このブログの転載引用について




ここ数日盗作に関する記事を連投していますが
永江一石さんのブログにパクリ防止対策が載っていましたので

転載、引用について | More Access! More Fun!

使用させていただきました。
********************
引用について

このブログは、以下の条件のもと、引用を承諾します。
1 引用部分を「blockquoteタグ」で挟むこと
2 エントリーのタイトルを併記してリンクすること
3 引用部分が従であり、全体の2~3割程度に抑えること
  ※文化庁の見解による
転載について
まるまる転載するのは、事前承諾がない場合は許可しません。
無断転載の場合、原稿料として5万円を請求させていただきます。
文章を加筆しての転載は
著作権法違反のため、絶対に許可しません。

以上











4 件のコメント

  • 昨年は色々な人達にパクられました。
    葬儀業界のメディア関連著名人。
    有料で講習会をしている、専門家と称する人達。

    今年発覚したのは、国立医科大学附属病院と看護学部の先生達。
    こちらは資料や書籍から写真を興し(デジカメで撮影)、図表はスキャナーで読み込み
    8年間に渡り「有料講習会や講義」で使用していました。
    こちらから指摘をすると、「慌ててサイトを非公開にして、見れなくした」が謝罪等は
    なしで、「問題部分が見れなければ問題なし」との姿勢。

    大学の法務担当者と電話で話したが、「正式に文書で委細を指摘してくれれば、
    大学運営委員会と大学倫理委員会で話し合います」と、ハードルの高い話し。
    大学としては、「パクッタことを認めて、パクッタことを謝罪するのには、国立大学
    法人としては容易ではない」とのフザケタ回答です。

    今回も、北海道の大学と道民たちでした。

  • prof様
    大学関係者なら絶対ダメって分かっているはずなのに・・・
    せめて掲載許可と出典明記するっていう発想はないんですかね。

  • みんな博士や修士です。

    論文至上主義が起こした問題です。
    ましてや、写真や土俵のコピーなど「あり得ません」。
    この件には、大学や大学病院以外にも有名私立2病院が関与していましたが、
    何処からも謝罪はありません。

    実務経験もない者が「専門家」になり、立場的に「知らない、判らない、経験がない」
    にも関わらず、本を書く、講演をする、指導をする等を行うために、「盗用や盗作」を
    余儀なくされているのも事実であり、「時間を掛けて育てる環境ではない」のが
    最大の原因です。

    良い教師からは良い生徒が育ちますが、優秀な指導者や教育者が居ない環境では
    「実務をこなす労働者しか育ちません」(企業が求めるのは労働力なので問題はない)。
    成熟した産業や業種は、「人を育てることに重きをおきます」。
    一樹百穫です。(葬儀業界は余裕がないのか、急ぎすぎ)

  • prof様
    >一樹百穫です。(葬儀業界は余裕がないのか、急ぎすぎ)
    どんどん枯らしてますね(T_T)

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください