GUにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた




以前お葬式の服はユニクロがおすすめ、という記事を書きました。
ユニクロの黒のセットアップスーツ(上下別売りのスーツ。ユニクロの場合ジャケットは体型に合わせてオーダーする)はコストパフォーマンスが高いので、時間に余裕のある人にはおすすめという内容です。

お葬式の服(喪服・礼服)はユニクロがおすすめ! | 考える葬儀屋さんのブログ

今回、GU( ジーユー、ユニクロの低価格ブランド)でも、CLEAN STYLE をコンセプトにした黒のセットアップスーツが販売されたと聞いたので、実際お葬式に使えるのかどうか、店舗に足を運んで確認してみました。

ジーユー店舗検索 | GU(ジーユー)公式通販オンラインストア

結論としては、お金はないけど時間はある人におすすめ

結論としては男性用のお葬式の服はGUにあります

しかし残念ながら女性用のお葬式の服はありません。
正確に言うとアンサンブル(ワンピース+ジャケットのセット)はユニクロにもGUにもなく、ブラックスーツはユニクロにはあります。
女性の方でお葬式の服の購入をお考えの方は↓こちらの記事をお読みください。

ユニクロで販売されているレディースのブラックスーツの解説| 考える葬儀屋さんのブログ

Amazonでおすすめの喪服(アンサンブル)を買いました | 考える葬儀屋さんのブログ

男性の場合、GUは

・お葬式の服を全く持っていなくて、予算の関係上1万円程度で用意する必要がある
緊急性がない(明日のお通夜に参列しなければいけないというわけではなく、将来に備えて準備する)

という以上二つの条件に当てはまる方に、オススメです。

以下詳しく説明します。

ユニクロのセットアップスーツに劣っている点

ユニクロとGUのセットアップスーツをそれぞれ比較してみましょう。
言わずもがなですが、色は黒を選んでください。

 

GUのセットアップスーツが、ユニクロのセットアップスーツに劣っているのは以下の2点です。
(ユニクロとコストパフォーマンスを比較するのはちょっと酷なのですが)

サイズの選択肢が少ない

GUの場合、オーダーではなく既製服のみの展開のためサイズはXS・S・M・L・XL・XXLのいずれかです。
黒以外にも3色展開していることを考えると、これでも既製服としては多い方ではあります。

ただ一方で、ユニクロはパターンオーダーなので、ジャケットもスリムとレギュラーのフィットが選べ、さらに着丈や袖の長さが調整できるためサイズパターンは2,000通りあります。

お葬式の服は、黒一色のため、色彩によるごまかしが効かず、サイズが合っていないと目立ちます

GUの場合、パンツの裾上げぐらいしか調整がききません。

このようにサイズの選択肢が限定されているため、運良くサイズが合えば、
裾上げの30分を待てばOKなのですが、
明日お通夜に参加しないといけないという状況では、合うサイズがないと詰んでしまいます。

もしそうなったら、予算オーバー覚悟で他のショップをまわるか、Amazonプライムでの注文をお勧めします。

Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編) | 考える葬儀屋さんのブログ

私は身長180cmウエスト75cm、国内サイズ表記でYA8、イタリアンサイズで48のドロップ8です。
ジャケットに関しては、GUのLサイズがぴったりでした。
どちらかというと、ユニクロのスリムタイプに近いシルエットだと思います。
そのためぽっちゃり体型(ユニクロのセットアップスーツならスリムよりレギュラーの方が合う)の方は厳しいと思います。

一方でパンツは、私の場合、ウエストとヒップを合わすとLサイズがジャストでした。しかし長さが1センチほど足りません。くるぶしが出てしまってセレクトショップ店員みたいな感じになってしまいます。
普段、裾をダブルにしたいなら国産ではなくイタリアのインポートものをはかざるをえない足の長さなので(ちょっと自慢しています、スイマセン)、GUが悪いわけではないのですが・・・

この段階で購入は断念しました。

素材がウールではなく、化学繊維

ユニクロが100%ウールなのに比べて、GUの生地はポリエステル73%・レーヨン23%という化学繊維です。
最近は化学繊維の進化が目覚ましく、このGUのセットアップスーツの素材も、昔のいかにも化学繊維ぽかった頃に比べると、ウールに似せてきています。

しかし当然のことながら本物のウール素材の上品な光沢としっとり感には及びません。

一番気になったのは光が当たった時、ところどころ繊維が光を反射する点です。
服の素材に無頓着な人は気にならないのかもしれません。しかし私は普段8万円前後のウールのスーツを着ているので、このあたりがいかにも化学繊維という風に感じました。

ユニクロのセットアップスーツより優れている点

安い

ユニクロのセットアップスーツは、ジャケット16,900円+パンツ6,990円=23,890円(税別)ですが、
GUのセットアップスーツはジャケット4,990円+パンツ2,490円=7,480円(税別)です。

ユニクロのセットアップスーツもクオリティを考えると衝撃的な安さでしたが、GUはさらに安いです。

パターンや縫製はユニクロと遜色ない

ちなみにパターンや縫製は一見ユニクロと遜色ないです。
つまりユニクロのセットアップスーツの生地を化学繊維にして、サイズのバリエーションを絞って少品種大量生産でコストを下げたのが、GUのセットアップスーツだということです。

この値段でこれ以上のクオリティの商品は他にないでしょう。

悪く言うと、アームホール(腕を通す箇所)が緩いことや、腕を上げると肩が浮いてしまう構造はユニクロと同じでした。
(5,000円のジャケットにそれを求めるのはそもそも無茶なのですが。)

お葬式に着ていくその他のアイテムも安い

白いシャツ

お葬式に着ていける白いベーシックなシャツもGUにあります。

白いシャツは、990円のブロード(表面がなめらか)素材のを選んで下さい。
(注:渋谷店では取り扱っていたのですが、GUのサイトには掲載されていませんでした)

しかしながら正直申し上げて、なにぶん値段が値段なのでちょっと安っぽいです。
とはいえ他の白いシャツはボタンダウンでオックスフォード地(ざらっとした風合いのカジュアルシャツに多く使われる素材)で、超カジュアル、言い換えるとフォーマル度がとても低いのです。どちらか選べと言われたら、ブロード素材の990円の方を選ぶことになります

黒い靴

靴は黒の外羽根のプレーントゥのデザインのものが売られています。
お葬式に最もふさわしい靴のデザインである、黒の内羽根のストレートチップは取り扱いがありません。

では、この黒のプレーントゥがどれくらいのフォーマル(お葬式にふさわしい)かというと、内羽根のストレートチップを10点、スニーカーを1点として採点すると、7点くらいのポジションに位置します。
黒い革靴はお葬式の時しかはかないという方なら、これで良いかもしれません

もちろんこのお値段なので、本皮ではなくて、合皮(布に合成樹脂を吹き付けて皮っぽくしたもの)です。

ただしユニクロでは、カジュアルシューズのみの扱いで、紳士靴は扱っていないことを考えるとGUでの取り扱いは評価されるべきでしょう。(2019年12月現在)

靴下

靴下は微妙です。カジュアルソックスだけの取り扱いかと思っていましたが、薄手の黒い靴下もありました。

値段を考えるとかなりがんばってると思います。
ただし注文をつけるとするともう少しハイソックスであればなお良いと思いました。この長さだと座った時にすねが見えてしまう可能性があります。

ベルト

黒いベルトも売っています。

ネクタイ

残念ながらネクタイは販売されていません。ユニクロかインターネットかコンビニエンスストア(ファミリーマートにたまに置いています)で購入してください。

フルコーディネイトで税込み約1万5千円

というわけでGUでお葬式の服装をフルコーディネートしたとすると、
黒ジャケット4,990円+黒パンツ2,490円+白シャツ990円+黒靴2,990円+黒靴下290円+黒ベルト1,990円=13,740円(税別)
消費税10%で計算すると15,114円です。 (GUで販売されていない黒ネクタイを含みません。ユニクロでは税別1,990円で取扱有り)

まとめ

以上のようにGUならネクタイを除くと、全身1万5千円でお葬式のコーディネートが可能です。
値段もユニクロの三分の一です。

しかし・・・お葬式の服装のスタンダードは、男性の場合、ウール素材の黒いスーツです。

GUのように化学繊維ではクオリティ的に少し劣ることは否めません。
もし時間に余裕(5日以上)があって、2万5千円出せる状況であれば、ユニクロのパターンオーダーで購入することをおすすめします。

ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた | 考える葬儀屋さんのブログ

また、サイズに制限があるので、実際にGUに買いに行っても、自分に合うサイズがないということが十分起こり得ます。
もし明日お通夜に参列しなければいけないという状況であれば、前述したようにサイズの豊富なAmazonで複数のサイズを注文して、合わなかったのを返品(無料)するという方法を取った方が確実でしょう。
GUでもオンラインストアで翌日届け(5,000円以上で送料無料)ができますが、そこでサイズが合わないとアウトです。返品の場合も送料自己負担です。

参考記事はこちら↓
Amazonでおすすめのお葬式の服を買いました(男性編) | 考える葬儀屋さんのブログ

以上GUにお葬式の服を買いに行った話でした。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください