葬儀屋さんが教える実践的な香典のマナー




これからお葬式に参列するので
今すぐに実践的で役立つお香典のマナーに関する知識が必要
という方に向けてこの記事を書きました。

弔電を送りたい方はこちらの記事(弔電の安くて効果的な送り方を葬儀屋さんが教えます)をどうぞ。

本来香典とは
故人に対し天然香木(香りのする木)をお供えする習慣が
現金に変化したものです。
つまり香典とは
弔いたいという自分の気持ちを表現するために
持参するものだと思うのです。

しかしそういう気持ちはあるものの、誰かが亡くなったという連絡を受けて参列するのでひとまず失礼のないように香典のマナーを知りたい、という方も多いと思います。
香典のマナーについては最近いろんな書籍・雑誌・サイトに書かれていますが、葬儀屋さんから見て実際はそんなことはしない、という事例も多いのです。

そんなお困りの方向けに、実際のお葬式の現場での体験をもとに、実践的な最新の香典の作法について、葬儀屋さんが初めての方にもわかりやすくお教えします。

香典

実際に訃報(亡くなったという連絡)を受けてから
香典を受付に出すまで
という時系列で見ていきます。
ある程度段階が進んでいる方は
該当する見出しまでスキップしてください。

①香典は通夜、それともお葬式に?

 

まずどなたかが亡くなったという訃報を
受けてからの動きです。

最初に考えるのは

香典は通夜に持っていくべきか、
それともお葬式(葬儀・告別式)に持っていくべきか

ということでしょう。

昔は、
お通夜は遺族を中心に過ごすものだから
(身内で夜通し故人を弔うから「通夜」)
参列者はお葬式(葬儀・告別式)に参列する
という原則がありました。

そのためお香典はお葬式(葬儀・告別式)に持参すれば問題ありませんでした。

しかし最近、特に首都圏を中心に
お通夜に参列するケースが多くなりました。
こうなった原因は、
仕事の勤務時間を考えると夜に行われるお通夜の方が、参列しやすい
ためだと思われます。

このケースの場合はお葬式(葬儀・告別式)には仕事の関係で参列できないわけですから
通夜に香典を持参するしかありません。

さてここで問題となるのは
通夜とお葬式(葬儀・告別式)両方に参列する人は
どちらのタイミングでお香典を出せば良いのか?

ということです。

この場合は
地方の習慣に従うのが一番ですが、一般論として
西日本を中心とした地方の場合はお葬式(葬儀・告別式)にお香典を出す
東京を中心とした首都圏の場合は、通夜にお香典を出す

のが良いと思います。

Q&Aサイトでは
常にお葬式(葬儀・告別式)にお香典を出すのが正解、
と回答している場合もあるようですが
葬儀のマナーも地域や時代によって変わります。

首都圏ではお通夜にお香典を出すことを非常識と見る習慣はありません。
首都圏の場合、参列者の過半数は通夜のみの参列のため
通夜にお香典を出すのが「普通」になっています。

それに事前にお香典袋に現金を入れた状態で
通夜から葬儀にかけてずっと持ち歩いているのも落ち着かないでしょう。

首都圏の方はお通夜にお香典をお出しください。

香典

 

②香典袋を手に入れる

 

時間がある方や、お葬式に参列する機会の多い方は
日頃から香典袋を買っておいても良いでしょう。
(「御霊前 封筒」で検索されている方が結構いらっしゃるのですが
これはおそらく香典袋のことを指しているのだと思います)

 

しかし普段から御自宅に香典袋のストックをお持ちの方は少ないと思います。
また時間に余裕もなく、お葬式の服を探していたら、家を出る時間が迫ってきたとか
会社で、今日が通夜、という情報を受け取ってそのまま葬儀式場に向かわなくてはいけない
という状況の方も多いと思います。

 

そのような方は、お葬式に参列する途中で
香典袋をコンビニエンスストアで購入してください。
99%の確率で置いていると思います。
(余談ですが都市部のコンビニなら黒ネクタイも50%くらいの確率で置いていると思います)

 

さてコンビニでさえ香典袋も、値段によって3種類くらいあります。
当然値段に比例して、香典袋の作りも良くなっています。

 

どれを選ぶのがベストでしょうか。

 

基準としてはもちろんその方のお気持ちで選んでもらうのが一番です。
次の基準としては、同封する香典の金額にふさわしいもの、でしょうか。

 

しかしちょっと世知辛い話をさせていただくなら、
効率的な出費という観点からは
家族葬の時は高級な香典袋を
100人以上の参列者が見込まれる規模の大きいときは安い香典袋を
おすすめします。

 

なぜなら参列者が多いお葬式の場合は
遺族は香典袋を見ないことが多い
からです。

 

参列者のいる葬儀の場合
お葬式の受付のシステムは以下のようになっていることが多いです。

 

受付係・・・お香典を受け取る。記帳を勧める
会計係・・・受付係から香典を預かる→香典袋を開ける→中袋を取り出す→
中身を確認する→中袋の情報(住所・名前・金額)を帳面に転記する
→中のお金をまとめて厳重に保管→最後に検算する→
葬儀終了後、情報を記載した帳面・まとめた紙幣・空の香典袋をまとめたもの、
の三点を遺族に渡す
(受付係と会計係が兼任することもあります)

 

そして会計係から以上3点を受け取った遺族は、
帳面と紙幣は確認しますが
基本的に空の香典袋をわざわざ検(あらた)める人は少ないようです。

 

つまり、香典の金額と異なり、
香典袋を豪華にしても、その配慮は遺族に伝わらない可能性が高いです。

 

逆に家族葬の場合は、人数が少ないので受付に会計係を置かず

お葬式後、直接遺族が香典袋を開けて中を確かめますから香典袋のレベルが伝わることが多いです。

以上の理由で効率的な出費という観点からは
家族葬の時は高級な香典袋を
100人以上の参列者が見込まれる規模の大きいときは安い香典袋
と、申し上げました。

余談ですが、香典袋の水引(封筒に付けられる飾り紐)についてです。
関東は黒白か銀、関西は黄白が多いです。
その理由としては皇族の使う慶事(祝い事)の水引は素材の関係で黒白に見えてしまうため
区別するため関西では黄白が定着したとのこと。

香典

 

③香典の表書きを書く

 

もしコンビニで香典袋を購入した場合は、
ほぼ確実に筆ペンもコンビニで売っているはずですから購入してください。
(表書きは薄墨が正式と言われますがが、なければ通常の黒の筆ペンでもかまいません)
宅急便の伝票を記入する要領でカウンターの一角を借りて
コンビニで表書きを書けば良いでしょう。

 

最悪、コンビニで香典袋も筆ペンも購入せずに「丸腰」で葬儀式場に付いたとしても
気の利いた葬儀屋さんなら受付まわりに予備の香典袋と筆ペンを置いています。
そのため葬儀式場に着いてから、葬儀屋さんに声をかけてこっそりもらう、ということも可能です。
(大体葬儀屋さんは、制服だったり名札を付けているはずなので識別できると思います)
とはいえ表書きを書く場所が無かったり、
気の利かない葬儀屋さんは用意していなかったりする危険性がありますので
できるだけ事前に購入しておくことをお勧めします。

 

さて香典の表書きの書き方です。

香典の表に、
喪家名と自分の名前を書きます。

 

書き方のルールはこちら

 

また香典袋を購入した際、

書き方の説明書が同封されているはずなので
それを参考にしてもよいでしょう。

 

おそらく「御霊前」がオールマイティな表書きとして載っているはずです。

 

ちなみに浄土真宗は亡くなってからすぐに仏様になるという教義なので
通夜葬儀の時は「御仏前」を使うということが言われます。
(他の宗派はお葬儀中は御「霊」前で、49日の法事の際は御「仏」前という考え方)
確かに浄土真宗の方がそれを望んでいるならそうすべきだと思います。
(参考:門徒もの知らず

 

ただし首都圏の場合で言うと過半数の参列者はその点を気にしていません。
実際のところ受け取る遺族側も気にされないことが多いのです。
そのため表書きを御霊前と書いて香典を収めた後、浄土真宗だと分かり真っ青になる、
という必要はないと思います。
さて自分は悪筆なので、恥ずかしい、とお思いの方。
①で述べたように遺族は香典袋を検(あらた)めたりしないので、あまり気にされなくても良いと思います。

とはいえ事前に準備しておくなら
購入時に表書きを書いてくれる香典袋もあるにはあります。
ただし少しお高いです。

もしくはお時間のある方は

下記の商品を事前に用意しておくというのはいかがでしょうか。
慶弔の表書き用に自分の名前を入れられるスタンプです。

④お金を入れる

 香典金額の目安

香典金額の目安は以下の通りです。

両親・・・.5万円~10万円
兄弟・・・3万円~5万円
祖父母・・・1万円~3万円
親戚(血縁の濃さによる)・・・1万円~3万円
友人の親族・・5千円~1万円
仕事先・・・5千円~1万円
仕事関係の親族・・・3千円~5千円
ご近所・・・3千円~5千円
両親・兄弟の場合は香典を出すべきか相談を受けることがあります。
原則葬儀費用を負担しない場合は出すのが原則でしょう。
ただし施主(葬儀費用を負担する遺族)が「いいよ、気を使わなくて」と言ってくれるような関係なら、無理に渡す必要はありません。
それから同僚の親族が亡くなったのでお香典を3,000円程度出すんだけど、
ちょっと少なくて気が引ける方の場合。
もちろん一人で3,000円を出してもいいのですが、
たとえば同僚を誘って3人連名で1万円とか、
7人連名(←この場合表書きは代表の名前のみ書いて、中の袋に7名の名前を書く)で20,000円とか
という形で出す方法があります。
ちょっと小ずるい方法なのですが、
金額の少なさを気分的にカバーしたい方におすすめです。

 

中袋の書き方

香典袋のさらに中に入れる中袋という一回り小さい袋があるはずなので
それに現金を入れてください。
現金を入れる向きまで言及しているマナー本があるようですが
これは諸説あるうえに、気を遣っていることがほとんど相手に伝わらないので
同じ方向で揃(そろ)えておけば、表裏や向きを気にする必要はありません。
中袋には、住所・氏名・同封した金額を記入します。
この中袋の情報は、遺族が後日、香典のお返し物を郵送する際に必要なものです。
特に住所はていねいに、名前はフルネームで書いてください。
郵便番号も記載すると遺族は助かります。
字が汚くて読めないため、後日香典返しを送るときに遺族に手間を取らせるケースがあるので、
注意してください。
あと中袋に書く香典の金額は領収書などに使う漢数字で(参萬円とか)
書くことを勧めているマナー本もありますが日頃書き慣れていなければ普通の漢数字(三万円とか)
で問題ありません。

最後は中袋を外袋で包み、水引をはめます(←水引が印刷されている場合は不要)
外袋の上下を内側に折り込むタイプの場合は、
先に下を折り込んで、次に上を折り込んで下さい。
頭(こうべ)を垂れている様に見えるから、だそうです。

あとマナー本に、
「新札は使わない、もし新札しかない場合は一度折ってから使う」
とよく書かれています。
もちろんこのマナーに従ってもいいのですが、
上記で述べたように遺族が受け取る時点で
他の方の御札といっしょにまとめられていることも多いですし
また実際に受け取る遺族は新札か旧札かはまず意識していない、
というのが現実だと思います。

 

香典

 

⑤受付で香典を出す

 

せっかく香典を用意して持参したのに葬儀式場に着いてみたら
「香典辞退」の表記があった場合。

 

この場合はせっかく持ってきたんだから受け取って、などと言わず
素直に遺族の希望に従ってください。

 

一応用意したことをアピールしたければ受付で
「香典辞退なんですね?」と一言念を押す発言をしても良いです。
実際は余り意味がなく、あくまで香典持参者の自己満足のためですが・・・

 

それから受付で香典を出すとき、
何と言ったら良いのか?、

という質問を受けます。
受付係が面識のある遺族というレアケースを除き、
通常は何も言わず黙礼をする、で構いません。
何か言いたい方は「この度はご愁傷様でございます」が良いでしょう。
(最近テレビのバラエティ番組で、受付の挨拶は聞き取れないほど小声で言う、などと放送されてしまったようですが、ウソです。真に受けると恥をかきます。
参考記事:例のトンデモ葬儀マナーの元凶は「佐々木悦子」ではなく「岩下宣子」だと考える理由 | 考える葬儀屋さんのブログ  )
またこのとき袱紗(ふくさ)から香典を出して渡すと
たとえ香典袋が安いものでも、
すごく「分かっている人」という印象を与えることができます。
by カエレバ

 

この先また使うこともあるでしょう。
袱紗はコンビニでは売っていないので、事前に安いものでよいので一枚購入しておくことをお勧めします。

 

香典袋を直接手渡しするのは不作法とされているので
受付にお盆があればそれに載せてください。

 

葬儀屋さんのレベルが低くてお盆の用意が無い場合は
袱紗を持っている方は袱紗の上に
持っていない方は受付のテーブルの上に置いてください。

 

それから友人から香典を預かって来た人は
友人の香典の分の受付記帳を忘れないようにしてください。
数が多いと最後の方は汚い字で書いてしまいがちですが
後でお返しものを送るときの住所が分からなくなる
というトラブルの元になりがちですので
丁寧な記帳をお願いします。
香典

 

⑥お返しものを受け取る

 

地方にもよりますが、大体香典の半額を香典返しとして
お香奠をいただいた方にお返しする習慣が一般的です。
タイミングは四十九日過ぎて郵送で受け取るか、
お通夜お葬式の時に渡されるパターンです。

 

最近は、カタログが送られてきて、この中から選んでください、
という方式も出てきました。
これは数ヶ月何もしないと、決まった商品が強制的に送られてきたり、
依頼主(遺族)に確認の連絡が返礼品業者から入ったりするので、
カタログが手元に届いたらできるだけすぐに発注手続きを取ることをおすすめします。
香典

 

○もし参列できない場合

 

もし
参列できず、知合いにも頼めない
もしくは葬儀が終わってから亡くなったことを知った
自宅を訪問するのも気が引ける、などという場合
香典を郵送するという方法があります。

 

ただし送る前に香典辞退をしていないか、必ず確認するようにしてください。

 

現金なのでもちろん、普通郵便でなく、現金書留を使ってください。
まず今までの文章を参考に、香典を受付で出す時と同じ状態にします。

 

また現金書留用封筒には文書も同封できますので、
参列できなかったことをお詫びする旨の手紙も用意すると、
丁寧でしょう。

 

香典袋とできれば同封する手紙を郵便局へ持参して、現金書留の手続きをしてください。
あまり容量を取らないように、香典袋はごてごてした装飾が多くないシンプルなものを使うことをおすすめします。

以上香奠のお話しでした。

参考記事
弔電の安くて効果的な送り方を葬儀屋さんが教えます
お葬式で使ってはいけない言葉
ご愁傷様の意味と正しい使い方
「ご冥福を祈る」の意味と正しい使い方
「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い方
葬儀の挨拶について
通夜の時間ついて 
弔辞について