男性のお葬式の服(礼服・喪服)はユニクロがおすすめ!




ユニクロから、男性がお葬式で着られる服が発売されました。これが安くてすごくいい、つまりコストパフォーマンス最高なのでご紹介します。
こちらの記事(ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた)とあわせてどうぞ。

男性がお葬式の時に着る服とは?

男性のお葬式の服装(礼服・喪服)といえば、上下黒のスーツです。
いざというときのために事前に購入しておくべきアイテムですが、
これを買い求めようとすると
年配の方はスーツ量販店のフォーマルコーナーのいわゆる礼服
若い方はセレクトショップのブラックスーツとなるでしょうか。

このときに問題となるのは
服代÷使用頻度=コストパフォーマンス
です。

お葬式の服にお金をかけられない問題

基本的に礼服は弔事(不幸ごと)と慶事(祝いごと)のときしか活躍できません。

ブラックスーツの場合、最近のドレスコードが緩くなったのを受けて
仕事着として取り入れられ始めたとはいえ
自分の職場ではちょっと・・・という方も多いのではないでしょうか。
となるとやっぱり活躍するのは弔事か慶事の時だけとなります。

さらに最近の結婚式の服装はブラックスーツ一辺倒から脱却していることから
実際はもっと礼服やブラックスーツの出番は少なくなります。

礼服のレンタルサービスもありますが1回の使用につき15,000円くらいかかるので
割高です。

となると略礼服やブラックスーツは
できるだけ安物を購入して済ませようという方も多いと思います。

お葬式の服の問題点

ただ頭が痛いのは
男性のお葬式の服装って品質の善し悪しがあらわになる
という点です。

シャツを除いて全身が黒のため(つまり色や模様という視覚要素が無いため)
シルエットと服地の素材のみに目がいってしまうんですね。
さらにみんな同じ服装の人が並ぶので、比較されやすいのです。

そのためシルエットがヘン(ウエストの絞りが合っていない、着丈が短い、背中に不自然なシワが出る)だったり
ウールではなく化学繊維の比率が高い安い素材だったりするとその粗(あら)がはっきりわかってしまうのです。

そうなると安くてそこそこ良い品質の服が良いということになるのですが
そんなうまい話は無いのが世の常。
紳士服の量販店なら冠婚葬祭用のスーツが2万円台からあるのですが、そのクラスだとどうしても素材に半分くらい化学繊維を混ぜていることが多く、仕立ても含めて明らかに安っぽいものです。
1着そろえておこうと思ったものの、どれを選んでいいのか結構困っている方も多いのではないでしょうか。
スーツ2016年2月4日

お葬式の服もユニクロが安くて高品質

そんなお葬式の服にお困りの方に、この度ユニクロから
ブラックの上下のスーツ(いわゆるセットアップスーツ)が発売されました。

ユニクロ|あなたのジャストフィットがつくれるストレッチウールジャケット|MEN(メンズ)|

パンツは既製品ですが、既製品ではぴったりのものが見つかりにくいジャケット部分はパターンオーダーになっています。

ジャケットのサイジングで難しいのは肩が合っているかどうか。
これは実際に袖を通さないと、服から採寸した数値だけ見ても分かりません。
私が通販でジャケットを買わないのはこれが理由。

しかしこのユニクロのジャケットは実店舗にサンプルがそろえられており、店舗に足を運べば肩が合うかチェックできます。
どのサイズのジャケットなら自分の肩に合うかを確認してから、
自分の着丈(首元から裾までの長さ)や裄丈(袖口までの長さ)をユニクロの店員さんに計測してもらって、カスタマイズしたジャケットの制作に入ってもらうという仕組みです。
そのため既製品にはない、自分の体型にかなり近い1着を手に入れることができます。
また特殊体型の方にも対応可能になっています。

ベースはナチュラルなデザインなのであまり流行の影響は受けないでしょう。
スリムとレギュラーがありますがレギュラーの方が長く着られると思います。

素材もスーパー110(繊維の細さを表す単位。ビジネス系なら100~120くらいがベスト)なので
高級感があり、かつ傷まない普段使いのできるものです。

採寸を店舗でやって、カードに書かれた数値をネットで入力するという仕組みに関して
面倒という人もいるかもしれませんが、
フィッティングの良さを考えると実際に計ってもらった方が良いでしょう。

このジャケットと同色の黒のパンツを併せて
補正代2,000円入れても上下揃えて20,890円(+税)です。
多分他社では無理なクオリティですね。

これからほとんどの男性の葬儀の服装はユニクロ一択で良いんではないでしょうか。
実際にユニクロにお葬式の服を買いに行った体験記は↓こちらです。

ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた | 考える葬儀屋さんのブログ
ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた | 考える葬儀屋さんのブログ

お葬式に着ていくシャツもユニクロで

次にお葬式のときに着るシャツ(色は白)ですが、これもユニクロでいいのがあります。

長くなったので↓別記事にしました。
(参考記事:お葬式で着るシャツはこれ

お葬式のネクタイもユニクロで

お葬式に身に付けるネクタイは当然
・色は黒
・素材はシルク
・モード系の細いものは避ける。大剣(一番太い部分)が8㎝くらいのものが好ましい。
これもユニクロにいいのがありました。

当然シルクでユニクロクオリティ。
ただし在庫が一定しておらず、販売店舗も限定されている模様。
ネクタイは試着を必要としないので、見つけたらネットで買っておくのもよいかと。

お葬式のベルトもユニクロで

お葬式のベルトの条件は

・当然色は黒
・幅は太すぎず細すぎない
・バックルはシルバー系の色でオーソドックスなデザイン
・革製

ちなみにニセマナー講師が「葬儀の時は殺生をイメージする革ではなくて布製のものを」と言っているのを聞いたことがありますが、嘘です。
だいたいお葬式の料理でお寿司などの魚肉類が出てくるわけですから、こんな考え方は無意味です。
安っぽい布製のベルトを大の大人がしている方が問題です。
革製であればとくに素材は問題ありません。ベルトはバックル以外露出がほとんどありませんので。
私は少し光沢のあるコードヴァンのベルトをすることもあります。

さてベルトもユニクロで扱っています。

お葬式に履いていく靴

残念ながらユニクロではカジュアルシューズしか扱っていないので、お葬式に履いていくのにふさわしい靴(色は黒、革製、内羽のストレートチップ)はないです。
こちらの記事を参考にしてください。
(参考記事:靴好きの葬儀屋さんがお勧めする葬儀で履くべき靴はこれ

最後に参考までに服装の関連記事を載せておきます。
日本人の葬儀の服装は間違っている? | 考える葬儀屋さんのブログ

葬儀マナーの関連ページ

参列に際して情報を集めている方は下記の記事を参考にしてください。
弔電の安くて効果的な送り方を葬儀屋さんが教えます
葬儀屋さんが教える実践的な香典のマナー | 考える葬儀屋さんのブログ
葬儀屋さんが教える葬儀の受付のマナー | 考える葬儀屋さんのブログ
葬儀屋さんが数珠(じゅず)をAmazonで買ってみた | 考える葬儀屋さんのブログ
お葬式で使ってはいけない言葉
「ご冥福を祈る」の意味と正しい使い方
「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い方
「哀悼の意を表します」の意味と正しい使い方
葬儀の挨拶について
通夜の時間ついて
弔辞について

私の場合

ちなみに私がお葬式に参列するときに来ているのは
7年ほど前に買ったユナイテッドアローズのブラックスーツです。

(お葬式の担当者の時は会社の制服を着ています)
当時10万円をちょっと越えていたかと思うのですが
参列先で私が葬儀屋さんということを知っている人にも出会うことを考えて
お葬式のプロなのだからやっぱりそれなりのものを、
ということで奮発しました。

ロロピアーナのフォーシーズンズの服地を使っていて、背抜きなので
季節に関わらず通年着られます。
イタリア製のクラシックなデザインだったので、
7年経った今でも違和感なく使えます。

欠点はイタリアものにたまに見られる縫製の雑さ。
アームホールがほつれてきたのと
袖裏のほつれがあったので計2回お直しに出しました。
ユナイテッドアローズといえどもインポート(輸入)ものには意外とありがち。

今回紹介したユニクロ商品はおそらくアジア製だと思いますが
縫製に関して言えばユニクロの品質管理の方が、個人的には信用できます。











6 件のコメント

  • 参考になりました。ありがとうございます。(私も葬儀社に勤めております。)
    最近では若い方は喪服を持っていらっしゃらなかったりで、レンタルということになると貸衣装のデザインがバブリーな肩パットだったり、買うとなるとお高くついたり・・・。
    せっかくのお時間、心のゆとりがなくなってしまったりで、どうしたものかと思っていました。
    自分でも生地を見に行ってみます。

  • 吉川ひとみ 様
    コメントありがとうございます。
    パンツはパッと見、セレクトショップクラスでした。

  • 私の年になると「喪服を着る機会が多くなります」(毎年、数人は友人が死にます)。
    加えて、「5年前のサイズが合わない」(オネエチャンの店は控えます)。
    海外の様に、「葬儀に喪服を着なくてもよい習慣」(家族だけが葬儀服)となれば、
    不摂生を楽しめるのですが。

    今晩の、世界一受けたい授業の「終活」に、税理士さんが出ていました。
    http://www.mayumi-tax.com/
    話しの内容は「他の専門家よりもまとも」でしたが、参考内容が少々問題あり。
    葬儀費用は188万(消費者協会)、口座凍結のために「死ぬ前に葬儀費用を
    用意しておく」、役所手続きが7個あり大変(全て、市民課で出来るが?)。
    税理士目線では「この様な話し」でしょうが、行政的には「手続きは簡単」。

    個人的には、「デタラメを言う終活専門家よりは、まとも」と感じました。

  • prof様
    >世界一受けたい授業の「終活」に、税理士さんが出ていました。
    先日この方からコメントをいただきました。
    著書の書評を書いたので。

  • 安いですねー
    でも、今現在店舗で寸法図ったり、サンプル着れるのは東京都と大阪の店舗しかないみたいですね><
    それ以外の都道府県の人は自分でメジャーで図っての注文らしいですが、やはり実際に試着しないと失敗もつきものなので、店舗がない都道府県の人は注文して失敗しても自己責任ですね。。
    まだ、始まったばかり。
    今後に期待ですね。。

  • 拓 様
    >サンプル着れるのは東京都と大阪の店舗
    あ、そうですね。近所のユニクロでやってたのでてっきり全国規模でできるのだと思っていました。
    せっかくのオーダーなので特殊体型の人ほど採寸したいですよね。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください