    これおっしゃっているように
    各県のサンプル数が同一でないと難しいですよね、
    というかこの計算方法がアリだとするとO屋さんの発想自体が不思議です(^^;)

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください