お葬式のカバンはユニクロとGUにあります 2021~2022年版




私は、NHKで「お葬式のマナー」について解説したこともある、ファッションにくわしい葬儀屋さんです。
これからお葬式にふさわしいカバンについて解説します。

お葬式にふさわしいバッグの条件

お葬式にふさわしいバッグの条件は、以下の通りです。

色は黒

現在の日本のお葬式の装いは「黒」が基本です。
またファッションのルールとしても、カバンの色は靴の色に合わせるのが基本ですので、やはり黒が正しいということになります。

素材に革はダメというのはウソです

もしかすると皆さんは
「革製品は殺生をイメージさせるので、お葬式の時は身につけてはいけない」
という話を聞いたことがあるかもしれません。

これはウソです。

革製品で問題ありません。

そもそもお葬式のとき、男性の靴の素材として、革以外に適切な素材が何かあるでしょうか。
洋装の世界基準として、革はフォーマルな素材です。
ほとんどの男性が革の靴を履いています。

また現在はお通夜お葬式で、普通に肉や魚が振る舞われます。
精進料理(全て植物系の素材)の方が珍しいです。

こんな状況で「殺生をイメージするから・・・」と言ったところで意味がありません

このような葬儀マナー系の間違った情報が出回るのは、過去何度か申し上げているように
・メディアに出てくるようなマナー講師は、注目を浴びたいがために、誰もやっていないような突飛なマナーを考え出す。
・葬儀ブローカー(ネット上で葬儀屋さんを探している顧客を集客し、葬儀屋さんに紹介して紹介手数料をもらう連中)は、低コストで高アクセスを集めたいがため、お葬式のことをよく知らない素人ライターに適当なことを書かせている。
という背景があるからです。

「革のバッグを使ってはいけない」というような記事を書いているサイトの情報は、信用しない方がいいです。
(ある有名サイトは、「男性はお葬式でカバンを持たない方がいい」と書いていました。そんなわけありません。
また「派手なカバンでも受付に預ければいい」という記事もありましたが、ホテル葬ならともかく普通の葬儀会館では、まず預かってもらえません。)

とはいえ革のバッグでなければいけないということではなくて、安っぽくなければナイロン製でも構いません。
ナイロン製の方が革製品に比べて安いので、若い人にとっては助かるでしょう。

いらっしゃらないとは思いますがスウェードやツイードなどカジュアル感のある起毛素材はやめておきましょう。
たとえスムース系の素材であっても、光沢感の強すぎるものは向いていません。

「長く使うものだから良いものを」すすめているサイトもあります。
もちろん予算があればそれに越したことはないのですが、
お葬式の時にしか使わない方の場合は、割り切って安物でもいいのではないでしょうか。

デザインはフォーマルなものを

デザインは手提げカバンが基本です。

男性の場合、ビジネスバッグのイメージですね。
女性の場合は、いわゆるハンドバッグです。

ちなみに私が葬儀に参列するときは、フォーマルな大峽製鞄製の黒のダレスバッグを使用しています。


ショルダータイプ・リュックタイプは、カジュアルすぎるので、たとえ手に持つとしても避けた方が無難です


トートバッグは微妙ですが、大き過ぎずおとなしいデザインであればギリギリ許容範囲でしょう。


クラッチバッグもフォーマルな部類なのでOK ですが、完全に片手を防いでしまうので機能的ではないことを認識しておきましょう。

あとブランドロゴが強調されているものは、お葬式では下品なので避けた方がよいでしょう。

バッグの中身

参考までにカバンの中身については↓こちらをどうぞ

お通夜・お葬式に持っていくものリスト

男性の場合 ユニクロにあります

近所に店舗があって、手頃な値段で高品質と言えば、ユニクロとGUでしょう。

上記の条件に合致する男性用のカバンはユニクロにあります。

ユニクロ3WAYバッグ

https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/438858/item/goods_09_438858.jpg?width=1194

黒のナイロン製の落ち着いたデザインで、やや安っぽいものの、許容範囲です。

3WAY(3通りの持ち方ができる)ですが、お葬式の時は、ショルダーにしたり、リュックにしたりするのはやめましょう。
ビジネスバッグのように、手持ちで使用してください。

ちなみにGUには、適切な男性向けバッグがありませんでした。

女性の場合 GUにあります

残念ながら上記の条件に合うカバンは、ユニクロの今年(2021~2022年)のコレクションにはありません。

しかしGUにはありました。

GU レザータッチトートバッグ
https://image.uniqlo.com/GU/ST3/AsianCommon/imagesgoods/336396/sub/goods_336396_sub60.jpg?height=600&imformat=chrome&width=600

トートですが、許容範囲でしょう。
金具もステンレスで、落ち着いています。

一方

GU サイドジップトートバッグ+E
https://image.uniqlo.com/GU/ST3/AsianCommon/imagesgoods/339220/sub/goods_339220_sub40.jpg?height=600&imformat=chrome&width=600

は残念ながら、女性用にしては大ぶりで、金色の金具が悪目立ちするのでお勧めしません。

近くにユニクロが無かったり、買いに行く時間が無かったりした場合は
Amazonの↓こちらの商品をおすすめします。

  • 通常のハンドバッグに加えて
  • ナイロン製の折りたためるトートバッグ
  • 袱紗(香典を包む風呂敷みたいなもの)

の3点セットになっているのが特徴。

お葬式から帰るとき、参列者に、参列の御礼の品を配る習慣があります。
その紙袋に、葬儀社の名前がドンと書かれていることも多く、
「ちょっとこれを電車で家まで持って帰るのは・・・」
ということがあります。
そんなとき、このトートバッグは役に立ちます。

また袱紗は持っていると「分かっている人」感が出ます。

プライム会員なら翌日届きます。

以上、お葬式にふさわしいカバンの解説でした。











コメントを残す