台湾の葬儀場カフェのニュースにツッコミを入れてみる




小ネタですがツィッターに収まらなかったので。
 
台湾で初めて葬儀場にカフェができたそうです。
ちなみに東京の火葬場にも喫茶スペースがありますから
そのこと自体は良いと思うのですが 
それを伝えるニュースがヘン。
コーヒー

特製コーヒーを提供し、悲しみに沈む遺族らの心を優しく温める。
誰がそんな上手いことを言えと・・・
遺族らに再出発へ向けてのエネルギーを養ってもらえれば
もしそんな効果があるなら、多分それコーヒーの中に何か入ってるって!
客が入ってきた際には「いらっしゃいませ」と言わず
態度悪いぞ
スタッフ同士のあいさつでも「さようなら」は使わない
スタッフ同士ならいいだろ!
親しい友人がいつもそこにいて、コーヒーに付き合ってくれているようだ
やっぱりコーヒーになんか入ってるって!
同店でしか飲めない特製コーヒー

ほら! 




8 件のコメント

  • 「檳樃入り」かも知れませんが、葬儀場は公営ですので恐らく「愛情入り」かと。
    檳樃はROCでは合法なアルカロイドであり、日本の脱法ハーブと同じ扱いです。

  • ROCを訪れる「日本人葬儀業界関係者」(男性)が必ず購入する物は、
    「オンナと檳樃」です。
    檳樃は若い女性が「ほぼ全裸に近い下着姿」で販売していますので。
    オジサンやオバサンから買うと安いのですが。
    政府としては国家の恥ですので台北等では「裸での檳樃売りは禁止」しました。

  • 私には葬儀場を”活性化”させる必要性が理解できません。
    遺族を癒すために活性化させる必要がある?

    話は変わりますが、先日久々に職場関係の通夜に参列しました。
    異動・退職で疎遠だった人達と再会し、一般葬も悪くないと感じました。
    その中に事務服のまま参列している女性社員がいて、通夜とはいえOKなんでしょうか。
    また、別の機会ですが、以前の記事を参考にさせて頂き、でんぽっぽを利用しました。
    いつも勉強させて頂いております。ありがとうございます。

  • これはかなり「おとなしい店」。
    基本的には、Tバックと布の小さなブラジャー姿。
    僅か数百円で「若い女性の裸と合法麻薬が買える」との合理性。
    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%AA%B3%E6%A8%83&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP630JP631&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=yVVZVaTwNobc8AWF44OwAw&ved=0CCwQsAQ&biw=1225&bih=613
    売り子は「歩合制」ですので、過激な姿が売り上げ直結であり「何でもあり」。
    ただし、檳樃は「発がん性が高い」ので知識層は絶対にやりません。

    全面規制の日本の食品よりも「はるかに危険」ですが、習慣なので。

  • はっちゃん
    >いつも勉強させて頂いております。
    いえいえ、いつもコメントありがとうございます(^_^)

  • コメントを残す