「哀惜」の意味と正しい使い方




お葬式の時に使われる言葉に
「哀惜」というものがあります。

哀惜は「あいせき」と読みます。

哀はかなしい
惜 はおしい、失いたくない、
という意味です。

よって哀惜とは
故人のことを
いなくなってしまってかなしく思う
という意味です。

もっとも一般的な使い方は
「哀惜の念に堪えません」
という用法でしょう。
悲しくて残念な気持ちが大きすぎて堪えられない(それくらい悲しい)
という意味です。

注意点としては
「哀惜の念に堪えません」
は基本的に弔電の中で使われる言葉です。
遺族の方との会話の中で使用すると違和感がありますので
ご注意ください。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください