急ぎで喪服や礼服が必要なときは・・・葬儀屋さんが教えます




事前にお葬式の服を買いそろえておく人はまれで、参列しなきゃいけないという状況になってから購入する方が多いのではないでしょうか。

そんなお急ぎの方を対象に、葬祭マナーにくわしい葬儀屋さんがお葬式の服の買い方をアドバイスします。

  • 性別(男性・・・ブラックスーツか、女性・・・アンサンブルもしくはパンツスーツか)
  • 緊急度(今日必要か、明日必要か、5日ほど余裕があるか)
  • 予算(1万円くらいか、3万円くらいか)

により選択肢が異なります。

男性の場合

男性の場合

黒いスーツ
黒いネクタイ
白いシャツ
黒い靴

が必要です。

黒いスーツ

この中で一番やっかいなのは黒いスーツです。

なぜなら以下の3つの理由のためです。

  • 着る人の体型に合わせてサイズが異なる
  • 試着が必要
  • お直しの時間が必要

そこで緊急度と予算に合わせて選択肢の一覧表を作ってみました。

5日以上の余裕がある 4日~1日の余裕ならある 今日必要
予算3万円位 ①ユニクロ
(参考記事:ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた )
③Amazonでウール製のスーツを買う
(参考記事:Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編)
⑤紳士服量販店(青山・AOKIなど)
(参考記事:スーツ量販店での喪服の購入をおすすめしない理由
予算約1万円位 ②GU
(参考記事:GUにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた
④Amazonで化学繊維の服を買う
(参考記事:Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編)
⑥レンタル・・・近所に貸衣装屋さんか葬儀屋さんがないか調べてレンタルを依頼

①ユニクロ

最近の都市部では亡くなってからお通夜まで5日間ほど猶予があるケースも見られます。
もしお葬式まで5日あるようでしたら、ユニクロのセミオーダーをおすすめします。

理由は、高品質のウールのセットアップスーツがセミオーダーで上下23,890円(税別、2020年3月現在)で手に入るからです。
コストパフォーマンスを考えるとこれ以上の選択肢はありません。
(参考記事:メンズのお葬式の服(礼服・喪服)はユニクロがおすすめ! | 考える葬儀屋さんのブログ

ただし申込から納品まで最短で3日ほどかかるので、余裕を持って5日はみておいた方が良いでしょう。
購入方法はこの記事(ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた )をお読みください。

②GU

予算が1万円の場合は、ユニクロより品質は劣りますがGUを試してみてください。
上下7,480円(税別)で購入できます。ただし既製服なので、ユニクロと比べてサイズのバリエーションは多くありません。もし自分の体型に合わなければ
予算アップして①ユニクロにするか、④Amazonに進んでください。
(参考記事:GUにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた

当日購入可能なのですが、サイズのバリエーションが限定的で、体型に合わない可能性があります。
そのため日程に余裕がある場合の選択肢としました。

③Amazon・・・ウール製

時間はそれほど無いが、予算が3万円ほどある場合、AmazonPrime、もしくはPrimeワードローブを利用して合いそうなサイズの黒いスーツを何点か、自宅に取り寄せましょう。
合わなかったのは返品してください。送料、返品の送料ともに無料であることがほとんどです。
(参考記事:Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編)

予算が3万円であれば、ウール製のスーツが手に入ります。

④Amazon・・・化学繊維

方法は③と同じで、1万円くらいの黒いスーツを購入してください。
1万円では素材ウールではなく、化学繊維ですが、そこは割り切ってください。
(参考記事:Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編)

Amazon メンズフォーマル の 売れ筋ランキング

⑤紳士服量販店

紳士服量販店(青山とかAOKIとか)の略礼服は割高なので、できることなら避けたいです。

その理由はこの記事(スーツ量販店での喪服の購入をおすすめしない理由 | 考える葬儀屋さんのブログ )で書いたように、情報弱者か、時間の無い人が買わざるを得ない状況で買っているからです。
女性向けに書いた記事ですが、割高で販売されているという事情は男性も全く同じです。

ただしサイズは豊富なので自分の体型に合うのが見つかるでしょう。頼めば裾上げも数十分でやってくれます。
どうしても今日必要という方にはおすすめです。

⑥レンタル

葬儀屋さん経由、もしくは直接、貸衣装屋さんに頼んで1万円~1万5千円でレンタルを試みる方法です。
ただし貸衣装屋さんは減少しています。運良くお店を見つけても、合うサイズがすぐ用意できるとは限りません。
また1度の使用で1万円かかるのはかなり割高です。避けた方が無難です。

黒いネクタイや白いシャツ

当日必要なら、紳士服量販店か、最悪コンビニエンスストアを数店回れば売っています。
1日以上余裕があるならユニクロかAmazonでどうぞ。
(参考記事:ユニクロのシャツとネクタイ

黒い革靴

黒い革靴は、デザインに細かいことを言わなければ、サラリーマンの方なら大体持っているでしょう。
当日購入する必要があるなら紳士服量販店か靴量販店で購入してください。
1日以上余裕があるならAmazonを使うという手もあります。
(参考記事:お葬式ではくべき靴を、靴好きの葬儀屋さんが解説します!

女性の場合

以前女性の葬儀の服装に関して
女性のお葬式の服装(喪服)について葬儀屋さんが解説します | 考える葬儀屋さんのブログ
という記事を書きました。
事前に一読していただければ、より理解が深まります。

アンサンブル

女性のお葬式の服で最も人気があるのはアンサンブル(ワンピース+ジャケットタイプ)です。

5日以上の余裕がある 4日~1日の余裕ならある 今日必要
予算3万円位 ①×アンサンブルの素材はほとんど化学繊維のため、相場は1万円くらいです。そもそも3万円も出す必要がありません。 ②スーツ量販店(青山・AOKIなど)で買う
(参考記事:スーツ量販店での喪服(アンサンブル)の購入をおすすめしない理由
予算約1万円位 ③Amazonで買う
(参考記事:Amazonでおすすめの喪服(アンサンブル)を買いました
④スーツ量販店(スーツカンパニーなど)で買う
(参考記事:スーツ量販店での喪服(アンサンブル)の購入をおすすめしない理由

①アンサンブルの素材はほとんど化学繊維のため、ネットの相場は1~2万円くらいです。そもそも3万円も出す必要がありません。

またユニクロではアンサンブルは扱っていません。GUでは黒のアンサンブルを扱っていますが、素材がポンチ素材(ジャージー素材よりももっとカジュアルな素材)なので、お葬式には向きません。

②スーツ量販店

ネットでは1~2万円ですが、スーツ量販店では3万円以上で売られています。
理由はこの記事
スーツ量販店での喪服(アンサンブル)の購入をおすすめしない理由
で書いたように、情報弱者か、時間の無い人が買わざるを得ない状況で買っているからです。
ですから、今日必要という時間の無い人以外は、避けた方が無難です。

③Amazonで買う

1日以上余裕があるならAmazonで購入するのが一番無難でしょう。
くわしくはこの記事
Amazonでおすすめの喪服(アンサンブル)を買いました
を参考にしてください。

Amazon レディースブラックフォーマル の 売れ筋ランキング

④スーツ量販店(スーツカンパニーなど)

先ほど②でスーツ量販店は割高なのでおすすめしないと申し上げました。

しかし例外的にスーツカンパニー、ORIHICAやスーツセレクトなど若者向けスーツ量販店では、型落ちのセール品なら1~2万円で売られていることがあります。これは顧客層がネットと比較して買う人達のため、ネットと競争力のある価格、つまり適正な値段に設定されているからです。ちなみにお葬式の服には流行がほとんどないので、型落ちのセール品でも問題は全くありません。

デザインが20~30代向けという制約がありますが、当日必要な方は利用する価値はあると思います。

スーツカンパニーのレディースフォーマル一覧ページ

パンツスーツ

パンツスーツ(ジャケット+パンツ)、もしくはジャケット+スカートのスタイルをお探しの方はこちらの記事を参考にしてください。

5日以上の余裕がある 4日~1日の余裕ならある 今日必要
予算3万円位 ①ユニクロ
(参考記事:ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた )
②Amazonで買う
(参考記事:Amazonでおすすめの喪服(アンサンブル)を買いました
③スーツ量販店で買う
(参考記事:スーツ量販店での喪服(アンサンブル)の購入をおすすめしない理由
予算約1万円位 ②Amazonで買う
(参考記事:Amazonでおすすめの喪服(アンサンブル)を買いました
④スーツ量販店(スーツカンパニーなど)
(参考記事:スーツ量販店での喪服(アンサンブル)の購入をおすすめしない理由

①ユニクロ

もしお葬式まで5日あるようでしたら、ユニクロのセミオーダーをおすすめします。

セットアップで黒の2つボタンジャケット+パンツorスカートという組み合わせが可能です。
ユニクロオーダージャケットのページ
ユニクロのパンツのページ
ユニクロのスカートのページ

ジャケット9,990円+パンツ3,990円+パンツお直し料280円=14,080円(税別)で手に入ります。

コストパフォーマンスを考えるとこれ以上の選択肢はありません。
ただし申込から納品まで3日ほどかかるので、余裕を持って5日はみておいた方が良いでしょう。

詳しくはこちらの記事
スーツ(ツーピースorパンツスーツ)はユニクロがおすすめ
参考にしてみてください。

②Amazonで買う

①のユニクロで買うほど日程の余裕(5日間)は無いが、今日必要というわけでは無い場合は、Amazonで購入してみましょう。
AmazonPrime、もしくはPrimeワードローブを利用して合いそうなサイズの黒いスーツを何点か、自宅に取り寄せましょう。
合わなかったスーツは返品してください。送料、返品の送料ともに無料であることがほとんどです。
アンサンブルと違って1万円台から3万円以上と価格帯に幅があります。

ただし、
・アンサンブルに比べてラインナップが少なく、ぴったりなサイズを見つけづらいことと
・スーツタイプで1万円台なのは品質に不安がある
ことは覚悟しておきましょう。

Amazonのブラックフォーマル レディース パンツスーツのページ

③スーツ量販店

アンサンブルの項で述べたように、割高です。
避けられるなら避けた方が無難です。

④スーツ量販店(スーツカンパニーなど)

アンサンブルの項で述べたように、若者向けスーツ量販店なら比較的安く買える可能性があります。ただし、アンサンブルに比べてアイテム数は少ないと思われます。その際は、パンツスーツにこだわらず、アンサンブルを購入する方針に、切り替えてはいかがでしょうか。

靴・シャツ・小物類

靴・シャツ・小物類は、Amazonで服を購入するならAmazonで、店舗で服を購入するなら店舗で、ついでに一緒に購入するのが良いでしょう。

 

以上急いで喪服や礼服が必要な場合の対処法について述べました。

お読みいただいて分かるように、できることなら時間に余裕のある状況で購入しておくのが理想的であることは、最後に強調しておきたいです。

 

 











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください