「衷心」の意味と正しい使い方




お葬式の時に使われる言葉に
「衷心」というものがあります。

 

衷心の読み方は「ちゅうしん」です。

 

衷には「真ん中」という意味がありますから
衷心は、心の底から、
という意味になります。

 

もっとも一般的な使い方は
「衷心より哀悼の意を表します」
という用法でしょう。
「心の底から亡くなった方のことを思うと悲しくて心を痛めています」
という意味になります。
衷心を文頭に付けることで
お悔やみの言葉の意味を強める働きをします。

 

注意点としては
「衷心」
基本的に弔電の中で使われる言葉です。
使うと失礼というわけではないのですが
遺族の方との会話の中で使用すると意味が伝わりづらく、不適切なのでご注意ください。