「小さなお葬式」の問題記事




過去に書いた「小さなお葬式」に関する記事をまとめてみました。
「小さなお葬式」は葬儀ブローカー(葬儀屋さんを探している顧客をネットで集客して、葬儀屋さんに送客し、紹介手数料をもらっている人達)です。
しばしば、問題のある広告を打つことで知られています。

小さなお葬式の紹介記事

(2015年の記事です。)

私のブログ記事を盗作したことのある葬儀屋紹介屋「小さなお葬式」の記事が載っていたので
「小さなお葬式」に対する疑惑
さらっとツッこんでおきます。

(毎回のツッコミも正直もう飽きてるんですが、
声を上げないことは認めたことになるので)

「小さなお葬式」はネット注文で…コンビニ決済に「早割」も!? 追加料金なしの明朗会計で急成長
お金

会場の使用料や棺の買い取り料などのサービスの相場価格が
存在しないのが原因」と分析したという。

買い取り料って仕入れ価格のことかな。
どちらにしても商売なんだから相場が存在しないわけがない。

このため棺や花などの卸業者に聞き取りを重ね、

初耳だが・・・最近になってこんなこと言いだしたような気がする

同社がインターネットなどで販売を手がけ提携先の葬儀社に委託して葬儀を執り行うという業界初というビジネスモデル

業界初じゃないよね。これ既製事実にするつもりかな?

4月から全国の大手コンビニエンスストアの専用端末で支払いできるようにした。

ニーズや機能的に意味はないと思います。話題作りかと。

これら明朗会計、割引などのノウハウを生かして同社は26年11月、
結婚式プランの提供も始めた。

結婚式の紹介を始めたのは互助会に買収されたからでは・・・
お葬式もそうですが買収元への紹介をしてたら問題だと思います。

不明朗な葬儀価格を明確にするという社会的役割を追求してビジネスモデルを構築した。

互助会に買収された段階で志は潰(つい)えたような気がするのですが。

ますますのご発展をお祈りしております。

小さなお葬式の釣り記事にあえてツッこんでみる

(2012年の記事です)

きっとこれ
ツッこまれるのをまっているんだと思ったので
わざわざ釣られてみました。

今日ヒマだったんで(^^;)

流通ジャーナリスト 金子哲雄氏の葬儀費用とは・・・ プロに聞く!有名人の葬儀費用予測

おそらくサーっと読んでしまうと、何をいってんのかさっぱり分からないと思います。

つまり金子哲雄氏、桑名正博氏、藤本義一氏の葬儀って、いくらかかったか
葬儀屋に予想させてみた
ってことらしいです。

提供資料は、「祭壇の写った画像」、のみ(-_-)
予想した葬儀社は「10社」、のみ(おそらく葬儀の紹介先でしょう)
試算に関する検討方法(インターネット検索、関係業者への聞き取りなど)は自由、って
こんな事言ったら
葬儀屋バカだから、ホントに直接施行葬儀社に聞いちゃうぞ、んで、聞かれた方も答えちゃうぞ(^^;)

結果は

金子哲雄氏(流通ジャーナリスト)葬儀費用の総額予測:175万円~ 900万円
桑名正博氏(ミュージシャン)葬儀費用の総額予測  :250万円~1,700万円
藤本義一氏(作家)葬儀費用の総額予測       :500万円~1,200万円

っておまえら(葬儀屋)絶対、ふざけて答えてんだろ!
なに、このアバウト感(^^;)

根拠も
金子さんは値切りのプロだったから、「お得」な葬儀だったはず、
って素人か!

そもそも金額の多寡と「お得」かっていうのは、必ずしも一致しないだろ。
(300万のカローラより、400万のポルシェの方が得な場合もある)

でこの後葬儀費用はあやふやで不透明っていう、いつもの話が続きます。

ってここまで読むと、この会社バカなのかって思うかもしれませんが
むしろ逆。

投資家からお金引っぱってきて商売軌道にのせてるんだから、頭が良くて優秀。
(もちろん薄利多売の焼き畑農業的手法は認めないが、
それを防げない葬儀業界にも何割か責任があるわけだし)

じゃ、なんでこんなバカなことやっているかというと、

葬儀業界は、バカ統計でも通用する、って知っているから。
もっとも権威ある日本消費者協会ですらこのレベル

おそらく前回のここの統計データがネットで拡散したことを受けて
精度よりニュース性が大事だと気づいたんだと思います。

さて、今回のレベルでもやはり拡散するののでしょうか?

小さなお葬式の釣り記事にあえて釣られてみる

(2013年の記事です)

過去、葬儀社紹介会社「小さなお葬式」の本気か冗談か分からない広告戦略に
あえて釣られてきました。

「小さなお葬式」の身売りが完了すると
(参考記事:週刊ダイヤモンドオンラインの「小さなお葬式」買収報道について
今後こんな機会も減ってくるであろうと一抹の寂しさを覚えます。

今回もツッコミどころが多すぎて
もうちょっとどこからツッコんでいいのか分からないんですが
敢えて釣られてみました。

『小さなお葬式』が「2013年 プロが選ぶ葬儀サービス総合1位」を獲得 ~高評価の要因は「価格」「サービス内容」の明瞭化~

調査の詳しい結果はこちら

富士経済株式会社調べ「2013年有識者(葬儀業者)による葬祭サービス評価調査」において、『小さなお葬式』が、総合第1位を獲得しました

そもそも葬祭業者に有識者はいない(^^;)
いたとしてもこんな調査にはつきあわない。

【調査対象企業】以下、主要企業10社
(中略)アルファクラブ武蔵野株式会社、(略)

いやいや身売り先を比較対象にしてどうする!
それ以前に自分とこより劣っている会社に身売りしてどうする!

葬儀サービス業界で今後の成長が期待されると思う企業1位

いや、だから身売りしたんだってば

友人に安心して紹介できる企業 第2位

他の項目が一位なのになんでここで一位取れないのか

「紹介するのであれば大手ではなく地場の葬儀社」や「大手は薦めない」「互助会は薦めない」といった回答が多くみられました。

自爆(>_<)  アルファクラブさん涙目。

あのー、勝手に比較対象にされちゃった大手企業は
調査元の富士経済株式会社に対し、調査方法の詳細な情報開示を求めて
訴えた方がいいと思いますよ。

ズブズブかもしれませんよ。

それにしてもこれ、
期末の広告予算が余ったんで最後のお遊び、だったのかもしれませんね。











6 件のコメント

  • コンビニ払いのメリットってw
    自分的には集金時のやり取りってもの凄く重要だと思っているので
    会社が取り扱いを始めても使う気にならないです・・・・

    なんだか全体的に言ったモン勝ち的な感が否めないというか・・・・

  • はじめまして。いつも拝見させていただいております。
    素晴らしい記事の数々。勉強になります。

    今回、小さなお葬式についてブログを書くにあたり、貴兄の記事の一部を引用させていただきました。
    まずはご報告をと思いましてご挨拶させていただきました。

    引用部分
    「結婚式の紹介を始めたのは互助会に買収されたからでは・・・
    お葬式もそうですが買収元への紹介をしてたら問題だと思います。」

    小さなお葬式の早割についての記事なのですが、葬儀の歴史的背景から今日に至る中で、この小さなお葬式について気になることがありまして、引用させていただきました。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください