ペットの肉球を残す方法




先日愛犬が亡くなりました。
愛犬が亡くなった | 考える葬儀屋さんのブログ

愛犬が亡くなった日、妻が愛犬の肉球を触りながら「この肉球もさわれなくなるね。」と言ったとき、反射的にデスマスクのことがひらめきました。
昔は亡くなった人の顔の型をとって残すという技法があったのです。

もしかしたら、肉級を型取りするキットがあるかもしれない、とAmazonで調べたら、2点ありました。

愛犬の火葬が明後日だったので、Amazonプライム対象商品(つまり明日届く)であることは必須でした。
幸い2点ともAmazonプライム対象品でした。

ペットの肉球を残す方法を今回は紹介します。

団子に石膏を流し込むタイプ

まず一つ目の商品。

大まかな仕組み

大まかな仕組みは

  1. 粉をこねてお団子を作る
  2. 肉球に押しつけて型をとる
  3. 型に石膏(せっこう)を流し込む
  4. 取り外して完成

注意点

注意点としては、このキットに含まれていないものとして別に、
サラダ油10cc
・小麦粉
ベビーオイル
を用意するように取扱説明書に書かれています。

サラダ油は団子を成形するときに必須のようです。自宅になかったのでオリーブオイルで代用しました。
小麦粉は団子を作る際に水を入れすぎた場合の調整用です。一応買ってきたのですが結局使いませんでした。
ベビーオイルは型取りをする時に肉球に塗っておくことで、肉球を汚さず、綺麗に団子が外れるようです。
自宅にはなかったので代わりにお肌の手入れ用のスクワランオイルを使いましたがうまくいきました。

作業のコツ

作業のコツとしては
お団子を作る時の混ぜる水は説明書の分量の5%増しにすると、型取り用の団子が少し柔らかめになって型が取りやすくなります。
実際爪の形までちゃんと残すようにするためには結構きつめに団子を肉球に押し付けなければいけません。
とはいえ亡くなったペットの肉球を強く押し付けるのは抵抗があります。
そのためやや柔らかめに団子を作っておきましょう。

生きている時に体重を乗せて踏んでもらえば理想的なのですが、なかなか言うことをきいてくれないでしょうから実際は難しいでしょう。

団子は前足用2つと後足用2つで計4つを作ると良いでしょう。
ペットの亡骸はおそらく横に寝かしているはずであり、それぞれ肉球の向きが微妙に違っていると思うので四つに分割した方が型が取りやすいと思います。
(私の場合、前足の分は一つにまとめてできました)

石膏を注ぐために、幅2cmぐらいの紙を折って団子の型抜きするように土手を作るのですが、なかなか綺麗な形に折れませんでした。
綺麗に額に飾るものではなく自分の思い出として取っておくと割り切れるのであれば、石膏の枠取りに関しては多少不恰好でも構わないと思います。
肉球をきれいに取れれば良しとしましょう。

石膏を混ぜるときは大きめの紙コップがあればベストですが、私の家にはなかったので強力わかもとの空き瓶を使いました
説明書には石膏を流し込んでから2時間後に取り外すと書いていますが、2時間後ではまだ十分に固まっていませんでした。
私は3時間ほど時間を空けてから外しました。

仕上がりにはおおむね満足しています。
もう少し深めに型を取ってもよかったかなと思いましたがやはり強く肉球を押し付けるのは抵抗があったのでこれが限界でしょう。

さらに石膏の代わりに固まる樹脂で試してみた

石膏での型どりは成功しました。
ただ石膏なので、何か衝撃が加わった時に割れてしまうのではないかということを危惧しました。
団子で作った足の型は残っているので、ここに何か固体化する樹脂を入れて固めることはできないか・・・

Amazonで探してみるとぴったりな商品がありました。

100グラムのタイプもありますが、私は60グラムで十分でした。(2箱入っていますが私は1箱分で足りました。)
Amazonprime対象商品です。
翌日届くまで、その前の工程で使用した型どり団子は、冷蔵庫に入れて保管することにしました。
(実際この商品が届いた日は愛犬の火葬の日だったので、作業はさらに翌日になりました)

この商品はもともとボタンや小物などの複製を作るときに使うようです。
AとBの二つの液体を同じ分量混ぜ合わせて、型取りした団子の型に注ぎます。
そして固まるまで2時間待つというところは先日の石膏とほとんど同じ仕組みです
2時間経って型を外せば完成です。

感触は少し硬めのゴムのようで石膏より当然実際の肉球に近い感触になっています。
また石膏より衝撃にも強いはずです。

というわけで、型は最初に紹介した商品で作っておいて、流し込むのはこちらの商品を使うというのがベストではないでしょうか。

無事愛犬の肉球を残すことができました。

紙粘土タイプはダメでした

最初こちらの商品も購入していました。

仕組みは紙粘土をこねて型を取るだけです。
厳しい言い方をすると紙粘土にディスプレイ用の額がついているだけです。

正直紙粘土は硬くてあまり深く型を取ることはできませんでした。
またくぼみを残すタイプなので、(つまりと凸ではなく凹なので)実物感を味わうこともできません。
この商品はお勧めしません。

以上ペットの肉球を残す方法でした。











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください