池上彰が葬祭ディレクターのことを全く理解していない件




先日

資格図鑑2013年度版で葬祭ディレクターが紹介されていた件

という記事を書きましたがそれに関連して。

 新版 やりたい仕事がある!

この本でも葬祭ディレクターが紹介されていました。
しかし、内容がヘン。

葬祭ディレクターは
葬儀ディレクターや葬祭コーディネーターとも言う

いや、言わないし。
 
葬祭ディレクターは厚生労働省認定の試験に合格して得られるちゃんとした資格。
葬儀ディレクターや葬祭コーディネーターは
個々の葬儀屋が勝手に名乗っている肩書き。
一緒にしちゃダメ!

関連した職業として
納棺師やエンバ-マーがある。
どちらの仕事もその境界線はほとんどなく
葬祭ディレクターの仕事と兼務する人も多い

「その境界線はほとんどなく」って
エンバ-マーが聞いたら怒るよね。
納棺師をおとしめるつもりはないですが
自称で通用する職業と、数年間の勉強と試験合格が必要とされる職業を
一緒にしちゃダメ!
エンバ-マーに簡単になれると思ってんだろうなぁ。

池上彰氏は監修なので、
実際に書いてはいないのでしょうが
葬儀業界の中の人にチェックぐらいさせるべき。

この本が出版されたのは2010年でちょうど池上バブルの真っ最中の頃。
まぁ、適当に作ったんでしょうね。

ちなみに
村上龍の13歳のハローワークの中では
葬儀屋さんはちゃんと紹介されてます。
参考までに。

新 13歳のハローワーク

村上龍 幻冬舎 2010-03-25
売り上げランキング : 1210

by ヨメレバ











コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください