市場原理、で思い出すこと




最近又、ぽつぽつどこそこの料理屋さんが潰れたとか
どこそこの返礼品屋さんが潰れたとかいう話を聞きます。

私が葬儀屋さん3年目のことだったと思います。
ある取引先の返礼品屋さんの訪問を受けました。
社長さんと若い(といっても私より年上)社員の方でした。
その時は上席の人間がまったくおらず、
というか挨拶なら本社に行くべきで、一営業所を訪問するというのが
そもそもおかしいのですが、
やむを得ず私が応対することになりました。
対談

話の内容はつまり「ウチの商品をお願いします」ということ。
とはいえ、この会社はいくつかある取引先の一つで
遺族との打合せでは、迷っている場合にはアドバイスしますが
担当者の嗜好を押しつけたり、特定の商品に誘導したりはしないので
正直お願いされても困る、という気持ちでした。
それにどう見たって大学出たてでございます、っていう社員に
そんなに必死に土下座しかねない勢いで頭を下げるっていうのは
労力の使い方を間違えてはいまいか、とその時は思ったのです。

それから2ヶ月後、その会社が潰れたことを聞きました。

こんな若造に頭を下げるしかなかった彼らの気持ちを思うと
今でも胸が痛む、
という表現を使うのは現在の私の年齢を考えるとナイーブすぎますが、
ちょっと苦い感情が今でも残っています。

葬儀の規模が縮小化している以上、
参列者数の影響を受ける産業が衰退するのは当たり前であり
市場からの退場は需給バランスの当然の帰結、
と頭では分かっていながら
それで全て良し、と思えないのは
このときのことが思い浮かぶから。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください