葬儀屋さんにも演劇を




葬儀と演劇の話です。

先日読んだ本はこれ。

コミュニケーション力を引き出す 平田オリザ
主旨を要約すると

 

「本当のコミュニケーション力とは
ジェネレーションギャップなど各人の違う価値観をすりあわせて、
プライオリティ(優先順位)をつける能力である。
その能力を実際に身につける方法は演劇(のワークショップ)が有効、というより演劇しかない。
またコミュニケーションを活発にするには
コミュニケーションデザイン(個々のコミュニケーション能力に頼るのではなく、コミュニケーションを行いやすい環境を作ること)
を行う必要がある。
コミュニケーションデザインにも演劇は有効である。

演劇を取り入れることで会社組織が変わる。 」

という感じでしょうか。

そういえば演劇部出身者って接客スキル高い気がする。

 

で、この本を読み終えて思い出したのがこれ。

『THEお葬式2(通夜・告別式篇)』演劇大好評!

これが報道されたときは
お芝居好きでお調子者の発案者のせいで、まわりのスタッフは迷惑してるんじゃ・・・
とひねくれ者の私は思っていました。
浅はかでした。

 

忙しい仕事のさなか、みんなが協力して
2回目の講演を行ったということは、なんらかの効果があったんでしょう。
できれば教えてください、中の人











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください