フォトブック(写真集)の作り方をていねいに解説してみました




39才で亡くなった母のアルバムを、先日実家から引き取ってきました。

そして写真を編集して
フォトブック(写真集)を作って
伯母(母の姉)にプレゼントしました。

その作製までの体験記です。

例えば「故人の写真を残しておきたいのでフォトブックを作りたい」というような方にお役に立てればと思います。

フォトブック制作のススメ

 

フォトブックとは

さてフォトブックとは
デジカメや、写真をスキャナーで取り込んだデジタル画像データを集めて
ネットや店舗で編集して、それを一冊の写真集にしたものです。
フォトブック

昔はフィルムで撮って現像して写真にしていたため必然的にアルバムを作ってまとめておく必要がありました。
しかし現在ではデジタル画像データはPC、スマートフォン、クラウドなどいろんな保存方法が可能になったため
若い人の間では必ずしもアルバムは必要ではなくなりました。

しかし年配の方にとってデジタルデータの閲覧はなかなか難しいと思います。

そこで手に取れるフォトブックは、いかがでしょうか。

フォトブックのメリット

葬儀屋さんの私が今回思ったのは、
「フォトブックってお葬式の時の展示物に最適なのでは?」

お葬式に。故人ゆかりの展示物を飾るということが定着したため
確かにアルバムを飾って参列者に見てもらう、ということが行われています。

しかし大抵そのアルバムは昔の、フエルアルバムみたいなやつ。
ベリベリベリっていうビニールシートを写真上に貼って保護するタイプが多いですね。

もちろんそれでもいいのですが、これをフォトアルバムにしておくと

  • 特に見てほしい写真をピックアップできる
  • 複製できるので、複数の人が同時に目を通せる
  • 食事の席の話題作りに使える
  • 欲しいと言われたら、追加制作して、後日プレゼントできる
  • データベース化できるので、フォトブックを無くしても何度でも作れる

というメリットがあります。

若い人達はデジタルデータの受け渡しをすればいいだけですが
お葬式に参列する高齢者にとってはそうはいきません。
フォトブックは結構喜ばれるのではないでしょうか。

というわけで、実体験に基づいたフォトブックの作り方をこれから解説していきます。
(もちろんお葬式用だけではなく普通に作りたい方にも役に立ちます)

その前に。

お葬式で使うためにフォトブックを亡くなる前に作るのって気が引ける、という方もいるかもしれません。
とはいえ亡くなってからお葬式までは通常数日しかなく、間に合わないのではとご心配の方へ。

大丈夫です。

実は数時間で作成できるタイプもあります。

このページの最後、
その日に作れるフォトブック
の章をお読みください。

お亡くなりになってから作成を初めても、間に合うことを事前に申し上げておきます。

フォトブックの業社選び

さて通常のフォトブックの作り方ですが
①ネット上で編集して申し込む
②実店舗にデータを持ち込む
の二通りがあります。

  1. この記事の読者の方は
    • ネットが使える
    • ネットで編集する方が自分好みに作れて便利

ということで
①のネットでの使い方を説明したいと思います。

    1. 業社選び
    2. 写真の取り込み
    3. 編集
    4. 発注・受取り

という流れです。

業社選び

業社選びに一番迷いました。
主要なところでも10社以上あり、はて、どれにすればいいやら・・・

選んだ基準は信頼性

もちろん制作物のクオリティや価格も重要ですが
最優先すべきは情報管理能力に対する信頼性です。

なぜなら申し込む際には会員登録が必要なので個人情報を打ち込んで
さらに画像を何枚も相手のサーバーにアップロードします。
これが流出の可能性がある、ということでは怖くて利用できません。

ですから私は安さより信頼性を優先して業者を選びました。

3社が残る

そこで最終的に残ったのはこの3社のサービス。

1.富士フイルムのフォトブック

言わずと知れた天下の富士フイルムの提供するサービスです。

2.アスカネットのマイブック
一般の方にはなじみが薄いかもしれませんが、葬儀屋さんの間では有名。
遺影写真の編集、印刷分野の大手です。上場もしています。

↓割引クーポンのバナーがあったので貼っておきます。

マイブックの初回40%OFFキャンペーン

3.カメラのキタムラのフォトブック

近所にあるから知っている、という方も多そうですね。
さらにアップルの修理窓口にもなっていることから、データの管理もしっかりしているのでは、と考えました。

以上のレベルならどこを選んでも問題ないでしょう。

私の求めるフォトブックの条件

さてここからさらに業者を絞り込むわけですが、
私の求めるフォトブックの条件は以下の通りでした。

  • 大量の枚数の写真(約350枚)を掲載できる。
    母の写真がそれくらいあったので。
  • 解像度や写真の縦横に合わせてページ毎にレイアウトや掲載枚数を変えることができる。
    ある程度写真のレイアウトを編集したかったので。
  • 1週間~10日以内に受け取れる。
    本当はすぐがいいんですが、それはムリなので。
  • ソフトカバーで広げておくとフラットになるタイプ
    なぜこの条件かというと非力なお年寄りでも見やすいからです。
    厚手でブックタイプだと、ほっとくと閉じようとするのでずっと手で持って開いておかなければなりません。

 

フォトブックの作成方法は2つ

ネットを使ったフォトブックの作成方法は、大きく2通りあります。

A 業者が用意したクラウドに、写真をアップロードする→クラウド上で編集する→発注

B 専用ソフトをPCにダウンロードする→ソフトを使ってPC上で編集→編集したらまとめて写真とレイアウトデータを業者のクラウドにアップロード→発注

という方法です。

両方試してみましたがAの方法には大きな欠点が二つ
・反応が遅くてイライラする
・データ保管に期限(約1ヶ月ほど)がある

よってBのPC上で編集する方法がおすすめです。

ここでBの方法が使えないカメラのキタムラが脱落です。
(正確に言うとスマホやタブレット用の自動編集ソフトはあるのですが、編集はPCを使えないとキツいです。)

次に
アスカネットはMyBookEditor4というソフトをダウンロードして作成する仕組みです。
フジフィルムはイヤーアルバムエディターというソフトをダウンロードします。

アスカネットのMyBookEditor4の特徴は、台紙の背景や差し込むイラストなど細部まで自分がデザインできることです。
フジフィルムモールのイヤーアルバムエディターは、ピントの合い方やサイズなどから自動で5分ほどで自動レイアウトしてくれます。

今回は350枚の写真があったため、全て細かく編集するのは大変そうだったので
フジフィルムのイヤーアルバムエディターを使用する事にしました。

フジフィルムのイヤーアルバムエディターは自動で1ページに複数枚の写真を並べてくれますが
アスカネットの MyBookEditor4は1ページに写真1枚の処理しかできないというのが決断の決め手になりました。
さらにその当時、割引きキャンペーンをやっていたのもプラスでした。

フォトブック業界に対する苦言

途中ですがフォトブック業界に対する苦言を呈しておきます。

「商品数多すぎ!」

商品バリエーション増やしすぎて、消費者には違いがよく分かりません。
他社比較以前に、自社内の商品の違いすらよく分かりません。

消費者はどれがベストか必ず迷うと思います。

ジャムの法則と言われるマーケティング理論でも言われているように
商品数を増やし過ぎると購買意欲は下がります。
えーいもうどれにしたらいいか選べないからフォトブックなんて作らなくていいや!
という人がいるかもしれません。

この辺りをフォトブック業界は、もっと考えて欲しいと思います。

A簡単な操作ですぐ作れる
B期間はかかるが細かい編集ができる
この二種類にさらに二種類の値段の高低を作って
四種類の商品のマトリクスにしちゃえばいいんじゃないでしょうか?

フォトブックの作り方

では業者が決まったところで、早速フォトブックの制作に入りましょう。

写真をスキャナーで取り込んで、データ化

古い写真をスキャナーで取り込んでデジタルデータ化します。

私が使用したスキャナーは
キヤノンのMG3130という機種。

プリンターとスキャナーの機能を持った複合機です。
安いエントリーモデルなので、性能としてどうかなと思ったのですが
全く問題ありませんでした。
近年の技術の進歩は素晴らしい。


①付属のアプリケーションソフト「MP Navigater」を立ちあげる

後で細かい修正を加えたいので
「おまかせモード」ではなく
スキャナードライバーを立ちあげます。

スキャナー1


②読み取り面に写真を置く。

写真がバラバラなら、適当に置いても
それぞれ別の写真として認識してくれます。

昔の写真は台紙にそのまま貼付けられていて、はがせないこともあるでしょう。
その場合は台紙ごと読み取り面に載せて、
プレビュー画面でそれぞれこの領域が一枚の写真というように
指定してやります。

それから古い写真同士が張り付いて無理にはがすと
写真がダメになってしまいそう、というケースが5組ほどありました。
ネットで探したところぬるま湯につけてそっとはがすのが良いことが判明。

成功しました。


③読み取り設定を行う

そしてこれが読み取り設定。
スキャナー3

解像度ですがもとの写真のサイズでフォトブック化するのなら
300dpi以上にするのは無意味です。
私の場合2倍くらいに拡大する可能性と、データとして永久保存するため
という2点の理由で600dpiに設定しました。

以下、修正機能の解説です。

輪郭強調・・・
これは古い写真の場合有効でした。
感覚的にキレイに見えます。

モアレ低減・ごみ傷低減・粒状感低減・・・
これはあんまり効果があったとは思えないのですが
気休め程度にONにしました。

退色補正・・・
これは古いカラー写真の時に効果を発揮
色褪せたカラー写真を
結構きれいに復元してくれます。

ちょっと感動。

セピア色になってしまったモノクロ写真にも効果があるのですが
モノクロ写真はセピア色の方が味があるのでこの補正をかけない方が
個人的には良いと思います。

逆光補正・・・
これはその名の通り元の写真が逆光の場合のみ
効果を発揮します。

④プレビューで確認
プレビューを行って、ちゃんと写真の領域が指定されているか

取り込み設定の効果が適切か
を確認します。

⑤(本番の)スキャン開始
スキャナー2


⑥データを保存

あとは写真の名前を決めたら保存開始。
自動的にファイル名に「1」から自動的に番号が割り振られたJPEGデータができあがります。

これでデータ化完了

注意
ここで注意。
最終的にフォトブックの自動編集機能(アルバムエディター)を使う場合には
時系列(もしくは並べたい順番)で写真を取り込んでいきましょう。

後述する自動編集ソフトはデジカメで撮った写真の場合、撮影日情報の順番に自動で写真を並べてくれます。
しかし撮影日のない、スキャナーから取り込んだ写真の場合は取り込んだ日時(データの作成日時)順に並べられてしまいます。

もし後から日時を変更したい場合は
Windowsのフォトギャラリーを使用する方法をおすすめします。
写真を撮った日付と時刻を変更する
日時変更操作
↑赤い四角で囲ったところ(Windows7の場合)の
数値を変えます。

レイアウトデータを作成

さて前述したように
フジフィルムのイヤーアルバムエディターを使って
フォトブックのレイアウトデータを作成します。

①ソフトをPCにダウンロード

②総ページ数を何ページにするか決めて
イヤーアルバムエディターにPC内の写真データを読み込ませる。

③イヤーアルバムエディターのアルゴリズム(演算方法)によって
ピントや画面の大きさにもとづき、適切に見開きページ毎に写真が振り分けられる・・・
のですが個人的には70点のできかな。

一応及第点ではありますが、若干不満が残ります。
おそらくGoogleが作ればさらにいいものができたはず。
フォトブック2
不満だったのはこういうこと。

たとえば上記の画像を見て下さい。
この見開きには3枚の「合格」写真が表示されています。
そして下段には「ボツ」になった写真が4枚表記されています。
(最初の「合格」と「ボツ」を決めたのはイヤーアルバムエディターのアルゴリズムです)

この合格3枚のレイアウトや位置関係を変更することはできます。
さらに「ボツ」と「合格」の写真をそれぞれ入れ換えることもできます。

しかし合格の3枚をそのままにして「ボツ」のうちどれか1枚を加え4枚を「合格」させることはできないのです。
つまりイヤーアルバムエディターが7枚中この見開きページには写真3枚まで、と決めたら
それを4枚にすることはできません。
これが不満。

発注

レイアウトが決まったら発注です。

私は使いませんでしたが、写真にコメントを入れる機能もあります。

その後完成まで約10日。

あとは待つだけです。
完成予定日はアップロード時に判明します。
フォトブック注文

 

受け取り

受け取り方法はコンビニか自宅配送が選べます。

不在で空振りしたくなかったのと、自宅配送は配送料が余計かかるので
コンビニ受け取りにしました。

意外だったのは発注の段階でクレジット決済だとばっかり思っていたのですが
コンビニで商品引き替えでの支払いだったこと。

無事受け取ることができました。

仕上がりには満足です。

まず自宅のプリンターで写真用印刷用紙を使ったものとは
クオリティが全く違います。

それからページをめくりながら見るのは
モニターでスライドショーを見るのと比べると
同じ写真でも印象が全くが違います。
おそらく手で触れらることによるモノとしての存在感なのだと思います。

作って良かったです。

後日伯母にフォトブックをプレゼントしました。

「ずいぶんお金かかったやろ?」
と恐縮されました。

費用はそれほどでもなく、A4サイズ48ページほどで、9,000円くらいでした。
価格表はこちら

写真の取り込みは、1日作業でしたが、
自分にとってある程度の手間をかけたということが大事なのです。

以上が私のフォトブック制作の顛末(てんまつ)です。

(追記)その日に作れるフォトブック

この文章の冒頭で申し上げたお葬式用のディスプレイ用に
その日に作れるフォトブックの紹介です

カメラのキタムラが扱っています。

↓こちらをクリック。

店頭に写真データの入った記憶媒体を持参し
店頭のモニター見ながら30分程度作成するというもの。
最大35ページまでで
15ページまでのものなら1,320円(税込み、2021年4月現在)です。

ネットで作成して当日に店舗で受け取りも可能。
お店が混雑している可能性もあるので
ネットで申込できる人はこちらの方がいいかも。

注意点は片面印刷しかできないこと。
両面印刷ができないので見開きで見るということはできません。

本人が亡くなってから、時間に余裕がないなかで、お葬式にフォトブックを飾りたいと思った方は
このサービスをご利用ください。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください