葬儀の挨拶




今回は葬儀の挨拶のアドバイスです。
 
お葬式の際、遺族の方が、会葬者に対して挨拶をするケースが多いと思います。

私は自分の身内が亡くなったとき遺族代表の挨拶をやったことがあります。
やってみると分かりますが、あれは大変です。
精神的にも不安定で疲れていますし、人前でしゃべらなくてはなりません

マイク
 
アドバイスとしては

1必ずしも喪主がする必要は無い
挨拶をしなければいけないと思って精神的負担がかかるようなら
家族や親戚にお願いしましょう。
挨拶が気になって、最後のお別れが心残りになってはいけないと思います。
全く挨拶をしないことに抵抗があるなら、
二言三言、会葬のお礼だけでも述べてから、
別の人に挨拶を引き継いでもらっても良いと思います。
 
2原稿を用意する
挨拶の内容を失念したらどうしようと思っている人は、
原稿を読み上げてもかまいません。
そもそも弔辞だって原稿を読む方のほうが多いのですから。
原稿を持っていればずっと読まなくても、お守りとしての安心を与えてくれるでしょう。

文例はインターネット上に出回っていますが、
紋切り型の言葉(ご指導ご鞭撻のほどを、など)は極力使わず
自分の言葉で伝えた方が聞き手の印象は良いと思います。
 
3うまく話そうとしない
私の場合、過去の遺族の方の挨拶を思い返してみて、
心に残っているのはむしろたどたどしい挨拶です。

立て板に水の流暢なしゃべり方は、
そのときはうまいなぁと思うのですが、
翌日になると内容が思い出せないことも多いのです。

うまさと印象度を両立させていた方は、自分の経験ではお二人ぐらいです。
一人は有名な俳優の方で、もう一人は落語家の方でした。
特に間の取り方が普通の人にはまねできないな、と感じたのを覚えています。

逆に言えばしゃべりのプロでなければ、うまさと印象度を両立できないのです。
だからたどたどしくても良いので、
伝えたいことだけを絞って、しっかり伝えるのがよいのではないかと思います。
 
あと私が聞いた印象に残る挨拶としては、
最初ガチガチのお手本通りの紋切り型の挨拶を行い、
「最期にちょっと言わせてください」
と自分だけの故人との思い出を、
砕けた口調で語った方がいました。
あれも良かったですね。
  
以下は葬儀屋さん向けです。
私はマイクの前に遺族を誘導する際
「挨拶のご紹介をしますけどよろしいですか。時間はゆっくりありますから(←時間が押していてもこう言う)」
とささやいてから、マイクのスイッチをオンします。
また声量やマイクの立ち位置で聞き取りづらいときもあるので、
アンプのボリューム調整用のスタッフは必須です。











2 件のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください