女性の葬儀の服装で最もフォーマルなのはワンピースではない




「女性の葬儀の喪服で最もフォーマルなのはワンピース」という説に異議を唱えてみました。
情報提供ございましたらよろしくお願いいたします。

通説ではワンピースが最もフォーマルらしいのだが

2018年8月25日の日経新聞の土曜版であの岩下宣子さんが葬儀の装いについて述べていました。
この方は肩書きがマナー講師ではなくマナーデザイナーなので、たまに自分で創作した、誰もそんなことやってねぇよマナーを言い出すことがあります。
このブログでも何度か指摘しました。

岩下宣子さん、勝手に葬儀マナー作るのやめてください
例のトンデモ葬儀マナーの元凶は「佐々木悦子」ではなく「岩下宣子」だと考える理由

日経新聞の記事でいくつか気になる箇所があったのですが、最も引っかかったのは

女性の喪服の格は高いほうから黒のワンピース、アンサンブル、ツーピース、パンツスーツの順

のところ。

これ本当?

喪服のフォーマル度ランキング

通説通り、フォーマル順に画像を並べてみます。

.ワンピース

.アンサンブル

.ツーピース

.パンツスーツ

アンサンブルの補足説明

男性の方は「アンサンブル」と言われてもピンとこないかもしれません。

手元にある新ファッションビジネス基礎用語事典(一応服飾関係の調べ物用に持っています)の記述から要約すると

アンサンブルとはフランス語で「調和、統一」の意味で、組み合わせて着用することを意図した一揃いの衣服のこと。生地、柄、色、デザイン等に統一性や調和性のある組み合わせを言うことが多い。

「葬儀 アンサンブル」で画像検索してもらえれば分かりますが、日本ではほぼワンピース+ジャケットの組み合わせを指します。

ツーピースの補足説明

ツーピースはスカート+ブラウス+ジャケットの組み合わせのこと。
アイテム3つなので、これはスリーピースと呼ぶべきで、アンサンブルの方がツーピースと呼ばれるのにふさわしいのではないかと個人的に思ったりもしますが、ややこしくなるので私の意見は忘れてください。

ワンピースが一番フォーマルってヘンじゃない?

さてフォーマル度がワンピース>アンサンブルってことは、
アンサンブルのジャケットを脱ぐとよりフォーマル度が高まるということになって、ヘンじゃない?
という疑問がわきました。
高級レストランのドレスコードからも分かるように、メンズの服ならジャケットを羽織った方がフォーマルというのは大原則です。

いつもの岩下宣子さんの創作マナーかと思いきや、ネット上では結構同じ記述がでてきます。
ただ岩下さんのデマが拡散されているだけという可能性もあるので、ちゃんと調べてみることにしました。

情報源は多い方がいいのでツィッターでつぶやいてみると・・・

ヒントをありがとう、なむ~さん。
洋装の本場、欧米ではどうなのかちょっと深掘りしてみます。

ワンピースとは

前述の新ファッションビジネス基礎用語事典から

■ワンピース【one‐plece】ワンピース・ドレスの略称。ワンピースとは、トップとボトムの部分が、ひと続きになったものをいい、ドレスをその構造からワンピースとよぶようになった。

うん、やはりドレスのことを正式にはワンピース・ドレスというらしい。

かつてモウニングドレスだった

次にお葬式の装いの記述としては

■モウ二ング・ドレス【mourningdress】モウニングは「悲嘆、喪、服喪期間」の意で、喪服のこと。近親者が身内の喪をあらわすために一定の期間着用するドレスで、通常は光沢のない黒の無地でつくられる。別にモウニングコスチュームともいい、ディープ・モウニング(正式喪服、本喪服)、ハーフ・モウニング(略式喪服)といった形式がある。

が挙げられます。
英国のウィキペディアをのぞくと、確かにビィクトリア時代(19世紀後半)に女性が着ているようなので、この時代はドレスの一種であるモウニングドレスが葬儀の正装だったようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mourning#/media/File:The_Hessian_children_with_their_grandmother,_Queen_Victoria.jpg

詳しくは恐らく↓この本に書かれていると思うのですが、英語で専門書のようです。 すいません、どなたか解読お願いします(^^;)

念のため申し上げておきますと男性のお葬式の正装のモーニングのつづりはmorning coatで、文字通り朝から昼にかけて着用するからこの名がついています。
名古屋で小倉トーストがついてくるモーニングといっしょ。
ちなみにmorning coatは米語で、英語の正式名称はmorning dressらしいです。
前述したmourning dressとつづりが似ているので混同しないようにお願いします。

現在はアフタヌーンドレス

そして現在は

■アフタヌーン・ドレス 【afternoondress】 午後のフォーマルな場に着用される服の総称.特にワンピース形式のドレッシーなドレスを指すことが多く、これは女性の婦人用の礼装として用いられる。基本的には帽子と共に着用され、結婚式の参列や公式行事などに向く。肌を露出したり、透けるような生地は避けるのが原則とされ、丈は少し長めのものが一般的。

このアフタヌーンドレスの一種として、黒などおとなしめの色とデザインのものを選んで、funeral dressとしてお葬式に着ていっているようです。
イギリスやアメリカのAmazonや、マナーサイトを「funeral attire」系ワードでのぞいてみましたが、日本人の感覚からすると確かに「ワンピース」じゃなくて「ドレス」っていう感じ。

海外の葬儀のドレス
海外サイトの葬儀の服装良い例悪い例
欧米のモデル女性のプロポーションが良すぎるせいでしょうか、日本人の感覚からはちょっとお葬式にしては自己主張しすぎのような気がしますが、あちらではOKなのでしょうね。

王室系の人々はまだ抑制が効いています。
葬儀の著名人の服装(海外サイト)

つまり日本で喪服として着られるワンピースは、先程の画像の通り装飾がなく化学繊維でできたつなぎのスカートといった風体なのですが、
一方であちらの(ワンピース)ドレスは、光沢も装飾もOKで、パーティー文化の背景を感じられるものです。
それで(ワンピース)ドレスがフォーマルランキングの1位に来ていると。

結論:ワンピースはフォーマルではない

というわけで私の仮説。

(ワンピース)ドレス>アンサンブルが正式な国際基準である。

それが日本に伝わった際、
本来 (ワンピース)ドレス>アンサンブル
とすべきところを 日本には(鹿鳴館の失敗以来)ドレス文化がないので、受け入れられる素地が無かった。
そこで「ドレス」という単語の方を省いてしまった結果
ワンピース>アンサンブル
という誤った解釈が日本のルールとして定着した

というのが、ありそうな話では。

これは男性の国際基準の略礼服がディレクターズスーツだったのに、それに相当するものが日本になかったので、独自の解釈で黒いスーツにしてしまったのと似ています。
(参考記事:日本人の葬儀の服装は間違っている? | 考える葬儀屋さんのブログ

というわけで今後日本のお葬式でドレス文化が今さら根付くことはなさそうなので、
現実的な対応として女性のお葬式のフォーマル度は
アンサンブル>ツーピース>パンツスーツ>黒のワンピース
の順にすべきじゃないでしょうか。

日本で出回っている葬儀用の黒のワンピースはドレスなんかではなく、「ジャケットを脱いだだけのアンサンブル」にしか過ぎないのですから、最下位でしょう。

より詳しく総合的に女性のお葬式の装いに興味のある方は下記の記事をお読みください。
女性のお葬式の服装(喪服)について葬儀屋さんが解説します | 考える葬儀屋さんのブログ











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください