会社説明会での出来事




先日葬儀で感動するな!という文章を書きました。
それに付随するエピソードを一つ。

数年前の会社説明会のとき、
入社希望者を前に何か話して欲しいと
会社から指示を受けたことがあります。

その役を命じられたのは私と、
私より10才ほど若い女性社員でした。
事前の打ち合わせの際、人事部のスタッフから
「印象深いお葬式のエピソードを話してください」
という指示がでました。

打ち合わせが終わった後、その女性社員が
「なんか、お葬式のエピソードをみんなの前でべらべらしゃべるのはイヤです」
とつぶやくように言いました。

その気持ちはよく分かります。

その担当にとって
自分のなかで本当に大切にしている」葬儀の話って、
そう人前で軽々しくべらべらしゃべれるものではないのです。

かつてお笑い放送作家の高田文夫氏は
「シリアス(なドラマの脚本家)はいいよな。
最後に(登場人物を)殺しちゃえばいいんだから」
といいました。

自分が担当した葬儀の話しで、
聞き手を上っ面で「感動させる」のは「簡単」なのです。

だからこそ安直にべらべらしゃべるべきではないと考えています。

遺族のことをべらべらしゃべることは、
自分が傍観者であるからできることです。
そして傍観者であることが申し訳ないという気持ちがあるなら、
安直にべらべら喋ることはできないはずです。

それが健全な葬儀屋の感覚だと思います。

これから就職活動で葬儀社をまわろうと思っている皆さんへ。
「その遺族見てたら泣けてきてねぇ-」
なんて得意げに会社説明会で話している先輩社員がいたら、
そいつはアホですからね(^^;)











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください