葬儀屋さんのセブンイレブンの使い方




自分の営業エリアは東京都下なんですが、
基本的に依頼を受ければどこにでも行きます。
例えば、神奈川・埼玉・千葉など。

そんなとき困ってしまうのが、打合せの時、お客様から
忌中紙が欲しい
・(式場を記載するなど)カスタマイズした訃報通知がほしい
などという御要望のあるケースです。

印刷するためにいちいち会社にはもどれません。
お客様がネットに接続済みのPCとプリンターをお持ちなら、
会社の事務所でデータを作成してもらって
先方のメールアドレスに送るだけなのですが、
お客様はお年を召した方が多いので、お持ちでないことが多い。
常時こちらがPCと携帯プリンターを持ち歩いていれば良いのですが、
セキュリティやメンテナンス的に難しい。

セブンイレブン

そんなとき活躍するのがセブンイレブンのこのサービス

会社の事務所からデータをアップロードしてもらい
自分は御喪家宅の近くのセブンイレブンに行って
データを暗証番号で引き出す。つまり
セブンイレブンに置いてある複合機を
会社のプリンターのように使うことができます。

いくら暗号化されているとはいえ、
(公開の承諾を得ていない)個人情報が入ったデータはアップロードすべきではないと思いますが、
それ以外のケースなら結構、役立ちますよ。











2 件のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください