「お葬式」は結婚式よりむしろ「税金」に近い




消費者にとってお葬式は結婚式より税金に近い
という説をとなえたいとおもいます。
理由は以下の通り

コスト構成がブラックボックス

例えば、セット価格とかいって、
葬儀費用の商品構成が全く分からない葬儀社もたくさんいますよね。
また売り手(葬儀社)と買い手(遺族)の情報格差が大きいので、
葬儀費用のうちわけを説明されてもよく分からないと感じる方も多いのではないでしょうか。

税金も徴収されたお金が具体的に何に使われているかよく分からないですよね。

支払い金額を自由に選べない

葬儀費用には変動費の部分がけっこうあります。
例えばお料理やお返しものの費用は参列者の人数に比例しますよね。
またたくさんの参列者が来そうだと大きい式場を借りなければならなかったりします。
お葬式を行うことを一般に告知してしまうと、遺族側で参列者の人数をコントロールするのはたいへん難しい。
完全な密葬や直葬にするなら別ですが、あなたは来て、あなたは来ないで
といように区別するのは困難です。
一部に漏らした時点で全体に情報が行き渡ってしまいます。
先ほど密葬や直葬にするなら別、と申し上げましたが社会的なつきあいが広い場合は、
密葬や直葬で済ませるというわけにはいかない場合も多いのです。

こうなると葬儀費用の変動費の部分を自分ではコントロールできません。

税金も、直接税の比率を高めている構造上、
基本的に収入に応じて課税されるので、多少の節税を行っても自分ではコントロールできませんよね。

支払うタイミングを支払い手が決められない

当然のことながら、お葬式は身内の方が亡くなったときにとりおこないます。

つまり自分でタイミングを決められない。

税金もサラリーマンの場合、源泉徴収で事前に引かれてしまいますし、
自営業の方でも自分の都合で支払いを先送りすることはできませんよね。

消費者の方は
結婚式費用は商品を購入した対価であるが、
葬儀費用は税金と同じ家計の「損失」

と感じているのではないでしょうか?

つまり・・・
「お葬式」は結婚式よりむしろ「税金」に近い

国民が税金に期待するのは
「たくさん払うからより良い公共サービスを」ではなく
「とにかく安く」ではないでしょうか。

てことは、消費者が葬儀社に期待することって・・・
(T_T)











6 件のコメント

  • いつも興味深く拝見しております。
    ひとつご意見申し上げます。
    貴殿のブログ内に、某葬儀社員の文章に似通った内容をお見受けすることがございます。
    もし参考にされているのであれば、出典を明記する必要があるのではないでしょうか。
    偶然の一致か、あるいは貴殿と同一人物なのかも知れませんが、トラブル防止のためにもご検討下さい。

  • 都内葬儀社員様、ご指摘ありがとうございます。
    実は件の文章の書き手とは友人です。
    数年程前に出会い、葬儀に対する考え方に共通するものがあり意気投合しました。
    文章の内容に関して、あまり読まれていない状態なので使ってもらって構わないという申し出が本人からあり、このブログ内で一部使わせてもらってます。
    もし万が一、都内葬儀社員様が彼の知り合いでしたら、本人に確認していただければ、私の申し上げていることが本当であることがお分かりいただけると思います。
    ただ、今回都内葬儀社員様がおしゃられていることはもっともだと思います。
    該当するところは削除、補足する形で対応したいと思います。
    ありがとうございました。
    また今後ともこのブログをお読みいただければと思います。

  • 丁寧なご回答 ありがとうございます。
    事情は了解致しました。
    CS、ESの向上を目指して、今後とも同業者に様々な問題提起をして下さいませ。
    そして、後進のためにも書籍化を期待します。

  • 都内葬儀社員様
    ありがとうございます。
    がんばりますので、今後ともご意見をお聞かせいただければと思います。
    それから、件の「彼」から連絡がありまして、6/12の都内葬儀社員様のコメント内の、彼を特定できる情報の部分を編集してほしいとの依頼がありました。
    どうも社外に知り合いがいるということが、社内的な立場として好ましくないようです。
    勝手を申し上げて大変恐縮なのですが、私の方で編集させていただいてもよろしいでしょうか?

  • いつもご回答ありがとうございます。

    コメント編集の件ですが。

    お二人が危惧される理由はいまいち分からないです。他社に友人が居ることなど、ありふれたことです。私にもたくさんおります。上司にもたくさんおります。社外秘を見せ合うようなことはしませんが。と言っても、もともと大した社外秘なんか無い業界ですが(苦笑)。

    という疑問なのですが、まあ必要とあらばご自由に編集して頂いて構いません。

  • 都内葬儀社員様、度々コメントありがとうございます。
    都内葬儀社員様さんがおっしゃることは、よく分かります。
    知ろうと思えば、他社の施行件数やら人事やら簡単に情報が入ってくる業界ですからね。
    ただ彼のところは、いろいろ厳しいらしいのです。
    一応私の大切なブレーンなので(^^;)
    お言葉に甘えさせていただきました。
    今回の件、大変無礼であることは重々承知しております。
    失礼いたしました。
    また承諾いただきありがとうございました。
    今回の件に懲りずにまたご意見をお聞かせいただければと思います。
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください