東京にいながらイスラム世界を訪れる方法




日本のお葬式の8割以上が仏式なのですが、長く葬儀屋さんをやっていると
新宗教を始めいろんな宗教のお葬式に出会います。

ただ私自身全く体験したことがないのがイスラム教。

中東に関するニュースで断片的には知っているものの
世界三大宗教にもかかわらず、
意外と体験情報はお持ち出ない方がほとんどだと思います。

そんな方におすすめのスポットがこちら。

東京ジャーミィ
64df1668.jpg
(リンク先より転載)

トルコ共和国のモスク(イスラム教の礼拝堂)で、
東京の葬儀屋さんならみなさん御存じの代々幡斎場の近くにあります。

日本人にとってイスラム教徒はみんな厳格に見えてしまうかもしれませんが
仏教徒もお国柄があるように、トルコの方はかなりフレンドリー。
元々エルトゥールル号遭難事件以降、有数の親日国らしいです。

金曜の午後はモスク内で集団礼拝が行われるのですが、
外からのぞいていると
「中に入って、入って」とみんな声をかけてくれます。
(女性の方はスカーフを頭に巻かないといけないのですが、
それも用意されています)

モスクの中に入ると、自分が東京にいることを一瞬忘れてしまいます。
モスクの中は美しく、
厳粛(げんしゅく)で静謐(せいひつ)な空気で満たされています。

一階の事務所では
イスラムの儀式をまとめたムック(イスラム教の葬儀の手順ものってます)
とか、民族音楽のCD、グッズなどが販売されています。
トイレの設備も、お祈りの前に体を清めるために足洗い場があるなど、ちょっと変わってます。

ここにきてイスラム教の本に目を通し彼らと話せば、
彼らが信心深く、おだやかな人々であることがわかると思います。
(もちろんそれで全て分かったつもりになるのは危険ですが、
少なくともアメリカが一方的にまき散らすプロパガンダに毒された心に
バランス感覚を取り戻してくれます。)

ラマダンのような禁欲的行為も、
「満ち足りて礼節を知る」日本人には理解しやすいかも。

是非お立ち寄り下さい!











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください