福利厚生サービスさんの言ってることがちょっと分からない




葬儀業界周辺で、
私のレベルではちょっとよく分からないことをおっしゃっているサイトを発見。

以前ごじょクルのサイトの内容を指摘しましたが
(参考記事:互助会紹介ポータルサイト「ごじょクル」への疑問
今回は福利厚生サービス さんの提供する葬儀サービスについて。

こちらの会社文字通り福利厚生サービスを提供している会社らしく
万が一の時は葬儀を現物支給(!)するらしいです。

最近保険の支払いに葬儀の現物支給って話が出てきていますが
(参考記事:保険金のかわりに葬儀が提供される時代へ) 
それを先取りしているわけですね。

さて問題はこのPDFのチラシです。
 

データが22MBって制作会社はちょっと考えてくれ とか
モデルのクオリティがビミョー(いやこれは主観的意見だが)
という問題は置いておきます。

このチラシの主旨は以下の通り。
これから毎年2%のインフレが起こると36年後は物価が2倍。
つまり現在150万円の葬儀費用は、全く同じ内容で300万円になる。
福利厚生サービスなら、契約時と全く同じ内容の財やサービスを提供するので、安心でお得、って内容です。
例えば、契約時に10万円の桐の棺で契約していれば、
36年後にその棺がインフレで値上がりして20万円になっていても、
契約時の10万円という価格で支給されるってことですね。

インフレ率2%なら36年後には150万円が300万円になるっていうのは
72の法則でたしかにそうなんでしょうけど

物価指数の変化と比較すると葬儀費用が相対的に安くなっている
(単価の下落傾向ってやつね)という話は今回置いておくとしても、
以下の問題があると思います。

・毎年2%のインフレは起きるのか?
私はまず起きないと思います。
ここはリフレ派の人と意見が分かれるところですが
私は野口悠紀雄氏や池田信夫氏の意見を支持したいと思います。

ツイート
  • はてブ
  • Google+
  • Pocket
  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください