葬儀屋は敗戦処理のピッチャーである




葬儀屋って敗戦処理のピッチャーみたいって思うことが
あります。
 
遺族にとって大切な人はもう亡くなっているのだから、
どうがんばっても完全な敗北です。
奇跡は起きない。
 
それを分かっていながら、
がんばる。

160キロのストレートを投げようとする。
 
それが自分の考える葬儀屋のカッコ良さです。











コメントを残す