No1葬儀社紹介機関はここだ




No1の葬儀社紹介機関(ネット上で葬儀社を探している顧客を集客し、葬儀社に送客することで紹介手数料を得る会社)をお教えします。

先日こんなプレスリリースがありました。
【魚拓】「葬儀検索サイト顧客満足度調査」結果発表|株式会社アイディエーションのプレスリリース

「葬儀検索サイト顧客満足度調査」と銘打ってはいますが要は葬儀社紹介機関利用者のアンケート調査です。
エントリーされたのはこの4社。

  • 鎌倉新書の運営する「いい葬儀」
  • イオンの子会社イオンライフの運営する「イオンのお葬式」
  • みんれびの運営する「シンプルなお葬式」
  • 某大手互助会の子会社ユニクエスト・オンラインの運営する「小さなお葬式」

そしてアンケートの結果は鎌倉新書の運営する「いい葬儀」があらゆる部門で他社を抑え総合満足度1位に!

おめでとうございます!

・・・という内容で私のブログが終わるわけないですよね(^^;)

このアンケート調査を発表したのは、株式会社アイディエーションという会社です。
この会社の社長は楽天系の調査会社である楽天リサーチの出身
↓(閲覧注意(^^;))
白石さん送別会 | diffusy

そして実際にこの調査を行ったのは古巣の楽天リサーチ

そして総合満足度1位に輝いた鎌倉新書の新社長は・・・
鎌倉新書社長に相木氏  :日本経済新聞
楽天出身

うん、まぁ、そうなると、調査の独立性というか信憑性がちょっとアレということに。

ただ、あんまりそこはツッコむ気にはなりません。
なぜなら俺ランキングでは確かに鎌倉新書がぶっちぎりの一位だから。
調査結果に異論はありません。
「小さなお葬式」をはじめとして他社のリサーチがデタラメすぎるというのもあるんですが。
釣り記事にあえて釣られてみる | 考える葬儀屋さんのブログ

鎌倉新書と他社の違いは葬儀業界と葬儀社に対するリスペクトがあるという点ですね。

他の葬儀社紹介機関は異業種から参入で
「葬儀って儲かりそう。儲かるんなら何でもアリ」
という姿勢で、消費者に対する情報のリリースの仕方や葬祭業に対する態度に問題があると考えています。

鎌倉新書は葬儀業界内の出版社として長年まっとうな商売をしてきたうえでIT系に舵を切ったという経緯なので、他社とは出自が違うんですよね。
ここが重要な差別化ポイント。
東証一部に上場できたというのも透明性や信頼性やコンプライアンスが基準を満たしていたからだと思うのです。
1位が全てを奪っていくのがネットの世界なら、いっそ葬儀社紹介機関は鎌倉新書以外全部潰れてくれないかな、と個人的に思う今日この頃。











2 件のコメント

  • いつも拝見し勉強させて頂いております。
    私は互助会で葬祭部門に勤務しているものですが、当方でも「小さなお葬式」の施行を請け負っておりますが、確か「小さなお葬式」の運営はユニクエストオンラインだったと記憶しております。記事の社名は間違いではないでしょうか?

  • コメントを残す

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.