弔電の例文と読み方




弔電の例文と、例文の読み方を調べている方が意外に多いようなので、一覧にしてみました。
実際に弔電をお送りになりたい方はこちらの記事(弔電の安くておすすめな送り方を葬儀屋さんが教えます)を参考にしてください。
効果的な弔文(ちょうぶん、弔電の文章)の書き方を解説しています。

弔電の例文と、例文の読み方一覧

  • ご生前のご功績(こうせき)を偲び、心からご冥福(めいふく)をお祈りいたします。
  • ご生前のご厚情(こうじょう)に深く感謝(かんしゃ)するとともに、故人(こじん)のご功績(こうせき)を偲び、謹(つつ)んで哀悼(あいとう)の意(い)を表します。
  • ご逝去(せいきょ)の報(ほう)に接(せっ)し、心からお悔(く)やみ申(もう)しあげます。
  • いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
  • 御令室(ごれいしつ)様のご逝去(せいきょ)を悼(いた)み、謹(つつし)んでお悔(く)やみ申しあげます。
  • 御岳父(ごがくふ)様のご逝去(せいきょ)を悼み、ご冥福(めいふく)をお祈りいたします。
  • 御尊父(ごそんぷ)様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
  • 突然の悲報に接し、驚いております。残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥(はる)かな地よりご冥福をお祈りいたします。
  • 御岳母(ごがくぼ)様の突然の悲報に接し、呆然自失(ぼうぜんじしつ)のありさまです。お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。今はただ、ご冥福を祈るのみです。
  • ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。
  • 悲報(ひぼう)に驚(おどろ)いています。ご遺族(いぞく)皆様のお気持ちを思うと胸が痛みます。心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。
  • 御母堂(ごぼどう)様のご急逝を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。まだ信じられない気持ちです。心よりご冥福をお祈りいたします。
  • 御令婿(ごれいせい)様のご逝去(せいきょ)の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。ご生前をお偲(しの)びし、悲しみにたえません。遥(はる)かな地(ち)よりご冥福をお祈りいたします。
  • 御令嬢(ごれいじょう)様のご訃報(ふほう)に接(せっ)し、お悲(かな)しみをお察(さっ)し申しあげますとともに衷心(ちゅうしん)より哀悼(あいとう)の意(い)を表(ひょう)します。
  • 御尊父(ごそんぷ)様の突然(とつぜん)のご逝去(せいきょ)の報(ほう)に接し、お慰(なぐ)めするすべもごさいません。衷心(ちゅうしん)より哀悼(あいとう)の意(い)を表(ひょう)します。
  • 突然の悲報(ひほう)に接し、おどろいております。謹(つつ)んでご冥福(めいふく)をお祈りいたします。
  • 突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。在(あ)りし日を偲び、心よりご冥福(めいふく)をお祈りいたします。
  • ご逝去の報に接し、心から哀悼(あいとう)の意(い)を捧(ささ)げます。
  • 悲報(ひほう)に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福(めいふく)をお祈りいたします。
  • ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。ご生前の功績に深謝(しんしゃ)するとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
  • 在(あ)りし日のお姿を偲(しの)び、心からご冥福をお祈りいたします。
  • ご訃報(ふほう)に接し、心から哀悼(あいとう)の意(い)を表(ひょう)します。安らかにご永眠(えいみん)されますようお祈(いの)りいたします。
  • あまりに突然のご逝去(せいきょ)、お慰(なぐ)めの言葉もございません。ただ、ご冥福(めいふく)をお祈りするばかりです。
  • 悲報(ひほう)に接し、心からお悔やみ申しあげます。お力落(ちからお)としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。
  • 御主人(ごしゅじん)様の突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみはいかばかりかと拝察(はいさつ)いたします。お別れもできなくて、残念です。故人のご冥福をお祈りいたします。
  • 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。お別れもできなくて、残念です。故人のご冥福をお祈りいたします。
  • ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。ご尊父様には、幾多(いくた)のご厚情(こうじょう)をうけながら、ご恩返(おんがえ)しをすることもできず、痛惜(つうせき)の念(ねん)もひとしおです。ご冥福をお祈りいたします。
  • ご逝去に深く哀悼の意を表します。ご冥福をお祈りいたします。
  • お悲しみに対し拝趨(はいすう)すべきところ弔問(ちょうもん)かなわぬ非礼(ひれい)をおわびいたします。謹んで哀悼の意を表します。

最後にお分かりかと思いますが、弔電の読み方は「ちょうでん」です。お悔(く)やみ電報(でんぽう)とも呼ばれます。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください