お葬式の服を安く買う方法




*******************

【緊急告知】2022年11月25日~12月1日まで
Amazonで、年に一度の大バーゲン Amazonブラックフライデーが開催中です。

Fire タブレットも大幅値下げ中!

この機会にぜひ!

(1万円以上購入される方はポイントアップキャンペーンへの登録をお忘れなく)

*******************

「喪服 セール」「礼服 セール」で検索されている
少しでもお葬式の服(喪服・礼服)を安く買いたい方に向けて、記事を書きました。

結論

アパレル業界では6月末や年初には、どこもかしこもバーゲンセールですよね。

男女問わずブラックフォーマルに関しては、基本的にバーゲンセールのようにイベントとして「特定の期間」値下げして売られているということはありません

ただしバーゲンセールのようなイベントはないものの、さがせば年中どこかで、安売りされています。

現実的にはAmazonプライムを使って値引き商品を購入するのがベストです。

バーゲンが行われない理由

まずお葬式の服のバーゲンが行われない理由について、解説します。

デザインに流行がないから

バーゲンセールが行われない理由の1つめは
デザインに流行がない
からです。

アパレル業界には流行があり(そもそもfashionは流行という意味です)、流行遅れになった服が、バーゲンセールで売りに出されます。

お葬式という継承される伝統行事に着ていく服に、数年単位の流行はありません。
あくまで故人と遺族への礼節を重んじるという一定のルールでデザインされています。
最新の流行を、おしゃれに着こなしたいという衝動に駆られて買うものではありません。

よってバーゲンセールがありません。

事前に買っておく人が少ないから

仮にバーゲンセールがあったとしても、その時期にお葬式の服(喪服・礼服)を、事前に買っておく人は少ないでしょう。
お葬式の服は、誰かが亡くなってあわてて購入するものだからです。

マナーとして必要だから、ある意味仕方なく購入するものです。

そして一度買うと、体型の変化がない限りずっとしまっておいて、また誰かが亡くなったいう連絡を受けてから、あわてて引っ張り出されます。

明らかに体型が変わってしまっても、事前に購入はしません。やはり誰かが亡くったという連絡を受けて、「まずい、ウエストが入らない」とあわてて、買おうとします。

喪服をいつ買うかを決めるのは、あなたではなく、亡くなる人なのです。

そのためバーゲンセールがあったとしても、買いに来る人はほとんどいないでしょう。

いざというとき安く賢く買う方法

バーゲンセールがない替わりに、在庫量の調節のため、毎日どこかで値下げされたお葬式の服は売られています。

喪服を時間の制約の中で、どれだけコスパの高いものを買う方法をお教えします。
くわしくは↓こちらの記事に書いていますが、

急ぎで喪服や礼服が必要なときは・・・葬儀屋さんが教えます


要点をまとめると、以下の内容です。

男性の場合

店舗で購入

男性は店舗で買うなら、
ユニクロのブラックスーツ
がベストです。
予算が厳しい(1万円以下にしたい)なら
GUのブラックスーツ
です。

お葬式の服(礼服・喪服)はユニクロがおすすめ!

GUにお葬式の服(礼服・喪服)を買いにいってみた

スーツに関してバーゲンの値引きはありませんが、元からコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。
高いだけで品質の良くないものをバーゲンで買うよりずっとお得です。

ただし、時間の制約があります。

ユニクロのスーツはセミオーダーなので、サイズが合わないことはありませんが、受取まで3日以上かかります。
GUはどちらかといえば、スリム系のデザインで、サイズも限定的なので、いざ買いに行っても合わない可能性があります。

また紳士服量販店の店舗は、値段が割高です。
これまで述べてきたように、お葬式の服は必要になってから駆け込みで買いに来るので、お店側が強気の値付けができるからです。

ネットで購入

店舗行く時間がなかったり、明日お通夜という状況では
Amazon一択です。

Amazonは品揃えもさることなら、翌日に届くAmazonプライムやPrime Try Before You Buyなどの配送システムが優れているからです。

Amazonプライム会員なら
サイズ違いで複数注文した服が翌日届いて、サイズの合わない服だけ送料無料で返品できます。

女性の場合

現在女性のお葬式の装いはアンサンブル(ワンピース+ジャケット)が9割、パンツスーツが1割です。

店舗で購入

アンサンブルを店舗で安く買うなら
しまむらです。(残念ながらアンサンブルはユニクロにもGIにもありません)

しまむらで安いお葬式の服(喪服・礼服)を見つけました!2022年版

パンツスーツを購入するなら
ユニクロがコストパフォーマンスが高いです。
ただしセミオーダーなので3日以上かかるので、時間がないなら後で述べるようにAmazonでしょう。

男性と同じく紳士服量販店でも数多く扱っていますが、値段が割高です。

ネットで購入

アンサンブルを、時間が無い状況で購入するなら男性と同じく
Amazonです。

レンタルは割高です

男女ともにレンタルは割高なのでおすすめしません。

Amazonでの賢いお葬式の服の買い方

実は例外的にAmazonで喪服のバーゲンセールが行われています。

ビッグセールでも値下げはされるが、あえて狙う必要はない

Amazonでは7月頃にプライムデー、11月~12月にブラックフライデーという大規模なセールが行われます。
その際、ブラックフォーマルも一部値下げの対象になっています。

ただし、全てのアイテムのごく一部であり、値下げ幅も10%くらいが多く、最大20%くらいです。

もちろん、買える人はこの時期に買うのが良いでしょう。
しかし先ほど述べたように、誰かが亡くならないとなかなか購入しないケースが多いのと
日頃でもさがせば値下げ品が見つかるので、あえてバーゲンセール狙いをする必要はないでしょう。

値下げ品を探す方法

ではAmazonの商品から値下げ品を探す方法です。

女性の方なら検索欄に「ブラックフォーマル」、男性の方なら「ブラックスーツ」と入力してみてください。(←リンクをクリックすると、検索ワードを入れたAmazonのページに飛びます。)
お葬式の服が一覧で表示されるはずです。

その中には、以下の値引き表記がされているものがあるはずです。

値引きクーポン付き

○○%引き

タイムセール中

これらの商品は、その時、安く売られている「可能性」があります。

可能性と申し上げたのは、Amazonの商品は頻繁に値段が変更されるので、
今日の値引きクーポンで買うより、10日前に定価で買った方が安かったという状況もありえるからです。

過去の長期の値段変動を調べるには、ブラウザのクロームに
Keepa – Amazon Price Tracker
という拡張機能を追加すれば確認できます。

追加した後、Amazonでタイムセールで売られていた商品を調べたのが、下記の画像です。

下段のグラフが値段の変動です。

たしかに数日前から値引きされていますが、1ヶ月前の価格の方が安いです。

ただし、限られた時間で、サイズの合うお葬式の服を手に入れることをまずは優先する必要があるので
あんまり1~2千円の安さにこだわるのは意味がないと、個人的には思います。

日頃の相場としては、女性のアンサンブルなら1万円、男性のウールのスーツなら2万円であれば、安めの値段と言えるでしょう。

ある程度ITスキルがあって、最安値にこだわる方のみKeepaを試してみてください

紳士服サイトの値下げ品はおすすめしません

また紳士服量販店のサイトでも、同様に値引きされている商品を検索することが可能です。
洋服の青山 メンズ お葬式用
洋服の青山 レディース お葬式用

しかしAmazonと異なって、以下の欠点が致命的です。

  • 到着まで数日(3日ほど)かかる
  • 返品きかない。(返品がきかないのはバーゲン対象のためです。ジャケットを試着無しのサイズ表記だけで選ぶのは無理があります)
  • 元々店舗の高めの定価が基準なので、割引きされても安くない

そのため紳士服サイトの値下げ商品を購入するのは現実的ではありません。

やはりAmazonをオススメします。

以上、お葬式の服を安く買う方法でした。











コメントを残す