お葬式のポケットチーフは許されるか?




まれにお客様から、
お葬式のポケットチーフは許されるか?
と聞かれます。
あの上着の胸ポケットに指すハンカチのことですね。

ちなみに先日「MENs EX」という男性向けファッション誌を読んでいたら、お葬式にポケットチーフはダメと書かれていました。
日本のメンズファッション自体に、ポケットチーフがなじんでおらず、あえて葬儀の時にポケットチーフをさすと華美であるととらえられるからでしょう。

しかしプロトコル(マナーの世界基準)上はOKなのです。
洋装の歩く世界基準ことチャールズ皇太子が、ダイアナ妃の葬儀でポケットチーフを指していました。
ルール通り白のTVフォールド(四角に折ったもの)というさし方でした。

TVフォールド

一方、スリーピークス(ハンカチの角が三つの山になっているもの)やパフ(自然な山形)というさし方は華美なため、お葬式ではしません。

スリーピークス

判断が難しいのは世界基準に従うか、日本独自のマナー感覚に従うか、という点でしょう。

お葬式の服装は見た人がどう受け取るかが重要なので、どうしても日本独自のドレスコードが優先されるようです。
やっぱり、日本人にとってポケットチーフはまだなじみのあるものではありません。
結論としてはお葬式でのポケットチーフはやめておいた方が無難です。

同様のお葬式の服装の問題は他にもあります。

例えばモーニング。これは名前の通り昼間着る服なので、お通夜には着てはいけません。
しかし、内閣発足時の閣僚の記念撮影が夜に行われても、みんなモーニング着てますよね。
これも日本独自のドレスコードです。

また、本来日本人男性の最もフォーマルな葬儀の服装は
黒の紋付き袴
が正解なのです。
でも実際この格好でお葬式に参列したら、きっとまわりは、引いちゃいますよね。

以前、参列者の方ですごくナチュラルにポケットチーフを指している方がいました。
黒のスーツってサイズが合っているかどうかが、はっきりと分かってしまうのですが、ジャストサイズでした。
要するにナチュラルでカッコイイ。
来賓席に座られたので名簿を確認してみると、銀座にある有名なW(ここは百貨店といえばいいのでしょうか、建物は有名なのですが、入ったことがなくて)
の社員の方でした。

このレベルの方なら例外的にOKということなんでしょうが
一般の方の場合、ポケットチーフはあえてささない
のが無難かと思います。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください