ビジネス用の消せる3色ボールペンをお探しの方に




パイロットの消せるボールペン、フリクションボールを愛用している方は多いですよね。
私も発売直後に、「何、これ?すごい。」と即座に購入してずっと使っています。
予定の変更とか、アイディア出しのメモなど、一度書いたものが消せる機能が大活躍です。(葬儀屋さんて急な予定変更が入りやすいので)

ただ私、ボールペンはいつも3色ボールペンを使うことにしています。

例えば手帳の予定欄なら、地の文は黒・外部とのアポイントメントは赤・社内行事は青、というように
メモ書きなら、地の文は黒・注意事項は赤・アイディア系は青、というように
使い分けています。

明治大学教授の齋籐孝氏が手元に3色ボールペンがないと不安になると言っていましたが、その気持ちわかります。

フリクションボールの三色タイプの致命的な欠陥

そこでフリクションボールの三色タイプを使い出したのですが、致命的な欠点が二つあります。

それは
クリップ部分がすぐに壊れることと
ビジネスで使うにはデザインが安っぽいことです。

クリップ部分がすぐに壊れる

クリップ部分は接着式ではなくバネを組み込んだ可動式になっています.
そのため手帳に挟んでいたり内ポケットに挟んでいたりするとすぐに壊れてしまいます。

↑左の2本が壊れてしまったやつです。
ちなみに他の高級なフリクションシリーズはクリップが一体型の金属製なので壊れづらくなっています。

ビジネスで使うにはデザインが安っぽい

フリクションも2色までなら、フリクションビズという金属製のボディの高級感あふれるタイプがあります。

しかしこれが3色以上の「高級」タイプになると・・・
構造上ボディが太くてデザインが野暮ったくなるのは仕方がないと我慢しましょう。
しかしボディがプラスチック製の安っぽい素材のしかないのはいかがなものでしょうか。
一応ビジネス向けと銘打っているシリーズもありますが実物を見るとがっかりするくらい安っぽいです。

↑グリップ部分が木のタイプ。でもボディがプラスチックでは・・・


↑グラデーション塗装というやつ。昔のヤンキーの車の塗装のようでますます安っぽいという・・・

私は契約書の締結などちゃんとした場では、ダンヒルのボールペンを使っています。
そのレベルを望んでいるわけではありませんが、もう少しなんとかならんものかと。

他にないか探してみた

そこで他に何か良い商品、もしくはうまい方法はないか探してみることにしました。

CDTというデザインチームの別注モデルを購入してみました。
色は深緑です。
この色味自体は嫌いではありませんが
しかしやはりボディがプラスチックで安っぽいことには変わりありません。
先端部分はアルミになっていますが、これもちょっと安っぽいです。

次にクリップの部分だけを、アルミのパーツに差し替えるという商品もあります。
確かに若干高級感は増しますが、これもクリップ以外の部分は従来のプラスチックのままなので、やはりこれもビジネスに使うとしては今ひとつです。

次に考えたのは前述した金属ボディのフリクションビズの二本持ちです。
現在発売されている金属ボディのフリクションビズでは黒と赤の2色が限界なので、リフィル(替え芯)を交換して、黒を青に変えます。
つまり自分でカスタマイズを行って赤と青の2色タイプのフリクションビズを作るのです。
そしてさらにもう一本単色の黒のフリクションビズを持つという方法です。

ただやっぱりこれは不便です。
ジャケットを替えるときに内ポケットから二本ごと移し替えるのはムリだろうと断念しました。

三菱鉛筆から新商品 ユニボールが登場

やっぱりこの壊れやすい野暮ったい3色フリクションボールを持ち歩くしかないのかとあきらめかけていたところ、三菱鉛筆から2018年末に同様の商品が出ていることを発見。
早速手に入れました。

この三菱鉛筆 消せる3色ボールペン ユニボールRE3 0.5 が
フリクションボールより優れているところは

  • フリクションボールよりもボディが細いのでスマート
  • やや光沢のあるプラスチックなのでフリクションに比べれば少しだけ素材感が良い
  • クリップが接着型なので壊れにくい

ユニボールがフリクションボールより劣っているのは

  • ペンの色を変える時に2アクション多い

ことです。

フリクションボールは上部の色のついたレバーを下げるとワンアクション(前のペン先が引っ込むと同時に新しいペン先が出る)でペンの色が切り替わります。

ユニボールは

  1. ペン上部のボタンを押してペン先を引っ込める
  2. ボディを回転させて色を変える。
  3. もう一度ペン上部のボタンを押す

これが面倒くさいです。

最近慣れてきましたが。
ただこの機構にしていることでペン上部がすっきりしてボディ細くなって、デザイン的に良くなっているというメリットがあります。

あと現状最大の不満はボディ側面に貼られているこの細かい文字が、外せないことです。
どうもシールではなく一体化しているようです。
ここを改良してもらえれば、諸手を挙げて歓迎なのですが。

このように完璧では無いのですが、総合的に判断して今はユニボールを使用しています。

またより良い新製品が発売されましたら、お知らせいたします。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください