子供のお葬式の服装を葬儀屋さんが教えます。




通夜葬儀に参列する際の子供の服装のマナーについて、葬儀屋さんが解説します。
幼稚園から高校生までくらいのお子さんを対象としています。

成人女性の服装についてはこちらの記事を
女性のお葬式の服装(喪服)について葬儀屋さんが解説します 

成人男性の服装についてはこちらの記事を
メンズのお葬式の服(礼服・喪服)はユニクロがおすすめ!
参考にしてください。

特に小学校に入る前の小さいお子さんがいらっしゃる方はこちらの記事も併せて読んでください。
子連れ参列マナーを葬儀屋さんが教えます 

子供の葬儀の服装の結論

結論から申し上げますと、子供にはそれほど厳密なドレスコードは求められません。
後で述べますが服装よりも振る舞いが大事です。
学校の制服があればそれでOKです。
なければできるだけ大人しい色の落ち着いた服装にしてください。

制服がある場合

男性

男性は黒の詰め襟紺のブレザーにグレーのパンツが多いです。
もちろんそれ以外の色や形状の制服であってもかまいません。
足下がスニーカーでも構いません。ただしあまりに蛍光色をたくさん使ったカラフルなものは避けた方が良いでしょう。
靴下は黒があれば良いですが、なければ白でもまったく問題ありません。

女性

女性はセーラー服やブレザーにスカートという組み合わせが多いようです。
学校によっては多少カラフルなデザインもあるようですが、ちゃんと制服と分かる服装であれば問題ありません。
制服の足下が黒ではなくて茶色のローファーなどでもかまいません。
 

制服が無い場合はユニクロが便利

ある程度アイテムに選択肢があるなら、男女問わず、
黒・白・グレー・紺などの落ち着いた色にしましょう。
ジャケット+シャツ+ズボンもしくはスカートという組み合わせが、あればベストです。
あまりにカジュアルすぎる格好(ジーンズにセーターなど)は避けた方が無難です。

こんな時にもユニクロが活躍。
子供向けのフォーマルウェアのコレクションがあります。
ユニクロ|子供服フォーマル|KIDS・子供服|公式オンラインストア(通販サイト)

服装よりも振る舞いが大事

お子さんの場合は、マナーとして服装よりも通夜葬儀の席でのふるまいが大事です。
赤ちゃんが泣いてしまうのは仕方ありませんが、小学校低学年で騒いでいるようでは問題ありです。
社会教育の意味で事前に、お葬式の目的と、葬儀の席では神妙に大人しくしていなければならないことを分からせるべきです。
何か障害などをお持ちで騒いでしまうリスクがある場合は、式場後方の席に座らせてもらうようにして、騒ぎ始めたら退席できるようにしておきましょう。

あと焼香などの作法の際は、お子さんも緊張します。
親御さんが耳元でささやきながらやさしくサポートしてあげてください。
焼香のマナーを葬儀屋さんが教えます











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください