頂戴するメールへの御礼とおわび




たまにこのブログがきっかけで、私宛にメールをいただくことがあります。

うれしいです。
ありがとうございます。

まれにですが私に葬儀の担当をお願いしたい
という事前の御相談をいただくことがあります。
本当にありがたいと思っています。

でも、今はお断りしています。

予想していなかったので初めてそんな依頼をいただいたときは、
エッ、て思いました。
それから結論を出すまで本当に悩みました。
なにしろ、せっかく御指名いただいているのに断るなんて、
葬儀屋さんの感覚では(というより客商売をやっている人なら)
ちょっとあり得ないことなので。

このブログは
自分の所属組織とは無関係に
しがらみから解放されて自分が書きたいことを自由に書く
というのが基本姿勢の一つです。
(もちろん節度ある範囲でです。
たまにやり過ぎたかなと反省するときもありますが・・・)

にもかかわらず、これが商売にダイレクトにつながりだすと、
私は人並みに欲のある人間ですから、
きっとポジショントーク(自分の立場が有利になるような話をすること)を
始めてしまう、と思うのです。

それを恐れて、今は断腸の思いで葬儀の御依頼はお断りしています。

その代わり、
どの葬儀屋さんを選べばよいか分からない
という消費者の方のサポートを、ブログの記事を書くことでできれば・・・
と思っています。











2 件のコメント

  • そのポリシーは正しく、これを貫いて下さい。

    葬儀社や葬儀関係者のHPやBlogは羊頭狗肉、我田引水の
    物ばかりで、重要な営業ツール化となってしまいました。
    そのために嘘が多くなり、情報としては全く使えなく成っていたために、商業・利益分離のHPやBlogは無いのかと考えていました。

    私自身も教育者、研究者としてあらゆる分野や人達、メディアに接していますが、「真実を伝える人、真実を伝えるメディアはもはや存在しない」と考えており、これらの原因の殆どが商売や利益を優先したためです。
    メディアではでは発せられないことが、このBlogでは発せられると思います。

    多くの葬儀系Blogも出版を意識して作り話を並べていますが、皆が望んでいるのは作り話ではなく、作られた情報に対する考え方(特に逆の考え方)、正誤だと思います。

  • prof 様、コメントありがとうございます。

    > そのポリシーは正しく、これを貫いて下さい。
    ありがとうございます。
    勇気づけられました。
    ただ、自分自身の意志の弱さが心配です(^^;)

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください