ドン・キホーテにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた 2024年版

私は、NHKで「お葬式のマナー」を解説したこともある、ファッションと葬儀マナーにくわしい葬儀屋さんです。
ドン・キホーテに、お葬式に着ていける服(ブラックフォーマル・喪服・礼服)があるかをレポートします。

ドン・キホーテオフィシャルサイトより

おとずれたお店は
ドン・キホーテ 溝ノ口駅前店(神奈川県川崎市)です。

ドン・キホーテにはMEGAドン・キホーテという大型店もあるのですが、溝ノ口駅前店は標準的なサイズです。
同じビルのテナントにコジマ電気とパチンコ屋が入っていて、どのフロアも店内放送がうるさいのが特徴です。

店舗一覧|驚安の殿堂 ドン・キホーテ

結論:男性(メンズ)のアイテムはそれなりにそろうが、女性(レディース)と子供向けのアイテムはほとんどない

まず結論です。

男性のアイテムはそれなりにそろいますが、女性のアイテムはほとんどありません。(2022年12月現在)

男性がお葬式で身につける、上下黒のスーツ・黒いビジネスシューズ・黒いカバン・白いシャツ・黒いネクタイ・黒いベルト・黒い靴下はすべて、ドン・キホーテにあります。
ただしクオリティよりも安さ優先です。
たとえば上下黒のスーツのクオリティはちょっと微妙。

女性がお葬式で身につける、パンプス・ストッキングはありますが、
アンサンブル(ジャケット+ワンピース)・パンツスーツ・ブラウス・・かばん・ハンカチ・装飾品・コートはありません。
基本部屋着~カジュアルファッションが守備範囲なので、フォーマルは扱っていないのでしょう。

子供用のお葬式のアイテムもありません。

数珠(じゅず)は男女それぞれありました。

文房具売り場もあるので、香典を入れる香典袋も売っています。

こんな方におすすめします

ドン・キホーテは、以下の条件に合う方におすすめします。

  • 近所に店舗がある
  • 男性
  • お金がなくてとにかくクオリティより安さ優先(総予算1~2万円)
  • 当日必要
  • 一か所でお葬式のアイテムを全てそろえたい

逆に、上記の条件に合致しない方は、あえてドン・キホーテで購入するメリットはありません。

ドン・キホーテ以外の選択肢はAmazon・ユニクロ・GU

急ぎで必要な方向けに、ドン・キホーテ以外の、購入先の選択肢を解説した記事は↓こちらです。

急ぎで喪服や礼服が必要なときは・・・葬儀屋さんが教えます

女性の場合

女性のアンサンブルをお求めの方で、2日間余裕があって安く手に入れたいなら
コスパが高く、翌日届くAmazonをおすすめします。
Amazonプライムで何着か注文すれば、翌日自宅で試着できます。合わなかった服は、全て返品できるシステムです。

Amazon レディースブラックフォーマル の 売れ筋ランキング

Amazonでおすすめの喪服(アンサンブル)を買いました


時間がなくて近所にしまむらがあるなら、立ち寄ってみる価値はあります。

しまむらで安いお葬式の服(喪服・礼服)を見つけました!2023年版

女性の9割はアンサンブルですが、パンツスーツをお求めの方で、時間のある方は、ユニクロをおすすめします。
ユニクロで販売されているレディースのブラックスーツの解説| 考える葬儀屋さんのブログ

男性の場合

男性のブラックスーツに関して、5日以上余裕があるなら、コスパ抜群のユニクロで、2日以上余裕があるなら1万円からラインナップのあるアマゾンをおすすめします。

Amazon メンズフォーマル の 売れ筋ランキング

 

お葬式の服(礼服・喪服)はユニクロがおすすめ!

Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編)

当日ブラックスーツが必要な方で、予算が1万円くらいしかなければ、ドン・キホーテより先にGUを訪れることをおすすめします。
しまむらでは、男性のお葬式の服は扱っていません。

GUにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた

ドン・キホーテの喪服 礼服 一覧

アイテムと価格を一覧にまとめました。
(2022年現在の税込み価格。値引きされていることもあります。)

<男性 礼服一覧>

  • 上下黒のスーツ    9,900円~7,700円
  • 黒いストレートチップシューズ 4,389円
  • 黒いネクタイ 1,419円~1,990円
  • 白いシャツ 1,290円~1,990円
  • 黒いベルト 1,097円
  • 黒く長い靴下1,000円(6足入り)
  • 黒いカバン 7,000~8,000円

<女性 喪服一覧>

  • アンサンブル(ジャケット+ワンピース) ×
  • パンツスーツ  ×
  • パンプス(黒) 2,189円
  • ストッキング(黒)700円前後
  • かばん     ×
  • ハンカチ    ×
  • 装飾品(ネックレス)×
  • コート ×

珠数(じゅず) 男女それぞれ1,639円

男性用(メンズ)のお葬式の服

冒頭で申し上げたように、男性がお葬式で身につける、上下黒のスーツ・黒いビジネスシューズ・黒いカバン・白いシャツ・黒いネクタイ・黒いベルト・黒い靴下・は、すべて、ドン・キホーテにあります。
ただし、クオリティよりも安さ優先です。

スーツ(略礼服)

日本で男性のお葬式の服を指す場合、喪服・略礼服・礼服・ブラックフォーマル・ブラックスーツは、全て同じものと考えていただいてかまいません。

メンズ服の売り場の一角に
お葬式で着られそうな上下黒のスーツが売られていました。

値段は9,990円のものが7,700円に値下げされていました。
素材はウール30% ポリエステル70%の混合素材です。
サイズは5種類くらいしかないので、運が良ければぴったりのが見つかるかも、という感じです。

縫製はベトナムの海外工場製です。この金額で国内縫製は無理ですね。

デザインは、オーソドックスなボックスシルエットです。
試着してみると、ちょっと左右のバランスがおかしいです。
肩をちゃんと合わすと、第一ボタンとボタンホールの位置がピッタリ合いません。
普通のスーツならボタンを留めなくても同じ位置にくるのですが、
1㎝くらいずれています。
一応ボタンは留められますが、どこか設計が狂っているようです。

ズボンですが、最初からシングルで裾上げ加工がされていました。
実寸より長めなら両面テープで織り込めばなんとなりそうですが、足りないとお手上げです。

結論としては、オススメしません。
クオリティ的に厳しいです。
黒いスーツを持っていなくて、あと数時間でお葬式に参列しないといけない場合を除いて、購入しない方がいいです。


参考までに100%ポリエステル製で、上下合わせて5千円のスーツもありましたが、お葬式に着ていくのは論外です。

ドン・キホーテで黒のスーツを買うのであればGUに行ってください。

GUにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた


上下7,480円で数段良いものが入手できます。

お葬式の服(礼服・喪服)はユニクロがおすすめ!


予算にもう少し余裕があるならユニクロのウール製セミオーダースーツが一番コストパフォーマンスが高いです。
上下25,890円。セミオーダーなので、サイズもかなりバリエーションがあります。

Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編)


近所にユニクロやGUがなかったり、行く時間がない方はAmazonをおすすめします。

礼服 メンズ (裾上げテープ付) 上下洗える フォーマールスーツ オールシーズン 冠婚葬祭 喪服 大きいサイズ ウォッシャブル 黒 (TX80139-1-) AB3
MARUTOMI
↑こちらの1万円ほどのスーツがおすすめです。

シャツ

シャツも豊富に取り揃えています。

1,290円(税込)~1,990円(税込)の価格帯です。3枚セットで2,990円というのもあります。

当然色は白無地で、エリはボタンのついていないものを選んでください。

↓お葬式のシャツのくわしい話はこちらの記事を参考にしてください。

お葬式で着るブラウスとシャツはこれ

珠数(じゅず)・ハンカチ

お葬式用の黒いネクタイも珠数や袱紗と一緒に売られていました。

珠数は、1,639円(税込)
女性用の珠数も男性服コーナーで売られているので、女性は絶対に気づかないでしょう。
この探しにくい陳列もドン・キホーテの特徴です。

黒いハンカチは988円。ドン・キホーテにしては高めです。

ハンカチは白でも良く、素材は問わないのですが、やはりそこはドン・キホーテなので、タオル地のカラフルなものしかありません。

珠数・ネクタイ・靴下・袱紗(ふくさ)・喪章(もしょう)の5点セットが2,189円で売られていました。
喪章は、本来、遺族が仕方なく平服で参列する場合に腕に付けるものなので、ほぼ使わないと思います。
ただそれを差し引いても、他のアイテムを単品で買うと4,000円くらいはすると思われるので割安です。

袱紗については↓こちらの記事を参考にしてください。

お葬式には珠数(じゅず)よりも袱紗(ふくさ)を持っていくべき理由

ネクタイ

ポリエステル製の黒いネクタイは1,419円(税込)。冠婚葬祭用として売られているシルク製は1,749円です。

ちなみにユニクロの黒いシルクのネクタイは1,990円で、品質はユニクロのほうが上です。
しかし、ドン・キホーテのシルク100%ネクタイも、品質に問題があるわけではないです。

ベルト

紳士用のベルトは1,097円で販売されています。

色は当然黒で、ステッチが目立たず、表面がスムースだが光沢のないものを選びましょう。
バックルも無段階調整のものではなく、穴に金具を差し込むタイプが好ましいです。
本革ではなく合皮製が多いのですが、できれば本革のものを選んでください。

靴下

お葬式の靴下は、式中に足を組んで座ってしまってもスネが見えないように長いものが好ましいです。

十分な長さのものはありませんが、できるだけ長いものを選んでください。
こちらは6足で1,000円です。確かに安いです。

お葬式の靴と言えば、内羽のストレートチップです。
内羽根ストレートチップクロケット

↑こんな靴です。

ドン・キホーテでも、黒い内羽ストレートチップが販売されています。

こちらはセール品。本革で4,389円。

こちらは、合皮で、4,389円

たしかに本革で4,389円はかなり安いのですが
去年からGUが本革の3,990円のストレートチップを販売しています。
ステッチの正確さなど、クオリティはGUの方が数段上です。
GUに行けるならGUでの購入をおすすめします。

お葬式の靴はユニクロとGUにあります

かばん

お葬式にふさわしいカバンも販売されています。

黒のナイロン製ブリーフケースが7,000~8,000円で何種類か販売されていました。
ドン・キホーテにしては価格とクオリティがちょっと高めな印象です。
ユニクロにもブリーフケースは3,990円で売っているのですが、安っぽいので、ドン・キホーテで買うのもアリです。
お葬式のためだけに購入するのは迷いますが、サラリーマンの方が日常使いする前提なら悪くないです。

ちょっと高いと思われる方は、Amazonで購入するのがコストパフォーマンスが良いと思います。

Amazon 男性向け ビジネスバッグ 売上ランキング

女性用(レディース)のお葬式の服

さきほど申し上げたように、女性がお葬式で身につける靴(パンプス)とストッキングはあります。
残念ながらそれら以外のアンサンブル(ジャケット+ワンピース)・パンツスーツ・ブラウス・かばん・ハンカチ・装飾品はありません。

女性の方はお葬式のアイテムを探しに、あえてドン・キホーテに行く必要はないです。
近所にしまむらかユニクロがあるなら、そちらに行ってください。

しまむらで安いお葬式の服(喪服・礼服)を見つけました!2023年版

パンプス

ドン・キホーテには、アンサンブルやパンツスーツに合わせやすい、お葬式にふさわしいパンプスも販売されています。
いわゆる「オフィスパンプス」を選んでください。

値段

2,189円(税込み)です。

この値段なので当然合皮製です

デザイン

つま先が丸いラウンドトゥと、やや角張ったスクエアトゥの2種類があります。
どちらも足にあうようなら、ラウンドトゥがよりフォーマルです。
ヒールの高さはちょうど良い(3~5㎝)フォーマルなデザインです。

サイズ

サイズは22.5㎝から0.5㎝きざみで25㎝まで取りそろえています。

コート

コートをお探しの方はユニクロかGUをおすすめします。

お通夜お葬式に着ていくコートはユニクロにあります 2023年

 

女性のお葬式の服装について、基本からくわしく知りたい方は↓こちらの記事を参考にしてください。

女性のお葬式の服装(喪服)について葬儀屋さんが解説します

以上が、ドン・キホーテで販売されている女性のお葬式のラインナップの解説でした。

子供用のお葬式の服はありません

ドン・キホーテでは子供用のお葬式の服は扱っていません。

女性用の喪服をあつかっていないくらいなので、ある意味当然かもしれません。

↓他の選択肢はこちらの記事を参考にしてください。

2024年版 子供のお葬式の服装を葬儀屋さんが教えます

香典袋も売っています

別のフロアですが、文房具コーナーに香典袋や筆ペンも売っています。

男性衣料のコーナーで売っていた数珠(じゅず)をここでも販売しているという、陳列の無計画ぶりがドン・キホーテらしいです。

ドン・キホーテの良いところ

ではドン・キホーテのお葬式の服の良いところ・悪いところを解説していきます。

まずは良いところから。

安い

基本的にディスカウントストアですから、ほとんどの商品が安いです。

すぐ手に入る

お葬式の服は急に必要になることが多く、実店舗が近所にあれば、すぐに手に入ります。

夜中でも買える

今回訪問した溝ノ口駅前店は24時間営業です。夜中でも買えるのは、他の業態にはないメリットです。

その場で試着できる

実際に実物を手に取って、その場で試着できます。

悪いところ

次に悪いところです。

品質は悪い

お葬式のアイテムに限って言うと、品質は悪いです。
電化製品や日用品であれば安いのは正義です。
しかしお葬式の装いというのは、礼節を重んじるので、最もフォーマルでなければなりません。つまり多少高くてもいいから、ある程度のクオリティが求められるのです.
そのためドン・キホーテとはそもそも相性が良くないのです。

どうしても予算がない、という場合を除いておすすめしません。

店内配置がわかりにくい

ドン・キホーテは、わざと店内配置を分かりづらくして、宝探し感を出しているそうです。
ただお葬式の服は、事前に購入を決めて時間の無い状況で買いに行くので、この配置のわかりにくさは不便です。

品ぞろえが店舗によって違う

ドン・キホーテは、各店舗の売り場責任者が独自に仕入れを行っているため、お店によって品ぞろえがまちまちなのも注意が必要です。
「行ってみたけど無い!」では困ってしまいます。
今回溝ノ口駅前店のレポートを行いましたが、他の店舗では品ぞろえが異なるかもしれません。
これもドン・キホーテの欠点です。

女性と子供アイテムがない

先ほど述べたように、女性と子供向けのアイテムはほとんどありません。

店舗が近所にあるとは限らない

「近所にユニクロはあるがドン・キホーテはない」という方も多いでしょう。

店舗一覧|驚安の殿堂 ドン・キホーテ

以上、ドン・キホーテで販売されているお葬式の服の解説でした。