今月の「日経おとなのOFF」は感慨深い




書評ネタが続いてしまって恐縮なのですが
今月号の「日経おとなのOFF」を本屋で見つけてしまったので。

例の葬儀相談員
全国の変わった葬儀の風習みたいな記事を書いています。
おそらく以前の著作からの引用だと思うのですが
このやり方は正しいですね。
毒にも薬にもならない内容だし、
間違っているかどうか誰も知らないし、
その結果、当然、誰もツッこまないので。

さて今回そんな話はどうでもよくて本題に入りますと・・・

斎藤美奈子氏が「実録 男性誌探訪」で指摘したように
かつて「日経おとなのOFF」は
「愛人を持つ中高年男性のための雑誌」
でした。

だいたいねー、
露天風呂付きの離れの個室のある箱根の高級旅館
の情報なんて、
どう考えても愛人のためでしょ。

おまけに表紙はいつも和服を着た20代の女優で
インタビュー記事で
「包容力のある年上の男性がタイプです」
と言わせたりするわけですよ。

あー、なんて薄汚い!

(というか、俺、何でこんなに詳しいんだろう(^^;))

それが今や、特集に「臨終」の文字が。

中高年男性向けの雑誌の中では一番遠いところにいると思ってたんですが、
今や読者の需要がそっちにあるのかと。

葬儀の情報が広く伝わる機会が増えるのは良いことなんですが
「日経おとなのOFF」、おまえもか。

ちょっと複雑ですね。











10 件のコメント

  • 《「日経おとなのOFF」は
    「愛人を持つ中高年男性のための雑誌」
    でした。》

    ・・。

    やはりそうでしたか。
    だって毎号、誰が行くの?ここへ?みたいな記事なんですから。

    だから今回の本のタイトル特集見て
    「え?」・・と(@_@)?思っていたのです。

    愛人を持っている方々も
    必ず「通る道」ですものね。

  • ネタ違いですが。
    8日19時より、NTV系でご遺体関連の番組があり、世界最古のエンバーミング遺体が出ます。
    エジプトも古いのですが、臓器の摘出と乾燥をさせた「干物」ですが、長沙のご遺体は「湿物」で乾燥をさせていません。
    薬品も現在の医学分野で使用している物であり、かなり大がかりな方法で作りました。

    始皇帝は水銀と朱でエンバーミングしてありますが、馬王系はアルコール等の有機物ベースです。
    墓自体を博物館にしてご遺体も無料で見ることが出来ますが、日本人が見に来ることはほとんどありません。(興味のない人にはつまらないと思う)
    北京では毛沢東のご遺体も無料で見れます。

  • つれづれ思う 様、コメントありがとうございます。
    不謹慎で恐縮なのですが
    腹上死に関する記事が載っていたら
    さすが、日経おとなのOFF!
    と思ったと思うのですが・・・
    (なにが、さすが、なんだか)

  • prof 様、
    > 北京では毛沢東のご遺体も無料で見れます。
    たしか無理矢理つたない技術でやっちゃったという話を聞いたことがあるのですが・・

  • 物理教師さんは愛人モノに詳しい…φ(.. )メモメモ
    書店で探してみましたが見つかりませんでした。残念!

    profさんがせっかく予告してくださったのに、今日は出かけていて番組も見れませんでした。これまた残念!
    始皇帝のエンバーミングとか一度は見てみたいですね~

  • 毛沢東の処置は誰も方法を知らずに、ソ連の方法を模索して行いましたが、今の考えから見れば「問題のある処置でした」。

    日テレの番組は、中国部分では全体で6割が事実と異なり(長沙部分で2割、上海では8割)、イタリア部分で2割程度が事実と異なると思います。
    テレビとしては「視聴率が重要であり、事実では面白くない」と考えたのでしょう。
    ただし、かなり「悪質なねつ造部分」もあり、製作会社が作り、日テレもチェックはしていないのでしょうが、大学としても問題な部分がありました。
    少なくとも、中国部分では「現地に行っていない」と思われる部分が多く、アメリカの番組版権を買って面白可笑しく加工をしたのでしょう。

    始皇帝に関しては、陵墓内に有機水銀を多量に注入しており、危険なために未だに発掘を出来ません。
    発掘により、有毒ガスが周辺地域に拡散する可能性が高いと考えられています。

  • 日記が、、、おもしろすぎ(*´∀`*)です☆彡

    愛人モノ、なんですねー。フムフム。

    それでいて、読者のニーズ、が「葬」に関することなのも、確かに意外ですね。

    葬儀相談員さんのリンク、読みました。

    そぅだったのか・・・(;´Д`)

    それからprofさま、初めまして。いつもコメントからいろんな勉強をさせていただいておりますが、今回もとても参考になりました。

    この場をお借りして感謝申し上げます♥

  • 高見 さん、
    葬儀屋さんの勤務体系をこなしつつ、
    外に愛人を囲う生活、っていうのが想像できないんですが・・・
    「うちの会社、泊まりが一月に20日あるんだよね」
    って奥さんにウソをつくとか(^_^;)

  • prof 様、
    >テレビとしては「視聴率が重要であり、事実では面白くない」と考えたのでしょう。
    予想通りというか相変わらずですね(>_<)

  • さくら777♪ さん、いい感じでお忙しそうですね(^_^)
    >そぅだったのか・・・
    以前の対談の時は、予断と余計なプレッシャーを与えてはいけないと思いまして
    何も申し上げませんでした。

    悪い葬儀屋さんが多いほうが商売になる彼女と、葬儀業界全体の向上を願う私では、
    立ち位置が異なっているのでしょうね。
    とはいえ、誰かに迷惑をかける誤った情報を発信したなら、
    誰かが言ってあげないといけないと思いますし。
    まぁ、そんな細かいことはおいといて今後ともお付き合いいただければと思います。
    (^_^)

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください