まだまだ「考える葬儀屋さんのブログ」は続きます




先日イチロー選手が大リーグ通算3000本安打を達成したとき、始めて新聞の号外というやつを街頭で受け取りました。
その後帰宅してから、あれ、今まで自分はブログ記事を何本くらい書いたっけと思って調べてみると、1000記事を少し越えたところでした。
他分野のブログと比較するとこの本数は、それほど多い数字ではありません。
ただブログを始めたころは葬儀ネタ限定でそんなに書くことができるとは思っていなかったので、そのころの自分が今の状況を知ったら驚くかもしれませんね。
ぺん

個人的にホッとしているのは、まだネタ切れ感が無いところです。
この数年ずっと業界の環境変化が激しいので素材はいっぱいあります。これからもしばらくはこの変化は続くでしょう。 ツッこんでやりたい誤った情報も続々と垂れ流されていますし。

それから一方で過去の古典を漁って宗教や人類学の見地からの王道のアプローチもできるでしょう。あとはインプットとアウトプットの時間をどう捻出するかという問題だけです。本当は毎日1本ペースで書きたいんですが。
こうしてみると葬儀ブログっていいカテゴリーだと思います。

ちなみに記念すべき1000本目の記事はこれだった・・・

今年のフューネラルビジネスはここを見ろ!
 

因果応報というか、まぁ、その、あれだな。
私にとっては通過点だからさ、全然気にしてないよ。いや、ホントに。気にしてないからさ。
 
気持ちを切り替えて2000本目の記事の時は、万人をうならせるような文章を・・・って多分その時も忘れていてふざけた記事を書いちゃうんだろうなぁ。











4 件のコメント

  • 初めて送る弔電の書き方に困ってたまたま検索でたどり着いて以来、ずっと拝見させていただいたいます。
    素人目線でもなるほどと納得してしまう事が多く、大変ためになります。
    マナーデザイナーの語る怪しい葬儀マナーとか、このブログを読んでなければ絶対に騙されてましたよ。

    ブログで1000記事って本当に凄いことですよね…今後とも(無理のない範囲で)頑張って下さい。

  • かなどん 様
    こんなコメントをいただけたときが、ブログ書いてて良かったと思う瞬間です。
    本当にありがとうございます。

  • お~コメントの葬儀マナー本の嘘くささ認知に貢献してるのはすばらしいですね。2000本目はエロがどうとかそんな記事ですよきっと。

  • かかし様
    >葬儀マナー本の嘘くささ認知に貢献してるのはすばらしいですね
    ありがとうございます。今後もがんばります。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください